バーセル指数

出典: meddic

Barthel index, BI
バーセルインデックスバーテル指数バーテルインデックスバーセル尺度Barthel scaleBS
日常生活動作 ADL
  • 日常生活動作における障害者や高齢者の機能的評価(ADL評価)を数値化(100点満点)したものである。
  • 10項目を2-4段階で評価する。自宅自立の目安は60点以上である。
  • 食事、ベットへの移動、整容、トイレ動作、入浴、歩行、階段昇降、着替え、排便、排尿について評価
  • 歩行とベットへの移動に重点が置かれている。
  • 認知機能の評価は評価項目に含まれない。


食事 10 自立、自助具などの装着可、標準的時間内に食べ終える
5 部分介助(たとえば、おかずを切って細かくしてもらう)
0 全介助
車椅子からベッドへの移動 15 自立、ブレーキ、フットレストの操作も含む
10 軽度の部分介助または監視を要する
5 座ることは可能であるがほぼ全介助
0 全介助または不可能
整容 5 自立(洗面、整髪、歯磨き、ひげ剃り)
0 部分介助または不可能
トイレ動作 10 自立(衣服の操作、後始末を含む、ポータブル便器などを使用している場合はその洗浄も含む)
5 部分介助、体を支える、衣服、後始末に介助を要する
0 全介助または不可能
入浴 5 自立
0 部分介助または不可能
歩行 15 45 m 以上の歩行、補装具(車椅子、歩行器は除く)の使用の有無は問わず
10 45 m 以上の介助歩行、歩行器の使用を含む
5 歩行不能の場合、車椅子にて45 m 以上の操作可能
0 上記以外
階段昇降 10 自立、手すりなどの使用の有無は問わない
5 介助または監視を要する
0 不能
着替え 10 自立、靴、ファスナー、装具の着脱を含む
5 部分介助、標準的な時間内、半分以上は自分で行える
0 上記以外
排便コントロール 10 失禁なし、浣腸、坐薬の取り扱いも可能
5 ときに失禁あり、浣腸、坐薬の取り扱いに介助を要する者も含む
0 上記以外
排尿コントロール 10 失禁なし、収尿器の取り扱いも可能
5 ときに失禁あり、収尿器の取り扱いに介助を要する者も含む
0 上記以外
  • 判定
100点 全自立
60点 部分自立
40点 大部分介助
0点 全介助

参考

  • 1. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%AB%E6%8C%87%E6%95%B0
[display]http://www.nmckk.jp/pdf.php?mode=puball&category=JJCD&vol=24&no=10&d1=9&d..
[display]http://www.crsu.org/chears/pdf/65situmonnsi.pdf



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/03/26 11:57:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 急性期リハビリテーションの立場から見た脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血患者の短期ADL帰結の予測
  • 八幡 徹太郎,高橋 友哉,染矢 富士子,立野 勝彦
  • リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌 43(12), 820-827, 2006-12-18
  • 本研究は脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血(SAH)の急性期加療中における短期ADL帰結予測を目的とし,SAH発症2〜4週における意識レベル,頭部CT所見,運動障害の程度,尿便意に対し予測因子の有効性を分析した.対象は,SAHの診断で脳神経外科的初期治療をうけ,脳血管攣縮等の時期を乗り切った後に経過が安定していた150例である.予測事項は次のI群ないしII群とした.I群;発症3カ月時のバーセル指数≧8 …
  • NAID 110005716794

関連リンク

バーセル指数(バーセルしすう、英:Barthel Index、略:BI)は、日常生活動作における 障害者や高齢者の機能的評価を数値化したものである。バーセルインデックス、 バーテル指数、バーテルインデックス、バーセル尺度(バーセルしゃくど、英:Barthel scale、 ...
③ 評価法としてはバーセル指数が用いられる. *100点満点で自立状況を表し、自立・ 監視・一部介助・全介助分類. *60点以上は自立度が高い、40点以下は重度障害、 20点以下では全介助となる. <評価項目> 1)食事動作. 2)整容動作. 3)更衣動作 ...


★リンクテーブル★
先読みBS」「ADL
リンク元日常生活動作」「BI
関連記事」「指数」「セル

BS」

  [★]


ADL」

  [★] 日常生活動作 activity of daily living


日常生活動作」

  [★]

activity of daily living, activities of daily living, ADL



BI」

  [★]


数」

  [★]

numbercountnumeral
ナンバー数値数えるカウント番号をつける数字数詞


指数」

  [★]

indexindices
インデクスインデックス指標


セル」

  [★]

cell
細胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3