フチン酸

出典: meddic

phytic acid, phytate(salt)
99mTcフチン酸

参考

  • wiki en
  • [display]http://en.wikipedia.org/wiki/Phytic_acid

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 13. ^<99m>Tc-フチン酸を用いた消化管運動機能評価法(scintigraphic colonic transit study;SCTS)から見た小児慢性便秘の特徴について(一般演題,第38回日本小児消化管機能研究会)
  • 矢野 常広,植村 貞繁,中岡 達雄,中川 賀清,谷本 光隆
  • 日本小児外科学会雑誌 45(4), 809, 2009-06-20
  • NAID 110007383332
  • 上腕部に interval node 転移を認めた右母指悪性黒色腫の1例
  • 吉田 寿斗志,福地 修,松尾 光馬,中川 秀己
  • Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌 24(1), 85-90, 2009-05-20
  • … 99mTcフチン酸によるリンパシンチグラフィーで,同部位に集積を認めたため切除し,リンパ節転移と確認し,interval nodeへの転移と診断した。 …
  • NAID 10025619143

関連リンク

テクネ®フチン酸キット 腎イメージング剤 テクネ®MAG3注射液 テクネ®MAG3キット テクネ®DTPAキット テクネ®DMSAキット 生体検査用剤 放射性ヨウ化人血清アルブミン 注射液 放射性クロム酸ナトリウム 注射液 治療用の放射性 ...
フィチン酸の成分情報です。フィチン酸とは?フィチン酸の働きや効果・効能などフィチン酸に関する情報を詳しくご紹介します。わかさの秘密はわかさ生活が提供する成分情報サイトです。
肝シンチグラム 99mTc-フチン酸 フチン酸テクネチウム注射液調整用キット 肝臓脾臓シンチグラムによる肝脾臓疾患の診断 肝のイメージングへの試みは、1954年にStirrettらが198Au-金コロイドをもちいたのが最初です。その後、1964年 ...

関連画像

図1Liver99mTc-Phtate肝臓脾臓シンチグラムによる肝 図右の図では、太い矢印の先の 後面

添付文書

薬効分類名

  • 放射性医薬品

販売名

テクネフチン酸キット

組成

  • 1バイアル中フィチン酸ナトリウム 2.9mg

添加物

  • 塩化スズ(II)二水和物 0.5mg、塩酸 適量、水酸化ナトリウム 適量

効能または効果

  • 肝脾シンチグラムによる肝脾疾患の診断

次の疾患におけるセンチネルリンパ節の同定及びリンパシンチグラフィ

  • 乳癌、悪性黒色腫
  • フィチン酸テクネチウム(99mTc)注射液を用いたセンチネルリンパ節生検は、本検査法に十分な知識と経験を有する医師のもとで、実施が適切と判断される症例において実施すること。なお、症例の選択にあたっては、最新の関連ガイドライン等を参照し、適応となる腫瘍径や部位等について十分な検討を行うこと。

フィチン酸テクネチウム(99mTc)注射液の調製

  • 本品に放薬基「過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液」2〜8mLを加え、よく振り混ぜてフィチン酸テクネチウム(99mTc)注射液を得る。

肝脾シンチグラムによる肝脾疾患の診断

  • 得られたフィチン酸テクネチウム(99mTc)注射液の18.5〜111MBqを静注し、20〜30分後に適当な位置に患者を固定し、シンチスキャナーあるいはシンチカメラでシンチグラムをとる。
    なお、年齢・体重により適宜増減する。

センチネルリンパ節の同定及びリンパシンチグラフィ

  • 通常、成人には得られたフィチン酸テクネチウム(99mTc)注射液の18.5〜111MBqを、腫瘍近傍(皮下又は皮内)に適宜分割して投与し、2時間以降にガンマ線検出用のプローブで被検部を走査することにより、センチネルリンパ節を同定する。また、必要に応じガンマカメラで被検部を撮像することによりリンパシンチグラムをとる。なお、投与から検査実施までの時間等により適宜増減する。
  • センチネルリンパ節の同定においては、可能な限りフィチン酸テクネチウム(99mTc)注射液と色素法を併用することが望ましい。色素法との併用を行う際には、併用する薬剤の添付文書を参照した上で使用すること。

有効成分に関する理化学的知見

99mTcの核物理学的特性

物理的半減期

  • 6.015時間

主なγ線エネルギー

  • 141keV(89.1%)

減衰表


★リンクテーブル★
先読みphytic acid」「phytate
拡張検索テクネチウム99m-フチン酸」「テクネフチン酸
関連記事

phytic acid」

  [★]

フィチン酸

inositol hexakisphosphateinositol hexaphosphatephytate
inositol hexaphosphate


phytate」

  [★]

inositol hexakisphosphateinositol hexaphosphatephytic acid


テクネチウム99m-フチン酸」

  [★]

technetium-99m-phytate
99mTcフチン酸
コロイド肝シンチグラフィフチン酸
  • 肝臓に集積するリン酸化合物


テクネフチン酸」

  [★] フィチン酸ナトリウム

放射性医薬品


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3