フィブリンポリマー

出典: meddic

fibrin polymer
フィブリン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 架橋化フィブリンポリマーおよびそのプラスミン分解産物 (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・2)その数値をどう読むか) -- (血液凝固・線溶系検査)

関連リンク

フィブリン・モノマーはさらにカルシウムの作用によって互いに重合して難溶性の フィブリン・ポリマーに、さらに第XIII因子(フィブリン安定化因子)の作用でフィブリン・ ポリマー間の架橋結合がなされることで安定化フィブリンと呼ばれるメッシュ状の繊維 となり血液 ...

関連画像

 よう に フィブリン ポリマー第ⅩⅢ因子(フィブリン安定化  フィブリンモノマーに変換し重合 して フィブリン ポリマー これがフィブリンポリマーと ハダカデバネズミ →巨大


★リンクテーブル★
リンク元フィブリンモノマー」「fibrin polymer
関連記事リン」「フィブリン」「ポリマー

フィブリンモノマー」

  [★]

fibrin monomer
可溶性フィブリンモノマーフィブリン


fibrin polymer」

  [★] フィブリンポリマー

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





フィブリン」

  [★]

fibrin, Fbn
線維素
フィブリノゲン血液凝固因子


  • トロンビンの作用によりフィブリノゲンより生成したフィブリンモノマーは、重合してフィブリンポリマーとなる (SP.507)
  • フィブリンポリマーは第XIIIa因子(第XIII因子の活性型)の作用により架橋結合を生じて安定なフィブリンを生じる (SP.507)


ポリマー」

  [★]

polymer
重合体
モノマー





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡