ニュートンの粘性法則

出典: meddic

newtonian law of viscosity
粘性率粘度
γ = η × τ
 γ:ずり速度
 τ:ずり応力
 η:粘性率。物質に固有の値。温度に依存。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/18 17:50:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

関連リンク

ニュートン流体(ニュートン-りゅうたい、Newtonian fluid)は、流れのせん断応力(接線 応力)と流れの速度勾配(ずり速度、せん断速度)が比例した粘性の性質を持つ流体の こと。この流れのことをニュートン流動(Newtonian flow)と言う。 比例関係が成立した ...
粘性のある液体を間にはさんだ面積 S の2枚の平板を相対速度 U で平行に動かすと、 動いている方向と反対方向に剪断応力(摩擦応力ともいう) τが発生する。 ... これを ニュートンの流体摩擦法則という。 また、粘度μが一定の流体をニュートン流体と呼ぶ。

関連画像

newton の 粘性 法則 に 第 2 粘性 ニュートンの粘性法則特に ニュートン の 粘性 法則 10_01_粘性流動.jpg2.ニュートンの法則10_02_アイリング粘性.jpg


★リンクテーブル★
先読み粘度
リンク元粘性率」「newtonian law of viscosity
関連記事ニュートン」「粘性」「法則

粘度」

  [★]

viscosity
粘性率ポアズイユの法則血液粘性
  • 粘稠性の指標
  • 比例定数として粘性率がある



粘性率」

  [★]

coefficient of viscosity
粘度ニュートンの粘性法則

 γ(ずり速度 cm/s) = η(粘性率) × τ(ずり応力 g・cm/s2)
 粘性率ηの単位は
 γ:ずり速度
 τ:ずり応力
 η:粘性率。物質に固有の値。温度に依存。


血液の粘性率 (SP.577-)

  • 血流速度、血管の内径に依存するため、粘性率ηは定数でなくなる



newtonian law of viscosity」

  [★] ニュートンの粘性法則


ニュートン」

  [★]

newton

定義

  • 1キログラムの質量をもつ物体に1メートル毎秒毎秒 (m/s2) の加速度を生じさせる力
1 N = 1 (kg) x 1 (m/s2)
9.8 N = 1 kgf

変換

  • 1 N = 1 kg·m/s2 = (1000 g)(100 cm)/s2 = 105 g·cm/s2 = 105 dyn


粘性」

  [★]

viscosity
粘性係数 viscosity coefficient

粘度



法則」

  [★]

rule
規定ルール規則





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡