ヒト閉経期ゴナドトロピン律動的投与法

出典: meddic

human menopausal gonadotropin pulsatile administration, hMG pulsatile administration


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ゴナドトロピン療法は、FSH 作用の. 強いヒト閉経後尿性ゴナドトロピン. (human Menopausal Gonado- ... 研究方法. *FSH-GnRH 律動投与法. FSH-GnRH 律動 投与法(FSH-GnRH 療. 法)は、治療初期は FSH を投与して卵. 胞発育を促し、途中で GnRH ...

関連画像

効能効果は、複数卵細胞発育の


★リンクテーブル★
リンク元hMG pulsatile administration」「human menopausal gonadotropin pulsatile administration
関連記事閉経」「投与」「律動的」「」「律動

hMG pulsatile administration」

  [★] ヒト閉経期ゴナドトロピン律動的投与法


human menopausal gonadotropin pulsatile administration」

  [★] ヒト閉経期ゴナドトロピン律動的投与法

閉経」

  [★]

menopause
メノポーズ
更年期更年期障害月経閉経期

概念

  • 更年期に至り卵巣の活動性が徐々に低下、やがて消失し、永久に月経が停止すること (医学事典)
  • 卵巣卵胞機能の喪失による月経の永久的な停止。診断はレトロスペクティブであり、無月経が12ヶ月継続した後に診断される。USでは平均51歳である (HIM.2334)

分類

閉経年齢

  • 時代、人種、地域的環境にあまり影響されず、個人的な要因によりばらつく。
  • 世界的に平均49-50歳。
  • およそ45-55歳が平均
  • 約1/2は45-50歳、約1/4がそれぞれ45未満、50歳を超えて閉経
  • 閉経は喫煙により2年早まる。(HIM.2334)

臨床関連

  • 早発閉経:43歳未満で閉経すること。閉経後の症状が強い(泌尿器、生殖器の萎縮、骨粗鬆症)。
  • 遅発閉経:55歳以上で閉経すること。子宮体癌と乳癌のリスク上昇。


投与」

  [★]

administration
administrationis
投薬 medication

経路

  • 経口 PO peroral
  • 静注 IV intravenous administration
  • 筋注 IM intramuscular injection
  • 皮下 SC subcutaneous
  • 直腸 rectal


律動的」

  [★]

rhythmicrhythmicalrhythmically
周期的リズム性律動性リズミカルリズミック


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


律動」

  [★]

  • 周期的にある動きが繰り返されること。周期的な運動、またはリズム。




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡