ファルネシル二リン酸合成酵素

出典: meddic

farnesyl diphosphate synthasefarnesyl-PP synthaseFPPS
ファルネシル二リン酸シンターゼファルネシルジホスフェートシンターゼゲラニルトランストランスフェラーゼ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 1P-066 Geobacillus stearothermophilus(GST)由来点変異型ファルネシル二リン酸合成酵素の 不斉認識機構解明(酵素学,酵素工学,一般講演)
  • 最新用語解説 基礎(第45回)ファルネシル二リン酸合成酵素
  • 1P-055 シミュレーションを用いたファルネシル二リン酸合成酵素の不斉認識機構解析(酵素学,酵素工学,一般講演)

関連リンク

より短いプレニル二リン酸を合成することができる変異型プレニル二リン酸合成酵素の提供。 - ファルネシル二リン酸合成酵素 - 特開平10−33184 - 特許情報
熱耐性ファルネシル二リン酸合成酵素のフォトアフィニティーラベリングの研究 Photoaffinity Labeling Reagents for Thermostable ... 研究期間 1996年度~1997年度 研究分野 生物有機科学 審査区分 一般 研究種目 基盤研究(C)→基盤研究(C)

関連画像

Squalene formation.svg図4】二リン酸とジメチルアリル二 Farnesyl diphosphate formation.svgFigure JPOXMLDOC01-appb-T000064Geranyl diphosphate formation.svg


★リンクテーブル★
リンク元farnesyl diphosphate synthase」「ファルネシル二リン酸シンターゼ」「ファルネシルジホスフェートシンターゼ」「FPPS」「farnesyl-PP synthase
関連記事酵素」「リン」「合成」「合成酵素

farnesyl diphosphate synthase」

  [★]

ファルネシル二リン酸合成酵素ファルネシル二リン酸シンターゼファルネシルジホスフェートシンターゼ

farnesyl-PP synthaseFPPSgeranyltranstransferase


ファルネシル二リン酸シンターゼ」

  [★]

farnesyl diphosphate synthase
ファルネシル二リン酸合成酵素ファルネシルジホスフェートシンターゼ

ファルネシルジホスフェートシンターゼ」

  [★]

farnesyl diphosphate synthase
ファルネシル二リン酸合成酵素ファルネシル二リン酸シンターゼ


FPPS」

  [★]

  • ファルネシル二リン酸合成酵素
farnesyl diphosphate synthasefarnesyl-PP synthase


farnesyl-PP synthase」

  [★]

  • ファルネシル二リン酸合成酵素
farnesyl diphosphate synthaseFPPS


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






合成」

  [★]

synthesissynthesesconstructionelaborationsynthesizesynthetic
建設構成合成的作成生成同化同化作用総合的



合成酵素」

  [★]

synthasesynthetase
シンターゼリガーゼ連結酵素付加酵素シンテターゼシンセターゼ酵素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡