ヒスチジンオペロン

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヒスチジンオペロンの発現制御(フラクションコレクタ-)

関連リンク

2005年4月7日 ... ヒスチジン分解酵素のオペロンはHutオペロンと呼ばれます。Hutとはhistidine utilization(=ヒスチジンの利用)の略で、ヒスチジン分解酵素の遺伝子群が5つと、この オペロンの転写のスイッチを入れるタンパク質の遺伝子hutPの情報が書かれ ...
枯草菌遺伝子のスイッチ枯草菌のhut遺伝子 (histidine util-ization genes)は ヒスチジンを分解する際に働く遺伝子であり、枯草菌が栄養不足になると発現する。その 遺伝子は、正の制御遺伝子hutPとそれに続く5個の構造遺伝子からなるhutオペロンで 構成され ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事ヒスチジン」「オペ」「オペロン

ヒスチジン」

  [★]

histidine His H
2-アミノ-3-イミダゾールプロピオン酸 2-amino-3-imidazolepropionic acid
アミノ酸アルギニンリジン



  • 極性、塩基性
  • 側鎖:

 -CH2-C3H3N2

  • イミダゾール(C3H4N2) < プリンの5員環
  • アラニンにイミダゾール基が付いたもの


オペ」

  [★]

operation
作動手術操作運用施行

オペロン」

  [★]

operon
ラクトースオペロン





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡