パニック発作

出典: meddic

panic attack
不安発作不安


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/15 19:31:17」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • パニック障害の認知行動療法の実際 (AYUMI ここまで進んだ認知行動療法)
  • 中野 有美
  • 医学のあゆみ 242(6・7), 510-514, 2012-08-18
  • NAID 40019365384
  • 適応障害、強迫性障害、摂食障害… うつ病にパニック発作など 併発しやすい「心の病」 (人ごとではない うつ・不眠 : 予防・治療法&つき合い方) -- (理解を深めるための 知識)

関連リンク

パニック障害は、特別な理由もないのに襲ってくるパニック発作で発症する病気です。 ... パニック障害は、脳内の神経伝達物質のバランスが乱れることによって起こると考えられています。最初の治療は、まずおくすりによってその ...
パニック障害の疑いのある人は、心療内科や精神科の受診をお勧めします。 パニック発作と似た発作を起こす病気は他にも「過呼吸(過換気症候群)」や「甲状腺疾患」などがあり、これらの病気がないことを調べるために血液検査 ...

関連画像

パニック発作の急患、活かせる パニック発作 自分が壊れ コラム「パニック障害」平成17 パニック障害/症状は?パニック発作の急患、活かせる 体験記】パニック障害と


★リンクテーブル★
先読み不安
国試過去問107B050」「099G003」「106I032」「104G015」「096H008
リンク元神経症性障害」「パニック障害」「不安発作
関連記事ニック」「発作

不安」

  [★]

anxietydisturbancediscomfortfeardysphoriaanxiousuneasyanxiously
撹乱恐怖苦悶障害心配不快不快感妨害不快気分精神不安感異常感不安症恐れる



107B050」

  [★]

  • 次の文を読み、49~51の問いに答えよ。
  • 77歳の男性。歩行困難のため搬入された。
  • 現病歴:最近手のしびれを自覚したため1か月前からかかりつけ医でビタミンB12を投与されていた。今朝、散歩中に公園のトイレで一時的に意識がもうろうとなり転倒した。すぐに意識は回復したが、右殿部の強い痛みで歩けなくなったために救急車を要請した。日常生活は自立していた。
  • 既往歴:3年前に軽い脳梗塞を発症し、アスピリンを内服している。残存する上下肢の麻痺はない。逆流性食道炎、前立腺肥大症および脂質異常症で、プロトンポンプ阻害薬、α1遮断薬およびHMG-CoA還元酵素阻害薬を内服している。
  • 生活歴:無職。要支援1と認定されている。74歳の妻と2人暮らし。
  • 家族歴:父親が肺結核。
  • 現症:意識は清明。体温36.4℃。脈拍88/分、整。血圧122/64mmHg。呼吸数20/分。SpO2 96%(鼻カニューラ2L/分 酸素投与下)。眼瞼結膜に異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。心電図に異常を認めない。頭部単純CTでは頭蓋内出血を認めない。
  • その後、右大腿骨頸部骨折と診断し、入院3日目に全身麻酔下で人工骨頭置換術を行った。手術当日は回復室で観察し、翌日、一般病床に移動した。術後は尿道カテーテル留置と左前腕からの持続輸液を行った。術後2日目の夜に患者が不眠を訴えたため睡眠導入薬を投与した。日中は妻が毎日3時間程度来訪していた。術後3日目の深夜、患者の病室から大きな物音がしたために看護師が訪室すると、患者がベッド上に起き上がっており、静脈留置針が前腕から抜けてシーツが血液で汚染されていた。本人に事情を聴いたところ、「銀行にお金を振り込みにいく」と看護師の制止も聞かずに出かけようとした。
  • 術後3日目の深夜の患者の状態はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107B049]←[国試_107]→[107B051

099G003」

  [★]

  • 45歳の女性。肝障害のため入院した。20年ぐらい前から、ほぼ毎日飲酒するようになった。最近はウイスキーの760mlビンを2日で空けるという。入院2日目から夜間に不眠となり、点滴を自分で抜くなど不穏となった。予想される症候はどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099G002]←[国試_099]→[099G004

106I032」

  [★]

  • a 注察妄想に発展する。
  • b 発汗ふるえとを伴う。
  • c パニック発作を認めない。
  • d 社会から疎外されていると考える。
  • e 他の人々から注視される状況を避ける。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I031]←[国試_106]→[106I033

104G015」

  [★]

  • パニック発作中にみられるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G014]←[国試_104]→[104G016

096H008」

  [★]

  • 解離性障害でみられないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096H007]←[国試_096]→[096H009

神経症性障害」

  [★]

neurotic disorder, neurotic disorders

分類

ICD-10

  • F40 - F48 Neurotic, stress-related and somatoform disorders

比較

PSY.197
古典的分類 ICD-10 DSM-IV
恐怖症 恐怖症性不安障害   不安障害 広場恐怖症
パニック障害
社会恐怖
不安神経症 他の不安障害 パニック障害
全般性不安障害
不安障害 パニック発作
全般性不安障害
強迫神経症 強迫性障害   不安障害 強迫性障害
ヒステリー神経症 解離性障害, 転換性障害   解離性障害  
身体表現性障害 転換性障害
身体表現性障害 身体化障害 身体表現性障害 身体化障害
心気神経症 身体表現性障害 心気障害
身体表現性自律神経機能不全
持続性身体表現性疼痛障害
身体表現性障害 転換性障害
心気症
疼痛性障害
離人神経症 他の神経症性障害 離人・現実感喪失症候群 解離性障害 離人症性障害

教科書的分類


パニック障害」

  [★]

panic disorder
恐慌性障害
他の不安障害神経症性障害不安障害広場恐怖

概念

  • 予知できずに起こる反復性の重篤な不安発作(恐慌発作パニック発作)を主な病像とする不安障害。

疫学

  • 生涯有病率
  • パニック障害:3.8%
  • パニック発作:5.6%
  • 性差:女性の方が2-3倍多い
  • 発症年齢:一般的には若年青年期(平均年齢は25歳前後)

分類

DSM-IV-TR

  • 広場恐怖を伴うパニック障害
  • 広場恐怖を伴わないパニック障害
  • パニック障害の既往歴のない広場恐怖


症状

  • パニック発作
  • 10分ほどで急速に症状が増悪し、通常20-30分持続する
  • 切迫した死と破滅の感覚と極度の恐怖
  • 頻脈、動悸、呼吸困難、および発汗などを伴う
  • 発作間期の「また発作が起こるのではないか」という不安

鑑別診断

治療

  • 薬物療法:


不安発作」

  [★]

panic attack
恐慌性障害パニック発作不安

ニック」

  [★]

nick
  • 二本鎖DNAのうちの片方でホスホジエステル結合がないことによる断裂

発作」

  [★]

attack, paroxysm, ictus, insult, fit, stroke





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡