ブロメライン

出典: meddic

bromelain
ブロメリン bromelin
ヘモナーゼ配合エデマーゼキモタブS


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/29 21:17:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ブロメラインとオレンジオイルを用いた試作齲蝕象牙質除去剤に対する評価
  • 山田 嘉重,増田 宜子,川中 岳雄,木村 裕一,真鍋 厚史,久光 久,藤島 昭宏,宮崎 隆
  • 日本歯科保存学雑誌 54(2), 142-152, 2011-04-30
  • … 学-機械的齲蝕除去法としてブロメライン酵素とオレンジオイルを含有する新たな薬剤を試作し,その薬剤による齲蝕除去能,齲蝕除去後のレジン修復処置への影響に対して評価することである.本研究では歯頸部に慢性齲蝕を有するヒト抜去永久歯60本を使用した.実験グループ.は10%ブロメライン酵素と10%オレンジオイルを含有するBO試薬I,10%ブロメライン酵素と20%オレンジオイルを …
  • NAID 110008752229
  • 果実中のタンパク質分解酵素の有効利用
  • 種岡 瑞穂,川久保 貴博,鈴木 太土,坂本 静,堤 香菜子
  • 化学と生物 49(3), 214-215, 2011-03-01
  • … 学会大会(開催地 名古屋)会期中に開催された高校生による第4回「ジュニア農芸化学会」において"最優秀賞"を受賞した.生食が可能な果物は,人類が古くから利用してきた安全な食物である.それゆえ,ブロメラインのような果物のタンパク質分解酵素は,食品や医薬品産業で多用され,さらなる利用分野の拡大が期待されている.本研究は,メロンのような果実に存在するタンパク質分解酵素の基本的な性質の理解と …
  • NAID 10027898797
  • ブロメライン酵素とオレンジオイルを併用いた齲蝕除去剤の開発への検討

関連リンク

ブロメラインの栄養学とサプリメント通販。ブロメラインは花粉症対策で問題となる鼻や目の炎症を改善する効果が期待されています。ブロメラインはタンパク質消化酵素の分泌が不十分な体質の方が起こすアトピー性皮膚炎や ...
壊死組織除去剤ブロメライン軟膏は、アルギニンとアラニン、アラニンとグルタミンのアミノ酸結合を加水分解することにより蛋白質を分解し、創傷面の壊死組織の分解・除去・清浄化に働きます。

関連画像

ブロメライン軟膏5万単位/g  (腸溶性コーティングブロメライン軟膏5万単位/g ブロメライン 500mg: 健康 ブロメライン軟膏5万単位/g ブロメライン軟膏

添付文書

薬効分類名

  • 壊死組織除去剤

販売名

  • ブロメライン軟膏5万単位/g

組成

成分・含量(1g中)

  • ブロメライン…50,000ブロメライン単位

添加物

  • マクロゴール4000、マクロゴール400

禁忌

  • 本剤又は本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 熱傷・褥瘡・表在性各種潰瘍・挫傷・切開傷・切断傷・化膿創などの創傷面の壊死組織の分解、除去、清浄化およびそれに伴う治癒促進
  • ガーゼ、リントなどに適量の軟膏をのばし、潰瘍辺縁になるべく触れないようにして塗布。1日1回交換する。
    創傷面が清浄化し、新生肉芽組織の再生が認められた場合は使用を中止する。

慎重投与

  • 粘膜面〔蛋白分解作用に基づく刺激作用のため〕

重大な副作用

アナフィラキシーショック(頻度不明):

  • アナフィラキシーショック(不快感、血圧低下、呼吸困難、全身紅潮等)を起こすことがあるので、観察を十分に行い、症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • ウサギに実験的に作成した第3度火傷面にブロメライン軟膏5万単位/gを塗布した結果、良好な痂皮除去効果が認められた10)
  • ウサギ及びブタの実験的火傷にブロメラインの粉末をペースト状にして用いたところ、局所に損傷を与えることなく、壊死組織を除去でき、また全身的な障害も認められなかった11)

有効成分に関する理化学的知見

  • パインアップルの果汁又は葉茎の搾汁より製したもので、たん白分解力がある酵素剤である。

一般名

  • ブロメライン(Bromelain)

分子量

  • 約33,000

等電点

  • pH9.55

至適pH

  • 基質により異なるが、通常5〜7

活性化

  • SH型酵素といわれ、システイン、H2S、NaCNにより活性化され、Hg++、Ag+により不活性化される。

性状

  • 淡黄色〜淡灰褐色の粉末で、わずかに特異なにおいがある。
    水に大部分溶け、メタノール、エタノール(95)、アセトン、ジエチルエーテル又はクロロホルムにほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
リンク元酵素製剤」「ヘモナーゼ配合」「ヘモナーゼ」「bromelin」「キモタブ
関連記事ライン

酵素製剤」

  [★]

enzyme preparation


商品


ヘモナーゼ配合」

  [★] ブロメライントコフェロール酢酸エステル(トコフェロール)


ヘモナーゼ」

  [★] トコフェロールブロメライン


bromelin」

  [★] ブロメラインブロメリン

キモタブ」

  [★]

リプシン、ブロメライン


ライン」

  [★]

line
裏打ち系統




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡