フシジン酸ナトリウム

出典: meddic

フシジン酸

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 抗生物質軟膏効果判定における二重盲検法の検討 新しい抗生物質フシジン酸ナトリウムを用いての経験
  • 小堀 辰治 [他]
  • 皮膚科の臨床 13(5), 343-351, 1971-05
  • NAID 40018449872

関連リンク

フシジン酸ナトリウム 製品例 : フシジンレオ軟膏2% ・・その他(ジェネリック) & 薬価 区分 : 化膿性疾患用剤/外用抗生物質/抗生物質製剤 PR 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」 概説 作用 注意 効能 用法 副作用 概説 細菌を ...
今回は抗菌薬の軟膏である『フシジンレオ軟膏』です。ちょっと変わったこの薬について解説していきましょう。フシジンレオ軟膏とは? まずは名前の由来からいきましょう。一般名はフシジン酸ナトリウムです。
フシジン酸ナトリウム製剤で始まる薬の検索結果。フシジンレオ - goo薬検索では、約7000の薬剤の成分や効能(効果)、正しい服用法・使用法、副作用などが調べられます。

関連画像

フシジン酸ナトリウムを用いて フシジン酸ナトリウムを用いて フシジン酸ナトリウムを用いて フシジン酸ナトリウムを用いて

添付文書

薬効分類名

  • 抗生物質製剤

販売名

フシジンレオ軟膏2%

組成

  • 1g中に次の成分を含有

有効成分

  • フシジン酸ナトリウム (日局) 20mg (力価)

添加物

  • セタノール、精製ラノリン、白色ワセリン、流動パラフィン

禁忌

  • 次の患者には使用しないこと
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

適応菌種

  • 本剤に感性のブドウ球菌属

適応症

  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染
  • 患部を清潔にした後1日数回適量を直接患部に塗布するか又は無菌ガーゼに延ばして貼付する。
  • 本剤の使用にあたっては、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の使用にとどめること。[耐性菌の発現等を防ぐ。]

薬効薬理

抗菌作用2, 5)

  • フシジン酸ナトリウムはブドウ球菌属にすぐれた抗菌力を有し、特に黄色ブドウ球菌に対して強い抗菌力を示す。

また他の抗生物質に耐性を獲得した黄色ブドウ球菌にも感受性菌と同様の抗菌力を示す。

  • フシジン酸ナトリウムはその化学構造中にステロイド骨格を有する特異な抗生物質で、アンピシリン、エリスロマイシン、テトラサイクリン、クロラムフェニコールなど他の抗生物質との交叉耐性をほとんど認めない。

作用機序5, 6)

  • フシジン酸ナトリウムは主に蛋白合成阻害作用によって抗菌力を発揮する。

すなわち、リボソーム上におけるアミノ酸の蛋白質への転換に抑制的に作用する。なお、その細菌増殖阻止の作用型式は主に静菌的であるとされている。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • フシジン酸ナトリウム (Sodium Fusidate)

化学名

  • Monosodium(17Z )-ent -16α-acetoxy-3β, 11β-dihydroxy-4β, 8β, 14α-trimethyl-18-nor-5β, 10α-cholesta-17 (20), 24-dien-21-oate

略号

  • FA

分子式

  • C31H47NaO6

分子量

  • 538.69

性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末である。

水、メタノール又はエタノール (99.5) に溶けやすい。 ■


★リンクテーブル★
リンク元sodium fusidate」「fusidate sodium
関連記事ナトリウム」「トリウム」「フシジン酸」「」「トリ

sodium fusidate」

  [★]

フシジン酸ナトリウム

fusidic acid


fusidate sodium」

  [★] フシジン酸フシジン酸ナトリウム


ナトリウム」

  [★]

sodium, natrium, Na
Na+



血液(血清)中のナトリウム (臨床検査法提要第32版)

  • 136-145 mEq/l

尿中のナトリウム

  • <20 mEq/l (正常と判断できる範囲)
  • >40 mEq/l (腎性腎不全を示唆)

Na排泄率

  • ≦1% (臨床検査法提要第32版)

尿Na,Kと血清Naによる血清Naの予測

経口摂取と輸液による自由水の摂取がなければ
尿([Na+]+[K+]) < 血清[Na+] → 血清[Na+]上昇
尿([Na+]+[K+]) = 血清[Na+] → 血清[Na+]普遍
尿([Na+]+[K+]) > 血清[Na+] → 血清[Na+]低下

食品中の食塩量

  • ほとんどの製品ラベルに記載されている、ナトリウム[g]はそのまま食塩量[g]と考えることができないので、指導する債には注意を促す。
  • 分子量から考えるとNa(23), Cl(35.5)なので、ナトリウムx[g]は食塩 x /23 * (23 + 35.5)、つまり2.54 * x [g]となる。
例えば、小生が常食している某社のインスタントラーメンにはナトリウム2[g]との記載があるが、これは5.08gの食塩が含まれているということになる。もちろんスープは全部飲む。1日3袋食べたことがあるのだが、、、

臨床関連


トリウム」

  [★]

thoriumTh
トロトラスト、232Th

概念

参考1
  • 原子番号:90
  • 元素記号:Th
  • アクチノイド元素の一つ
  • 銀白色の金属。
  • 安定同位体は存在しない。
  • 北欧神話の軍神または雷神トールにちなんで名づけられた。

同位体

参考1
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
228Th trace 1.9116 y α 5.52 224Ra
229Th syn 7340 y α 5.168 225Ra
230Th trace 75380 y α 4.77 226Ra
231Th trace 25.5 h β 0.39 231Pa
232Th 100 % 1.405 × 1010 y α 4.083 228Ra
234Th trace 24.1 d β 0.27 234Pa

参考

  • 1. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0


フシジン酸」

  [★]

fusidic acid FAfusidate
acidum fusidicum
フシジン酸ナトリウム fusidate sodium
フシジンレオ



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡