ピック

出典: meddic

Pick


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/05/23 02:29:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 日展協 特別座談会 危うし!展示会都市 東京 : 東京ビッグサイトを20カ月間 東京五輪・パラリンピックの国際放送センター(IBC) メインプレスセンター(MPC)として使用予定
  • ASCO 2014のトピックス (これからの乳癌診療2015-2016)
  • 研究データへのDOI登録実験

関連リンク

楽器 の優れたセレクションからオンラインショッピング。 ... Jim Dunlop Tortex Triangle Pick 12枚セット トーテックス トライアングル ピック & Musent Custom Players Pick 特典付き | 431B1.14-PUR-12P...
商品一覧のデフォルトディスクリプション ... Jim Dunlop / Grateful Dead Dead Bear GDPT02M Tortex Tear Drop Pick Medium 缶ケース入りピック6枚セット… 販売価格:972円(税込) 商品コード:80-641051900

関連画像

 、ミディアムピック 型のギターピックです 、ミディアムピック削れにくいピック。Click window close 】紙万国旗 ピック 弁当ピック

添付文書

薬効分類名

  • アトピー性皮膚炎治療剤

販売名

プロトピック軟膏0.1%

組成

成分・含量(1g中)

  • 日局タクロリムス水和物 1.02mg(タクロリムスとして1mg)

添加物

  • 炭酸プロピレン、サラシミツロウ、流動パラフィン、パラフィン、白色ワセリン

禁忌

(次の場合には使用しないこと)

  • 潰瘍、明らかに局面を形成している糜爛への使用(「警告」の項参照)
  • 高度の腎障害、高度の高カリウム血症のある患者〔腎障害、高カリウム血症が増悪する可能性がある。〕
  • 魚鱗癬様紅皮症を呈する疾患(Netherton症候群等)の患者〔経皮吸収が高く、本剤の血中濃度が高くなり、腎障害等の副作用が発現する可能性がある。〕
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への使用」の項参照)
  • 小児等(「小児等への使用」の項参照)
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • PUVA療法等の紫外線療法を実施中の患者 (「その他の注意」の項の1参照)

効能または効果

  • アトピー性皮膚炎
  • ステロイド外用剤等の既存療法では効果が不十分又は副作用によりこれらの投与ができないなど、本剤による治療がより適切と考えられる場合に使用する。
  • 通常、成人には1日1〜2回、適量を患部に塗布する。なお、1回あたりの塗布量は5gまでとする。
  • 皮疹の増悪期には角質層のバリア機能が低下し、血中濃度が高くなる可能性があるので、本剤の使用にもかかわらず2週間以内に皮疹の改善が認められない場合には使用を中止すること。また、皮疹の悪化をみる場合にも使用を中止すること。
  • 症状改善により本剤塗布の必要がなくなった場合は、速やかに塗布を中止し、漫然と長期にわたって使用しないこと。
  • 密封法及び重層法での臨床使用経験はないので、密封法及び重層法は行わないこと。
  • 1日2回塗布する場合はおよそ12時間間隔で塗布すること。

慎重投与

(次の患者には慎重に使用すること)

  • 腎障害、高カリウム血症のある患者〔腎障害、高カリウム血症が増悪する可能性がある。〕
  • 高度の肝障害のある患者〔薬物代謝能が低下し、本剤の血中濃度が上昇する可能性がある。〕
  • 全身に皮疹を認める紅皮症のある患者〔経皮吸収が高く、広範囲の使用により、本剤の血中濃度が上昇する可能性がある。〕

薬効薬理

  • 実験的アレルギー性皮膚炎抑制作用
  • ヒトのアトピー性皮膚炎に類似した病態を形成するラット皮膚炎及びNCマウス自然発症皮膚炎における皮膚局所炎症反応、真皮での炎症性細胞の増加を抑制する5)6)
  • IV型アレルギー反応(遅延型アレルギー反応)を強く抑制する7)8)
  • I型アレルギー反応の即時型反応には無効であるが、遅発型反応に対しては軽度の抑制効果を有する7)9)
  • 作用機序

サイトカイン産生抑制作用10)

  • ヒト・ヘルパーT細胞によるIL-2、IL-3、IL-4、IL-5、インターフェロンγ、GM-CSF等のサイトカインの産生をステロイドと同等もしくはより強く抑制する(in vitro)。

肥満細胞脱顆粒抑制作用11)12)

  • 抗IgE抗体刺激によるヒト肥満細胞からのヒスタミン遊離をステロイドより強く抑制する(in vitro)。

好酸球脱顆粒抑制作用13)

  • カルシウムイオノフォア刺激によるヒト好酸球からの塩基性蛋白(ECP)の遊離をステロイドより強く抑制する(in vitro)。

抗原提示能抑制作用14)

  • ヒト皮膚ランゲルハンス細胞をタクロリムスで前処理することにより、ランゲルハンス細胞を抗原提示細胞とする混合リンパ球反応を抑制する(in vitro)。

有効成分に関する理化学的知見

分子式

  • C44H69 NO12・H2O

分子量

  • 822.03

融点

  • 130〜133℃

分配係数

  • 1000以上(1-オクタノール/水系)

性状

  • タクロリムス水和物は白色の結晶又は結晶性の粉末である。メタノール又はエタノール(99.5)に極めて溶けやすく、N,N -ジメチルホルムアミド又はエタノール(95)に溶けやすく、水にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
拡張検索ヘテロトロピック」「エナンチオトピック」「ピックレル手術」「ニーマン-ピック病

ヘテロトロピック」

  [★]

heterotropicheterotropically
異所異所性


エナンチオトピック」

  [★]

enantiotopic
互変性鏡像関係


ピックレル手術」

  [★]

Pickrell's operation
肛門形成術


ニーマン-ピック病」

  [★] ニーマン・ピック病




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡