ドパミントランスポーター

出典: meddic

dopamine transporter DAT, dopamine plasma membrane transport protein
ドーパミン輸送体ドーパミントランスポータードパミン輸送体
ドパミン細胞膜輸送タンパク質 dopamine plasma membrane transport protein
[show details]




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 発達障害の機能画像--自閉症をPETでみる (第1土曜特集 精神発達遅滞・自閉症の分子医学) -- (発達障害・自閉症の臨床病理)
  • パーキンソン病の分子イメージング (特集 分子イメージングの最先端) -- (神経の分子イメージング)
  • タクロリムス投与後パーキンソニズムを呈した全身性エリテマトーデスの一例
  • 下垣 保恵,郡山 健治,田中 雅博,望月 裕司,豊田 嘉清,中井 直治,河野 厚
  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 33(6), 329-334, 2010-12-31
  •   50歳,女性.2003年9月に全身性エリテマトーデス(systemic lupus erythematosus ; SLE)を発症.抗Sm抗体陽性.右水腎症.プレドニゾロン(prednisolone ; PSL)40 mg/日で治療開始.大腿骨頭壊死(2B),ステロイド精神病合併.2005年5月PSL15 mg/日まで漸減中に尿蛋白再出現でシクロスポリン(CyA)併用開始. …
  • NAID 10027754304

関連リンク

2002年11月26日 ... 役目を終えたドーパミンはまた神経末端のシナプスにあるドーパミントランスポーター というたんぱく質によって取り込まれて再利用される仕組みになっています。 4、 ドーパミンの働き 私たちが日常何かをするときには、意識するしないに関わらず ...
に固有の細胞膜トランスポーター (NET,DAT,SERT). によりシナプス ... ドパミン トランスポーター,. セロトニン ... ヒト DAT 遺伝. 子は5番染色体短腕(5p15.3)に位置し ,約64kb にわた. る15のエクソンからなる(4).転写産物は約3.5kb の単. 一の mRNA が ...

関連画像

PDセロトニン・トランスポーター figure1id:obamasahiro:20110525200601g:imageイメージ 2 採摂取トランスポーターの阻害ドーパミン トランス ポーター


★リンクテーブル★
リンク元DAT」「dopamine plasma membrane transport protein」「ドパミン細胞膜輸送タンパク質」「dopamine transporter」「ドパミン輸送体
関連記事ドパミン」「トランス」「ミント」「ポーター

DAT」

  [★]


dopamine plasma membrane transport protein」

  [★] ドパミントランスポータードパミン細胞膜輸送タンパク質


ドパミン細胞膜輸送タンパク質」

  [★] ドパミントランスポーターdopamine plasma membrane transport protein


dopamine transporter」

  [★] ドパミントランスポーター DAT

ドパミン輸送体」

  [★] ドパミントランスポーター


ドパミン」

  [★]

dopamine DA DOA 3,4-dihydroxyphenethylamine
ドーパミン
塩酸ドパミン, dopamine hydrochloride, ドパミン塩酸塩
イノバンイブタントカコージンDカコージンカタボンガバンスクリトパンツルドパミドパラルミンドミニントロンジンプレドパマートバーンヤエリスタ
ドパミン受容体カテコラミン強心剤


概念

生合成

視床下部-下垂体系

  • 視床下部弓状核や脳室周辺の隆起漏斗系ドパミンニューロンで産生される。
  • 下垂体のD2受容体を介してホルモン分泌の調節を受けている。 → e.g. プロラクチン放出抑制ホルモン(PIF)

ドパミン受容体

低用量での血管拡張はこの受容体を介して起こる (GOO.249)
中枢神経系に存在

神経伝達物質の薬理 (GOO.324)

神経伝達物質 トランスポーター阻害薬 受容体のサブタイプ 選択的作動薬 選択的阻害薬 受容体と共役する分子
ドパミン cocaine
mazindol
nomifensine
D1     Gs
D2 bromocriptine sulpiride
domperidone
Gi
D3 7-OH-DPAT  
D4    
D5     Gs

薬理学

  • 低濃度
D1受容体に作用して血管拡張→腎血流量↑→GFP↑→Na排出↑→利尿
  • やや高濃度
β1受容体に作用→心拍出量↑・心収縮力↑(頻脈はない)・収縮期圧↑・拡張期圧不変
アドレナリン低用量投与と同じ?
  • 高濃度
α1受容体に作用→血管平滑筋収縮(→収縮期圧↑、拡張期圧↑???)
アドレナリン高用量投与と同じ?

ran]]

(PT.218)

  • 中脳に細胞体を持つものが多く、黒質から線条体に至る黒質線条体系と黒質や腹側被蓋野から報酬系の神経核、辺縁系、前頭葉に至る中脳皮質系がある。視床下部やその周辺にもドーパミン作動性線維の細胞体とその終末があり、隆起漏斗系、隆起下垂体系、不確帯視床下部系、脳室周囲系を形成する。黒質線条体系の変性はパーキンソン病をもたらす。ドーパミン誘導体には幻覚剤となるものがある。ドーパミンの分泌増大や脳のD2受容体の増加は精神分裂病(統合失調症)の発病に関与している可能性がある。モルヒネはドーパミンの分泌を促進する。コカインは輸送体によるドーパミンの取り込みを阻害し作用の持続時間を延長する。一部の覚醒剤中毒はドーパミン輸送体の抑制による。

ホルモンの調節

  • プロラクチンは視床下部でドパミンの産生を促進 ← プロラクチン抑制因子として作用
  • ドパミンは視床下部でGnRHの分泌を抑制 → 卵巣機能の抑制
  • ドパミンは下垂体前葉?でD受容体に作用してプロラクチンを抑制 ← 抗精神病薬(D2受容体をブロックする)を使うと高プロラクチン血症となる。

循環不全治療薬として

イノバン
  • 下記のような急性循環不全(心原性ショック、出血性ショック)
  • (1) 無尿、乏尿や利尿剤で利尿が得られない状態   ←  低濃度で用いれば、腎血流を増加させ尿量の増加が期待できる → ドパミン#薬理学
  • (2) 脈拍数の増加した状態  ←  高濃度でなければ、頻脈を起こさず心拍出量を増やす。 → ドパミン#薬理学
  • (3) 他の強心・昇圧剤により副作用が認められたり、好ましい反応が得られない状態



トランス」

  [★]

transt-、(心理)trance = 催眠状態 = トランス状態


ミント」

  [★]

mint
ハッカ属

ポーター」

  [★]

Porter, porter





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡