フリードライヒ

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 神経変性疾患(5)フリードライヒ病
  • 矢部 一郎,佐々木 秀直
  • 総合リハビリテ-ション 31(5), 445-450, 2003-05
  • NAID 40005739274
  • 本邦に於るフリードライヒ失調症類似疾患である低アルブミン血症をともなう早発型脊髄小脳失調症の分子遺伝学的解析

関連リンク

フリードライヒ運動失調症は、徐々に神経系を冒す遺伝性疾患で、筋肉の衰弱や言語障害や心臓疾患を引き起こします。最初の症状は、通常、歩行失調です。運動失調症患者の多くは、やがて車椅子の生活を強いられます。
フリードライヒ失調症 小脳がおかしくなって、体の運送機能が協調しなくなる病気で、50000人に1人の確率で発病する難病 「病気の遺伝子フラタキシンは捕らえられたが、今度はそれが何をしているか皆目見当がつかない。

関連画像

踵打歩行 …足元を見ながら  失調症 Foreign Language Flashcards


★リンクテーブル★
拡張検索フリードライヒ運動失調症」「フリードライヒ徴候」「フリードライヒ病」「フリードライヒ失調症
関連記事フリー」「リード

フリードライヒ運動失調症」

  [★]

Friedreich's ataxia Friedreich ataxia FA
フリードライヒ失調症, Friedreich運動失調症, Friedreich失調症,Friedreich病, フリードライヒ病 Friedreich disease遺伝性脊髄性運動失調症 hereditary spinal ataxia
脊髄小脳変性症

概念

病因

  • FRDA(9q13)のfrataxin遺伝子におけるGAAリピートの増加あるいは点変異。

疫学

  • 7-15歳発病が多い

遺伝形式

病理

  • 脊髄と小脳を中心とした変性
  • (1)脊髄後角、(2)脊髄小脳路、(3)錐体路の変性、(4)後根神経節、後根、末梢神経
  • 後索、皮質脊髄路、脊髄小脳路に変性 (BET.335)

症状

下肢優位の後索症状、後根障害による反射消失
Babinski徴候、構音障害、知能障害、拡張型心筋症、足変形、脊柱側彎が高率に見られる。(BET.244)
  • 初発症状:深部覚障害による失調性歩行。四肢末梢の筋萎縮、深部知覚障害(振動覚減弱)
  • 慢性・進行性・左右対称性
  • 運動失調は下肢から上肢に進展。運動失調は脊髄性に小脳性が加わってくる。
  • 下肢の運動失調 → 足の変形 → 上肢の運動失調 → 失調性構音障害、眼振(YN.J-127)
  • 2. 末梢神経障害: 後根の障害による。反射弓が障害されるので反射が消失する ex. 膝蓋腱反射の消失
  • 3. 錐体路の障害: 原始反射出現。腱反射亢進
  • 4. そのほか、心筋障害、糖尿病、知能低下、眼振、視神経萎縮、骨格の変形

検査

診断

治療

予後

  • 緩徐に進行し20-25歳で運動不能(YN.J-127)

予防

参考

  • 1.
[display]http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/s7/s7431.htm



フリードライヒ徴候」

  [★]

Friedreich's sign
Friedreich徴候
収縮性心膜炎慢性収縮性心膜炎頚静脈圧
  • 頚動脈の拡張早期虚脱

参考

  • 1.
[display]http://www.gpnotebook.co.uk/simplepage.cfm?ID=-798293986
[display]//


フリードライヒ病」

  [★] フリードライヒ運動失調症


フリードライヒ失調症」

  [★] フリードライヒ運動失調症

フリー」

  [★]

free
自由取り除く無料遊離遊離型含まない


リード」

  [★]

leadlead
通じる導く導出主導




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡