ネクローシス

出典: meddic

necrosisnecrotic
壊死壊死性アポトーシス

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/15 11:07:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Liver, Pancreas, and Biliary Tract 胆汁酸によって生成される活性酸素種が膵腺房細胞にアポトーシスを誘導してネクローシスから保護する
  • 下瀬川 徹,Booth David M.,Murphy John A. [他]
  • Review of gastroenterology & clinical gastroenterology and hepatology 6(3), 56-60, 2011-11
  • NAID 40019053072
  • 新規抗腫瘍薬ベンダムスチンの作用機序と臨床効果
  • 古川 雄祐,平岡 信弥,和田 妙子,菊池 次郎,加納 康彦
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 138(1), 26-32, 2011-07-01
  • ベンダムスチン(トレアキシン®)はプリンアナログ様骨格にアルキル基が結合したハイブリッドな抗がん薬である.作用機序はDNAアルキル化が主体と考えられ,代謝拮抗作用については明確な結論は出ていない.がん細胞に作用させた場合に他のアルキル化薬に比べて多彩な作用を示すのが特徴で,(1)架橋形成〜DNA鎖切断によるネクローシス誘導,(2)DNA損傷チェックポイント活性化によるp53依存性アポトー …
  • NAID 10029417927

関連リンク

... した脚の組織. 毒蛇のテルシオペロに噛まれ、その毒により壊死した男の子の脚. 壊死(えし)またはネクローシス(Necrosis)とは、生物の組織の一部分が死ぬことである 。 目次. 1 概要; 2 細胞死としての「ネクローシス」; 3 参考文献; 4 関連項目; 5 外部 リンク ...
2012年5月7日 ... 今回は、 『細胞の死』 についてのお話です。 「細胞の死」と書くと、なんだか干からび ちゃうような印象がありますが(そう思うのはわたしだけ?)、2種類の 『死』 があるのは ご存知でしょうか? いつもの事ですが、「まぁこんなもん」 な感じで話を ...

関連画像

 アポトーシス と ネクローシス発生してしまった炎症は、免疫 トップページ へ コンテンツ アポトーシス ネクローシス本 製品 に よる 染色 pi による 豚 の 呼吸器 複合 感染症 prdc


★リンクテーブル★
先読みアポトーシス」「necrosis」「necrotic
リンク元チアゾリジン薬」「細胞死」「壊死」「壊死性

アポトーシス」

  [★]

apoptosis
細胞死プログラム細胞死

臨床関連

アポトーシス異常

免疫

  • 自己免疫病
  • lprマウスやgldマウスと同じ症状を呈する

参考

[display]http://www.nature.com/nrm/journal/v3/n6/fig_tab/nrm832_F1.html
PMID 12042767



necrosis」

  [★] 壊死

WordNet   license wordnet

「the localized death of living cells (as from infection or the interruption of blood supply)」
mortification, gangrene, sphacelus

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「壊疽(えそ)」


necrotic」

  [★]

  • adj.
  • 壊死性の、壊死の、ネクローシスの
necrosisnecrotisingnecrotizenecrotizing

WordNet   license wordnet

「relating to or affected by necrosis; "necrotic tissue"」


チアゾリジン薬」

  [★]

インスリン抵抗解除薬
[show details]

分類

  • 糖尿病治療薬
  • インスリン抵抗解除薬
  • チアゾリジン薬

特徴

  • チアゾリジンジオン環を有する
  • 肥満者インスリン抵抗性が疑われる糖尿病において有効性が高い

作用機序

  • thiazolidinedionePPARγ(nuclear peroxisome proliferator-activated receptor-γ)の選択的アゴニスト。 (GOO.1639)
  • 炭化水素や脂質代謝を制御するインスリン応答遺伝子insulin-responsive genesを活性化する
  • 筋肉にはPPARγは欠いており、脂肪組織で発現している (GOO.1639)
  • 脂肪組織でのPPARγの活性化は筋肉への遊離脂肪酸への流れを止める (GOO.1639)
  • 脂肪組織が放出するadipocyte hormoneやadipokineの活性化、おそらくアディポネクチンによる (GOO.1639)

薬理作用

  • 末梢でのインスリン抵抗性を改善する、すなわちインスリンの感受性を上げる。 (GOO.1639)
  • 肝臓ではグルコースの産生を抑制する(かもしれない)。 (GOO.1639)
  • 肝臓や筋肉でグルコース輸送体の合成と膜上への発現を促す。末梢で脂質代謝を調節する遺伝子の発現を促進する (GOO.1639)
  • 前脂肪細胞は小型脂肪細胞なり、大型脂肪細胞はネクローシスを起こす。

DMR.112

  • 脂肪組織:炎症性サイトカインの発現低下、アディポネクチンの発現増強
  • 骨格筋:インスリン依存的なブドウ糖取り込み増強。
  • 肝臓:ブドウ糖産生抑制。 肝臓内脂肪酸量減少 → インスリン抵抗性解除
  • 末梢血:血糖↓、血中インスリン↓

適応

  • 2型糖尿病

禁忌

  • 心不全患者、心不全の既往がある患者 ← 循環血漿量を増加させるため

副作用

  • 循環血漿量の増加
  • 浮腫:循環血漿量の増加に伴う。ピオグリタゾン服用者の7-8%で報告されており、特に女性で発症頻度が高い。
  • 体重増加:循環血漿量の増加とは独立した要因
  • 肝機能障害:
  • 低血糖:稀


細胞死」

  [★]

cell death
アポトーシスプログラム細胞死ネクローシス

アポトーシスとネクローシスの違い

  アポトーシス ネクローシス
形態 濃縮、分断化 溶解
膜の強度 保たれる 失われる
ミトコンドリア 影響を受けない 膨潤、Ca取り込み
クロマチン 偏在化、濃縮 凝集
タンパク質合成阻害 死が阻害されうる
actinomycin D
・CHX
なし
原因 糖質コルチコイド、ホルモン刺激の低下、過剰な刺激、中程度の毒 強い毒、低酸素、pHの大きな変動
典型例 胸腺←糖質コルチコイド 肝臓←肝毒性物質
細胞の変化 リソソームは変化無し リソソームが破裂する
核の変化 特定の長さに切断 ランダムに切断
最初の徴候 エンドヌクレアーゼの活性化 小疱形成、膨潤


壊死」

  [★]

necrosis
ネクローシス
アポトーシス細胞死



壊死性」

  [★]

necroticnecrotizingnecrotising
壊死ネクローシス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡