プラリドキシム

出典: meddic

pralidoxime
パム静注, Protopam
プラリドキシムヨウ化メチル2-pyridine aldoxime methiodide 2-PAM PAMヨウ化プラリドキシム pralidoxime iodide
有機リン剤中毒コリンエステラーゼ阻害薬



概念

  • 有機リン化合物中毒治療
  • コリンエステラーゼを再活性化させる。


薬効薬理

パム静注500mg
  • コリンエステラーゼ(ChE)賦活作用
  • (1) マウスにパラチオン他7種類の有機リン剤を投与した実験において、各臓器のChE活性を回復させることが認められている。1)
  • (2) マウスにパラチオン他8種類の有機リン剤を投与した実験において、LD50値が上昇することが認められている。2)
  • (3) ウサギにパラチオン他8種類の有機リン剤を投与した実験において、血液中のChE活性を回復させることが認められている。2)
  • (4) ヒト血液を用いたin vitroの実験において、スミチオン他9種類の有機リン剤によって阻害されたChE活性を回復させることが認められている。3)

添付文書

  • パム静注500mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3929401A1035_3_04/3929401A1035_3_04?view=body


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/01 17:30:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

プラリドキシムの構造式(カチオン部) ... 一般的な通称はパム(PAM)もしくはオキシム 剤と呼ばれることもある。化学的には ... しかし、本剤によってはコリンエステラーゼと カルバメート剤の結合は解離できないので、PAM ではなくアトロピンを投与すべきである 。
プラリドキシムヨウ化メチル(プラリドキシムヨウかメチル、pralidoxime iodide)は、有機 リン剤中毒の特異的な解毒剤である。一般的な通称はパム(PAM)もしくはオキシム剤と 呼ばれることもある。化学的にはピリジニウム環にオキシム部位が置換した構造を .
治療は、初期の徹底的な消化管洗浄に加え、解毒剤としてヨウ化プラリドキシム(PAM) が用いられます。対症療法 ... 有機リンはAChEと反応してAChEの活性を阻害しますが 、これにPAMを反応させるとリン酸残基が取り除かれ、AChEは活性を復活します。

関連画像

プラリドキシムヨウ化メチルジアザホスホレンヒドリド リン酸類およびホスフィンの アセチルコリンエステラーゼ Pralidoxime iodide, CasNo.94-63-3 プラリドキシム|薬と化学と

添付文書

薬効分類名

  • 有機リン剤中毒解毒剤

販売名

パム静注500mg

組成

有効成分
1アンプル(20mL)中

  • プラリドキシムヨウ化物500mg

添加物
1アンプル(20mL)中

効能または効果

  • 有機リン剤の中毒
  • プラリドキシムヨウ化物として、通常成人1回1gを静脈内に徐々に注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 重症筋無力症〔正常人と異なる反応を示すことがあるので、筋肉症状に十分注意すること。〕
  • 腎機能障害のある患者〔本剤は主として腎臓で排泄されるため、慎重に投与すること。〕

薬効薬理

コリンエステラーゼ(ChE)賦活作用

  • マウスにパラチオン他7種類の有機リン剤を投与した実験において、各臓器のChE活性を回復させることが認められている。1)
  • マウスにパラチオン他8種類の有機リン剤を投与した実験において、LD50値が上昇することが認められている。2)
  • ウサギにパラチオン他8種類の有機リン剤を投与した実験において、血液中のChE活性を回復させることが認められている。2)
  • ヒト血液を用いたin vitroの実験において、スミチオン他9種類の有機リン剤によって阻害されたChE活性を回復させることが認められている。3)


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • プラリドキシムヨウ化物(プラリドキシムヨウ化メチル)
    Pralidoxime Iodide

化学名

  • 2-formyl-1-methylpyridinium iodide oxime

分子式(分子量)

  • C7H9IN2O(264.06)

性状

  • 黄色の結晶又は結晶性の粉末で、においはなく、味はわずかに苦い。
    水にやや溶けやすく、メタノールにやや溶けにくく、エーテル又はクロロホルムにほとんど溶けない。

融点

  • 約216℃(分解)


★リンクテーブル★
リンク元PAM」「2-PAM
拡張検索プラリドキシム化合物

PAM」

  [★]


2-PAM」

  [★] プラリドキシム pralidoxime, 2-pyridine aldoxime methiodide

プラリドキシム化合物」

  [★]

pralidoxime compound




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡