ピラジナミド

出典: meddic

pyrazinamide PZA
pyrazinamidum
ピラジンカルボキサミド pyrazinecarboxamide
ピラマイド?, Pyramide
抗結核薬結核

  • 副作用:(多い)肝障害、高尿酸血症、関節痛
  • 厚労省が告示した治療法(結核#2009年に厚生労働省告示)ではA法で使用されている。おそらく副作用などでピラジナミドが使用できない場合にはB法を用いると思われる。

参考

  • 1. [charged] ピラジンアミド:概要 - uptodate [1]


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/08 07:16:43」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ピラジナミドを含む標準治療後の再発率
  • 結核療法研究協議会内科会
  • 結核 84(9), 617-625, 2009-09
  • NAID 40016823114
  • 肺結核短期強化療法に用いる Pyrazinamide の副作用である高尿酸血症の疫学調査
  • 滝 久司,小川 賢二,村上 達也,二改 俊章
  • 結核 83(7), 497-501, 2008-07-15
  • NAID 10025688766

関連リンク

ピラジナミド(英: pyrazinamide)とは結核の治療に使用される薬物の一つ。ピラジナミド は主に静菌的に作用するが、活発に分裂する結核菌に対しては殺菌的に作用する。 治療初期に有効であり、リファンピシン、イソニアジドとの併用により再発率が低下すると ...
ピラマイドとは?ピラジナミドの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:病気別版)

関連画像

疾病の成り立ちと回復の促進 イソニアジド / ピラジナミド /リファンピシン/ピラジナミド 左上 の 白い 袋 ピラジナミド  ピラジナミド / リファンピシン

添付文書

薬効分類名

  • 結核化学療法剤

販売名

ピラマイド原末

組成

  • 日本薬局方ピラジナミド

効能または効果

適応菌種

  • 本剤に感性の結核菌

適応症

  • 肺結核及びその他の結核症
  • 通常、成人は、ピラジナミドとして、1日量1.5?2.0gを1?3回に分けて経口投与する。

年齢、症状により適宜増減する。
なお、他の抗結核薬と併用すること。

  • 本剤の使用にあたっては、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。[耐性菌の発現等を防ぐ。]

慎重投与

  • 本人又は両親、兄弟に痛風発作 (関節痛) の既往歴のある患者及び尿酸値の上昇している患者[副作用として尿酸値上昇、痛風発作があらわれることがある。]
  • 腎障害のある患者又は腎障害の疑いのある患者[腎排泄型の薬剤であり、腎障害の患者には用量調節が必要である。]
  • 高齢者 (「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

重篤な肝障害

頻度不明

  • 劇症肝炎等の重篤な肝障害、黄疸があらわれることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

間質性腎炎

頻度不明

  • 間質性腎炎があらわれるとの報告がある。

薬効薬理

抗菌作用4, 5)

  • ピラジナミドは試験管内での抗結核菌作用は比較的弱く、人型結核菌H37Rvに対する最小発育阻止濃度 (MIC) は200μg/mLである。

ピラジナミドと他の結核化学療法剤との協力作用は、イソニアジドとの併用において最も大きい。
かつ単独投与にくらべ、イソニアジドに対する菌の耐性獲得をおくらせる効果がある。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ピラジナミド (Pyrazinamide)

化学名

  • Pyrazine-2-carboxamide

分子式

  • C5H5N3O

分子量

  • 123.11

性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末である。

水又はメタノールにやや溶けにくく、エタノール (99.5) 又は無水酢酸に溶けにくい。

融点

  • 188?193℃

分配係数

  • 分配係数の表を参照


★リンクテーブル★
国試過去問095A099
リンク元高尿酸血症」「抗結核薬」「PZA」「pyrazinamide

095A099」

  [★]

  • 抗結核薬と副作用の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095A098]←[国試_095]→[095A100

高尿酸血症」

  [★]

hyperuricemia
尿酸過剰血症
尿酸 uric acid血清尿酸痛風

概念

  • 尿酸の血漿中溶解度を考慮し、男女を問わず血清尿酸値7.0mg/dlを超える状態(医学事典)

病因

  • 産生過剰
  • 原発性
  • 続発性
  • von Gierke病
  • 多血症、慢性骨髄性白血病 ← 乳酸過多による尿酸クリアランスの低下???、核酸分解産物の増加
  • 排泄低下
  • 続発性:利尿薬(サイアザイド系利尿薬、ループ利尿薬(フロセミド))

HIM.2445

  • 尿酸過剰産生
  • 尿酸排泄低下

ガイドライン

  • 高尿酸血症・痛風ガイドラインダイジェスト版
[display]http://www.tukaku.jp/tufu-GL2.pdf

治療

治療開始基準

  • 腫瘍崩壊症候群の予防
  • 無症候性持続性高尿酸血症(9mg/dl) ← これをトリガーにして治療するのは、ないわー、と言われている。
  • 痛風結節
  • 発作頻度(2回/年以上)
  • CKDステージ2以上
  • 尿酸結石

生活食事療法

回避すべき食習慣

  • 肉(レバー、ホルモン、砂肝など)、魚類(エビ、カツオなど)、菓子パンの過剰摂取
  • ビール、紹興酒など酒類: (禁酒週に2回。1日ビール500ml以下、日本酒1合以下、ウイスキー60ml以下
  • 果糖/ジュースの採りすぎ
  • カロリーの過剰摂取

尿酸を下げる食事

参考

  • 1.
[display]http://www.nmt.ne.jp/~nagioo/gout.htm



抗結核薬」

  [★]

antituberculous, antitubercular agent antituberculous agent antitubercular drug antituberculous drug antituberculosis drugs, antituberculotic
抗結核剤
結核
  • first aid step1 2006 p.172

抗結核薬一覧

  • 覚え方:INH-SM-PZA-INH-RFP-EB → INH-SPIRE(inspire)
  • イソニアジドだけは予防薬として用いられる(first aid step1 2006 p.172)
  • 2nd line drugとしてcycloserineがある。

作用点

  • エタンブトール:アラビノース転位酵素を阻害してarabinogalactanの合成を阻害。静菌的に作用。
  • ピラジナミド :ミコール酸合成を阻害(FAS1)
  • イソニアジド :ミコール酸合成を阻害(FAS2)。殺菌的に作用。

抗結核薬の副作用



PZA」

  [★] ピラジナミド pyrazinamide

pyrazinamide


pyrazinamide」

  [★] ピラジナミド PZA

PZA





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡