トロピカミド

出典: meddic

tropicamide
tropicamidum
オフミックサンドール、サンドールMY、サンドールPミドリンMミドリンP, Mydriacyl
ムスカリン受容体


  • 散瞳薬


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/03 22:44:55」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 近視学童における0.5%トロピカマイド点眼による屈折値の変化 (特集 第59回日本臨床眼科学会講演集(2))
  • 長谷部 聡,宮田 学,浜崎 一郎 [他]
  • 臨床眼科 60(4), 581-585, 2006-04
  • NAID 40007282651
  • 若年者におけるフェニレフリン・トロピカミド点眼前後の近方視力・瞳孔反応・輻湊
  • 浅川 賢,石川 均,堀部 円,陶山 秀夫,魚里 博,清水 公也,袴田 直俊
  • 神経眼科 = Neuro-ophthalmology Japan 22(2), 238-245, 2005-06-25
  • NAID 10020467858

関連リンク

トロピカミド(英: tropicamide)とはムスカリン性アセチルコリン受容体阻害薬。Mydriacyl などの商品名で市販されている。 トロピカミドは瞳孔を拡張させる作用があり、水晶体、 硝子体液、網膜の検査を容易にするために使用される。
ミドリンMとは?トロピカミドの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:病気別版)

関連画像

 トロピカミド5mg、塩酸 トロピカミド/フェニレフリン トロピカミド5mg トロピカミド5mg 10本/箱 [1mL中、トロピカミド4mg 10本/箱 [1mL中、トロピカミド4mg

添付文書

薬効分類名

  • 調節麻痺・散瞳点眼剤

販売名

ミドリンM点眼液0.4%

組成

有効成分

  • トロピカミド

含量(1mL中)

  • 4mg

添加物

  • エデト酸ナトリウム水和物、塩化ナトリウム、ベンザルコニウム塩化物、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、pH調節剤

禁忌

  • 緑内障及び狭隅角や前房が浅いなどの眼圧上昇の素因のある患者[急性閉塞隅角緑内障の発作を起こすおそれがある]


効能または効果

  • 診断または治療を目的とする散瞳と調節麻痺


  • 診断または治療を目的とする散瞳には1日1回、1回1〜2滴宛、調節麻痺には3〜5分おきに2〜3回、1回1滴宛点眼する。

慎重投与

  • 小児[「小児等への投与」の項参照]


薬効薬理

散瞳作用2)

  • トロピカミドは副交感神経支配の瞳孔括約筋を弛緩させ、散瞳を起こす。0.5%トロピカミド点眼液50μLを白色ウサギに点眼すると約15分後に瞳孔径は最大となり約2時間持続する。

調節麻痺作用3)

  • トロピカミドを点眼すると副交感神経支配の毛様体筋(特にMuller筋)を弛緩し、調節麻痺を引き起こす。眼疾患のない7名に0.5%トロピカミド点眼液を1滴ずつ3分毎に3回点眼すると、20〜30分で著明な調節麻痺が起こり以後急速に回復し、2.5時間で90%、24時間では完全に回復する。


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • トロピカミド(Tropicamide)

化学名

  • (2RS)-N-Ethyl-3-hydroxy-2-phenyl-N-(pyridin-4-ylmethyl)propanamide

分子式

  • C17H20N2O2

分子量

  • 284.35

性状

  • 本品は白色の結晶性の粉末で、においはなく、味は苦い。
    本品はエタノール(95)又はクロロホルムに溶けやすく、水又はジエチルエーテルに溶けにくく、石油エーテルにほとんど溶けない。
    本品は希塩酸に溶ける。
    本品1.0gを水500mLに溶かした液のpHは6.5〜8.0である。


★リンクテーブル★
国試過去問104A056
リンク元ムスカリン受容体拮抗薬」「オフミック」「サンドールP」「ミドリンP

104A056」

  [★]

  • 53歳の女性。事務職。眼の圧迫感を主訴に来院した。5年前から気管支喘息があり、副腎皮質ステロイド吸入薬を使用している。3年前から夕方になると、眼がかすむことがあった。最近は、書類が見づらくなり眼の痛みを感じることが多い。眼位眼球運動とに異常を認めない。視力は右1.0(1.2× -0.25D)、左1.2(矯正不能)。眼圧は右22mmHg、左22mmHg。細隙灯顕微鏡検査では前眼部、中間透光体および眼底に異常を認めない。静的量的視野検査で異常は検出されない。涙液分泌検査SchirmerテストI法で右10mm、左10mm。調節幅は両眼ともに2.0Dである。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104A055]←[国試_104]→[104A057

ムスカリン受容体拮抗薬」

  [★]

muscarinic receptor antagonist
ムスカリン受容体遮断薬抗ムスカリン様作用薬、antimuscarinic drug
ムスカリン受容体アセチルコリン受容体
  • 気道閉塞性障害
臭化ブチルスコポラミン scopolamine butylbromide
製品名:ブスコパン Buscopan
チキジウム tiquizium


オフミック」

  [★] トロピカミドフェニレフリン


サンドールP」

  [★] トロピカミドフェニレフリン


ミドリンP」

  [★] トロピカミドフェニレフリン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail25
2CATTLE SKIN DEHIDER mail14
3SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
4SHEEP BLEEDING LINE mail10
5SHEEP BLEEDING PAN mail9
6CATTLE BLEEDING PAN mail9
7MONOSODIUM GLUTAMAT mail9
8+spian calcium fluoride manufactures Co. ltd mail6
9右室梗塞4
10ソーセージ様手指とは4
11+Angola mesh white herbal body talcum powder manufactures Co. ltd mail4
12裂脳症close4
13クモ膜嚢胞4
14Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
15右PICA後閉塞 s/o4
16虫垂いんかんさいぼうがん4
17chilaicliti+s症候群4
18Medusozoa mail3
19CATTLE BLEEDING HOOK mail3
20レンズ核線条体動脈3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1疑核3
2Anthranilic acid its esters and its salts (Methaqualone and analogues) mail3
3急性出血性白質脳炎3
4Dry Cell and Storage Battery JSC (PINACO) mail2
5Shellfish mail2
6BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail2
7上顎結節2
8サブプロピュレーション2
9マーフィー徴候2
10心臓+繊維三角2
113 4-Methylenedioxyphenyl-2-propanone (MDMA MDA MDEA MDOH) mail2
12不橈性2
13レンズ核線条体動脈2
14OVINE 6 WAYS CUT mail2
15き山特ロミー2
162
17Medusozoa mail1
18不整形陰影とは1
19身体障害者福祉司+配置義務1
20びっくり眼+脊髄小脳変性症1