ドパ

出典: meddic

レボドパ

和文文献

  • 最新判例批評([2015] 26)英国領バミューダ諸島の法律に基づいて組成された事業体である「リミテッド・パートナーシップ」の我が国の法人税法上の納税義務者該当性[東京高裁平成26.2.5判決] (判例評論(第676号))
  • MD EDITION カテゴリーフォーカス 日本酒 : ポスト"マイルドパック"時代をにらんで次世代ブランド育成のための取り組みが進む
  • 山口 拓二
  • Diamond chain store = ダイヤモンド・チェーンストア 46(9), 102-103,105,107, 2015-05-15
  • NAID 40020455766
  • 新周波数対応FPUの伝送方式 (特集 700MHz帯周波数移行の現状と動向) -- (FPUの周波数移行)
  • 中川 孝之
  • 映像情報メディア学会誌 = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers 69(5), 389-393, 2015-05
  • NAID 40020472030

関連リンク

ファイザー株式会社による、パーキンソン病の患者さんとご家族のための情報サイトです。L-ドパ製剤は足りなくなったドパミンを補うためのお薬で、パーキンソン病治療の中心になります。L-ドパ製剤の特徴や副作用等についてご説明 ...
第 章 L -ドパ L-ドパ単剤 L-ドパは,脳内に入り,芳香族アミノ酸脱炭酸酵素の作用で,ドパミンにかわり,減 少しているドパミンを補い,抗パーキンソン病効果を現す.L-ドパ単剤を使用した場合,末梢においてもL-ドパからドパミンへ ...

関連画像

このため、ドパミンの生成 70611 カルティエ エスプリ ドパ  ドパデッドライフルケース)B/C ドパデッドライフルケース) B(battle axe ギターシェイプドパ モールドパデッドブラ

添付文書

薬効分類名

  • 抗パーキンソン剤

販売名

ドパコール配合錠L50

組成

販売名

  • ドパコール配合錠L50

成分・含量(1錠中)

  • レボドパ(日局) 50mg
    カルビドパ水和物(日局) 5.4mg(無水物として5mg)

添加物

  • 結晶セルロース、トウモロコシデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、ポビドン、ステアリン酸マグネシウム、黄色5号

禁忌

閉塞隅角緑内障の患者

  • [眼圧上昇を起こし、症状が悪化するおそれがある。]

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

  •  

非選択的モノアミン酸化酵素阻害剤投与中の患者

  • (「重要な基本的注意」、「相互作用」の項参照)

効能または効果

  • パーキンソン病、パーキンソン症候群

レボドパ未服用患者

  • 通常成人に対し、レボドパ量として1回100〜125mg、1日100〜300mg経口投与よりはじめ、毎日又は隔日にレボドパ量として100〜125mg宛増量し、最適投与量を定め維持量(標準維持量はレボドパ量として1回200〜250mg、1日3回)とする。
    なお、症状により適宜増減するが、レボドパ量として1日1,500mgを超えないこととする。

(参考)ドパコール配合錠L50 成人投与量

  • 1回2錠、1日2〜6錠よりはじめ、毎日又は隔日に2錠宛増量し、最適量を定め維持量(標準:1回4〜5錠、1日3回)とする。症状により適宜増減するが1日30錠を超えないこと。

(参考)ドパコール配合錠L100 成人投与量

  • 1回1錠、1日1〜3錠よりはじめ、毎日又は隔日に1錠宛増量し、最適量を定め維持量(標準:1回2錠、1日3回)とする。症状により適宜増減するが1日15錠を超えないこと。

(参考)ドパコール配合錠L250 成人投与量

  • 1回1/2錠、1日1/2〜1錠よりはじめ、毎日又は隔日に1/2錠宛増量し、最適量を定め維持量(標準:1回1錠、1日3回)とする。症状により適宜増減するが、1日6錠を超えないこと。

レボドパ既服用患者

  • 通常成人に対し、レボドパ単味製剤の服用後、少なくとも8時間の間隔をおいてから、レボドパ1日維持量の約1/5量に相当するレボドパ量を目安として初回量をきめ、1日3回に分けて経口投与する。以後、症状により適宜増減して最適投与量を定め維持量(標準維持量はレボドパ量として1回200〜250mg、1日3回)とするが、レボドパ量として1日1,500mgを超えないこととする。

(参考)ドパコール配合錠L50 成人投与量

  • レボドパ単味製剤の服用後、少なくとも8時間の間隔をおいてから、1日維持量の約1/5量に相当するレボドパ量を目安として初回量をきめ、1日3回に分割経口投与する。以後、症状により適宜増減して最適量を定め維持量(標準:1回4〜5錠、1日3回)とする。1日30錠を超えないこと。

(参考)ドパコール配合錠L100 成人投与量

  • レボドパ単味製剤の服用後、少なくとも8時間の間隔をおいてから、1日維持量の約1/5量に相当するレボドパ量を目安として初回量をきめ、1日3回に分割経口投与する。以後、症状により適宜増減して最適量を定め維持量(標準:1回2錠、1日3回)とする。1日15錠を超えないこと。

(参考)ドパコール配合錠L250 成人投与量

  • レボドパ単味製剤の服用後、少なくとも8時間の間隔をおいてから、1日維持量の約1/5量に相当するレボドパ量を目安として初回量をきめ、1日3回に分割経口投与する。以後、症状により適宜増減して最適量を定め維持量(標準:1回1錠、1日3回)とする。1日6錠を超えないこと。


慎重投与

肝又は腎障害のある患者

  • [副作用の発現が増加するおそれがある。]

胃潰瘍、十二指腸潰瘍のある患者又はその既往歴のある患者

  • [症状が悪化するおそれがある。]

糖尿病患者

  • [血糖値の上昇を誘発し、インスリン必要量を増大させるとの報告がある。]

重篤な心・肺疾患、気管支喘息又は内分泌系疾患のある患者

  • [症状が悪化するおそれがある。]

慢性開放隅角緑内障の患者

  • [眼圧上昇を起こし、症状が悪化するおそれがある。]

自殺傾向など精神症状のある患者

  • [精神症状が悪化するおそれがある。]

重大な副作用

Syndrome malin

(頻度不明)

  • 急激な減量又は投与中止により、高熱、意識障害、高度の筋硬直、不随意運動、ショック状態等があらわれることがあるので、このような場合には、再投与後、漸減し、体冷却、水分補給等適切な処置を行うこと。

錯乱、幻覚、抑うつ

(頻度不明)

  • 錯乱、幻覚、抑うつがあらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には減量又は休薬するなど適切な処置を行うこと。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の悪化

(頻度不明)

  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の悪化があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

溶血性貧血、血小板減少

(頻度不明)

  • 溶血性貧血、血小板減少があらわれることがあるので、定期的に血液検査を実施するなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

突発的睡眠

(頻度不明)

  • 前兆のない突発的睡眠があらわれることがあるので、このような場合には、減量、休薬又は投与中止等の適切な処置を行うこと(「重要な基本的注意」の(5)項参照)。

薬効薬理

1.レボドパ5)

  • パーキンソン病の病因は、中脳に存在する黒質と線条体を連絡しているドパミン作動性神経が変性脱落するもので、この神経と機能的にバランスをとっているコリン作動性神経が相対的に過剰活動状態となっている。したがって、治療には基本的にドパミン作動性神経の活動をたかめるか、コリン作動性神経を抑制する手段がとられる。前者の手段をとる場合、ドパミンそのものは血液脳関門を通過しないので、その前駆体のレボドパが用いられる。レボドパは血液脳関門を通過し、脳内に入り、ドパミン作動性神経に取り込まれて、ドパ脱炭酸酵素によりドパミンとなり神経終末から放出される。

2.カルビドパ水和物5)

  • 末梢性ドパ脱炭酸酵素阻害薬である。パーキンソン病に対してレボドパを投与するとき、脳内移行前に末梢で代謝されドパミンとなると効果が大きく減弱するが、カルビドパ水和物をレボドパと併用すると、末梢での代謝が抑制されるので、レボドパが効率よく脳に移行し効果が高まり、レボドパの減量が可能となる。

有効成分に関する理化学的知見

レボドパ

一般名

  • レボドパ Levodopa

化学名

  • 3-Hydroxy-L-tyrosine

分子式

  • C9H11NO4

分子量

  • 197.19

性状

  • 白色又はわずかに灰色を帯びた白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはない。
    ギ酸に溶けやすく、水に溶けにくく、エタノール(95)にほとんど溶けない。
    希塩酸に溶ける。
    飽和水溶液のpHは5.0〜6.5である。

融点

  • 約275℃(分解)

カルビドパ水和物

一般名

  • カルビドパ水和物 Carbidopa Hydrate

化学名

  • (2S)-2-(3,4-Dihydroxybenzyl)-2-hydrazinopropanoic acid monohydrate

分子式

  • C10H14N2O4・H2O

分子量

  • 244.24

性状

  • 白色〜帯黄白色の粉末である。
    メタノールにやや溶けにくく、水に溶けにくく、エタノール(95)に極めて溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。

融点

  • 約197℃(分解)


★リンクテーブル★
リンク元レボドパ」「dopa」「ジヒドロキシフェニルアラニン」「DOPA
拡張検索ドパミン再取り込み阻害剤」「ドパミンニューロン」「ネオドパゾール」「ヒドロキシドパミン

レボドパ」

  [★]

levodopa
L-dopaL-DOPALDLドーパL-ドーパL-ドパドパドーパ3,4-ジヒドロキシフェニルアラニン 3,4-dihydroxyphenylalanineジヒドロキシフェニルアラニン dihydroxyphenylalanine
ドパストンドパゾールドパール
[show details]



dopa」

  [★] レボドパドパ

WordNet   license wordnet

「amino acid that is formed in the liver and converted into dopamine in the brain」
dihydroxyphenylalanine


ジヒドロキシフェニルアラニン」

  [★]

dihydroxyphenylalanine3,4-dihydroxyphenylalanineDOPA
ドーパ3,4-ジヒドロキシフェニルアラニンドパ


DOPA」

  [★] レボドパドパ 3,4-dihydroxyphenylalanine


ドパミン再取り込み阻害剤」

  [★]

dopamine reuptake inhibitor
ドパミン取り込み阻害薬ドパミン再取り込み阻害薬ドーパミン取り込み阻害剤


ドパミンニューロン」

  [★] ドーパミン作動性ニューロン


ネオドパゾール」

  [★] レボドパベンセラジド


ヒドロキシドパミン」

  [★]

hydroxydopamineOHDA




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3