ブラジキニン

出典: meddic

bradykinin BK

  • アレルギー、障害局所の腫脹、炎症反応に関与する

分類

性状

  • ポリペプチド
  • 9個のアミノ酸

産生

分解

作用

  • 血管平滑筋:弛緩→血管拡張→血圧↓
  • 内臓平滑筋:弛緩 収縮(QB2009.C-335)
  • 血漿滲出
  • 集合管:Na排泄↑
  • 発痛物質

産生の調節

  • 組織からの放出
  • 損傷組織から放出
  • 侵害刺激により組織に放出

分解の調節

アンジオテンシン転換酵素阻害薬(ACE阻害薬)によりブラジキニンの濃度が上昇する
→咳を誘発
ブラジキニン胎児動脈管閉鎖に関わっているので、母胎にACE阻害薬を投与すると胎児の動脈管が閉鎖する

分子機構

臨床関連

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/08 03:57:21」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Fetal programmingによる卵巣摘出ラットの血管機能障害に対するエストロゲン補充の効果
  • 宮川 美帆,武者 由佳,大辻 希樹 [他]
  • 順天堂医学 57(1), 43-51, 2011
  • NAID 40018738454
  • 変形性膝関節症における痛みの分子細胞学的解析
  • 加納 良男,堀江 登,平上 二九三,元田 弘敏,井上 茂樹,松田 勇,河村 顕治
  • 吉備国際大学研究紀要. 保健科学部 (20), 77-81, 2010-03-31
  • NAID 110007682506
  • 炎症メディエーター ブラジキニン他--痛み受容器への作用を中心に (関節リウマチ(第2版)--寛解を目指す治療の新時代) -- (関節リウマチの成因と病態生理)
  • 戴 毅,野口 光一
  • 日本臨床 68(-) (978), 93-96, 2010-05
  • NAID 40017089999

関連リンク

発痛物質には、ブラジキニン、セロトニン、ヒスタミン、アセチルコリンなどがありますが、その中で最強とされるのはブラジキニンです。炎症メディエーターの中で、ブラジキニンが最も強力に。ポリモーダル受容器を感作することが ...
ブラジキニン bradykinin 炎症による疼痛ともっとも関係する。 9個のアミノ酸からなるポリペプチドである。 プラズマキニンの一種である(他にカリジンなどがある) 血漿蛋白質α2グロブリン分画に含まれるキニノーゲンから作られる(kallikreinの ...
血液凝固に伴い産生されるブラジキニンは、ホスホリパーゼA 2 (PLA 2 )を活性化させ、PGE 2 が生成される。PGE 2 にも、弱い、発痛作用(知覚神経刺激作用)、血管透過性亢進作用、血管拡張作用(細動脈拡張作用)がある 2 ...

関連画像

ブラ ジ キニン は 9 ケ の モデルにおけるブラジキニン はブラジキニン ブラジキニン誘発性疼痛反応ブラ ジ キニン ブラ ジ キニン


★リンクテーブル★
国試過去問104G045
リンク元アンジオテンシン変換酵素阻害薬」「遺伝性血管神経性浮腫」「一酸化窒素」「発痛物質」「ブラディキニン
拡張検索ブラジキニンB2受容体」「ブラジキニンB1受容体」「ブラジキニンB1レセプター」「ブラジキニンB2レセプター
関連記事ブラ」「キニン

104G045」

  [★]

  • 46歳の男性。脱力感を主訴に来院した、3か月前、胃癌のため胃全摘術を受けた。1か月前から食後2、3時間すると脱力感が出現し、動悸冷汗および手指振戦を認めるようになった。意識は清明。身長 172cm、体重 62kg。脈拍 72/分、整。血圧 134/86mmHg。眼瞼結膜貧血を認めない。心音呼吸音とに異常を認めない。腹部は正中部に手術創瘢痕を認め、平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
  • この病態に関係しているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104G044]←[国試_104]→[104G046

アンジオテンシン変換酵素阻害薬」

  [★]

angiotensin-converting enzyme inhibitor angiotensin converting enzyme inhibitor , ACE inhibitor, ACEI
アンジオテンシン変換酵素阻害剤 アンギオテンシン変換酵素阻害薬 アンギオテンシン変換酵素阻害剤 アンジオテンシン転換酵素阻害薬ACE阻害薬 ACE阻害剤 ACE inhibitor、アンギオテンシン変換酵素拮抗薬, アンギオテンシン変換酵素拮抗薬, angiotensin-converting enzyme antagonist
アンジオテンシン, アンジオテンシン転換酵素 ACE, 1型アンジオテンシンII受容体拮抗薬 アンジオテンシンII受容体拮抗薬 ARB


アンジオテンシン変換酵素阻害薬

薬剤名 成分名 高血圧 腎性高血圧 腎血管性高血圧 悪性高血圧 慢性心不全 1型糖尿病に伴う糖尿病性腎症
レニベース エナラプリル  
ロンゲス リシノプリル        
タナトリル イミダプリル      
エースコール テモカプリル      
コバシル ペリンドプリル           

副作用

  • 咳嗽:ACEブラジキニンを分解するキニナーゼIIと同一の酵素である。ACE阻害薬はこの酵素を阻害するが、ブラジキニンは血管拡張、血漿滲出、発痛作用に関わっている。このため咳を誘発することがある。
  • 高カリウム血症:間接的に血漿中のレニン濃度が低下するためにナトリウム取り込みとカリウム排泄が低下して高カリウム血症を来す
  • 低血圧
  • 腎不全

禁忌

  • 妊婦
  • ブラジキニンは胎児の動脈管閉鎖に関わっている。このた、母胎にACE阻害剤を加え、ブラジキニンが増えると胎児の動脈管が閉鎖してしまう。(血管浮腫?)
  • 両側性腎動脈狭窄のある患者
  • 腎血流量の減少や糸球体ろ過圧の低下により急速に腎機能を悪化させるおそれ。アンジオテンシンIIによる輸出細動脈の収縮作用がblockされ、両腎共に腎血流が減少しているためにGFRの低下を代償できず腎機能の悪化をきたす。

参考

[display]http://www.naoru.com/ace.htm
[display]http://kanri.nkdesk.com/drags/arb.php



遺伝性血管神経性浮腫」

  [★]

hereditary angioneurotic edema HANE
遺伝性血管神経浮腫
遺伝性血管浮腫 hereditary angioedema HAE
補体
[show details]


概念

病因

疫学

遺伝形式

病態生理

症状

検査

uptodate.1
  • 補体価の低下(診断アルゴリズム上ではC4を定量)
  • 高ガンマグロブリン血症が見られることがあるが、普通は補体以外に異常がない。
  • SLEに罹患する頻度が(健常者に比べ)高い。(there is an increased frequency of systemic lupus erythematosus)

診断

診断アルゴリズム

uptodate.2
international consensus conference in 2010 to help evaluate patients with suspected HAE
  • 1. 遺伝性血管神経浮腫の疑診例
  • 蕁麻疹ではない血管浮腫の反復
  • 腹痛や嘔吐の反復
  • 喉頭浮腫
  • 血管浮腫の家族歴
  • 2. 血清中のC4、C1-INH、できればC1-INH機能量(C1-INH functional level)定量

(略)

治療

予防

  • epsilon-aminocaproateの投与
  • an inhibitor of plasmin activation of C1, reduces the frequency of the episode.(Q book p.206)

参考

uptodate

  • 1. [charged] 遺伝性血管浮腫の臨床症状および病因 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 遺伝性血管浮腫の診断 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 遺伝性血管浮腫の急性発作の治療 - uptodate [3]
  • 4. [charged] 遺伝性血管浮腫の発作の予防 - uptodate [4]



一酸化窒素」

  [★]

nitric oxide NO, nitrogen monooxide
アイノフロー
その他の循環器官用薬



平滑筋弛緩作用

→NOの分泌が失われると下部食道括約筋が緊張しアカラジアを生じる

炎症との関連(BPT.50)

iNOSにより産生される
  • 1. vasodilation:血管平滑筋の弛緩
  • 2. 血小板活性化の全ての段階の拮抗作用(adhesion, aggregation, and degranulation
  • 3. 炎症部位への白血球のリクルートメントの減少
  • 4. 活性化マクロファージの中でのバクテリア障害物質としての作用

メモ


発痛物質」

  [★]

algogenic substance, algesic substance, pain-producing substance, PPS


発痛物質

内因性発痛物質


ブラディキニン」

  [★]

bradykinin
ブラジキニン


ブラジキニンB2受容体」

  [★]

bradykinin B2 receptor
ブラジキニンB2レセプター


ブラジキニンB1受容体」

  [★]

bradykinin B1 receptor
ブラジキニンB1レセプター

ブラジキニンB1レセプター」

  [★]

bradykinin B1 receptor
ブラジキニンB1受容体


ブラジキニンB2レセプター」

  [★]

bradykinin B2 receptor
ブラジキニンB2受容体


ブラ」

  [★]

bulla, pulmonary bulla
気腫性嚢胞 emphysematous bulla
ブレブ
  • 図:SPU.135
  • ブラ bulla 気腫性嚢胞 肺胞が破壊されてできた肺実質内の気腔
  • 肺胞壁の破壊、融合、拡張により生じた気腫 ただし胸膜の弾性板の内側に留まっている


キニン」

  [★]

kinin
キニン-カリクレイン系カリクレイン


  • produced by proteolytic cleavage of precursors;mediate vascular reaction, pain (BTH.53)




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡