トレポネーマ

出典: meddic

Treponema
トレポネーマ属Treponema属



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/03 13:25:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 非ウイルス性感染症 梅毒血清反応(STS,FTA-ABS法,IgM-FTA-ABS法,TPHA法) (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・3)その数値をどう読むか) -- (免疫学的検査 感染症関連検査(抗原および抗体を含む))
  • 野口英世先生の血清免疫学的研究 : 近年の血清免疫学へのつながり

関連リンク

例えばトレポネーマ属やレプトネーマ属には細胞体の中に細胞内微小管と呼ばれる、真 核細胞の微小管とよく似た構造が見られる。ボレリアの細胞膜には動物細胞の膜脂質 成分であるコレステロールが含まれており、この点でマイコプラズマと類似した特徴を ...
黴毒、瘡毒(そうどく)とも)は、スピロヘータの一種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症、性病。 in vitroでの培養は不可能のため、病原性 の機構はほとんど解明されていない。1998年には全ゲノムのDNA 配列が決定、公開 ...

関連画像

歯周病の原因菌のトレポネーマ 2009/03/13 トレポネーマと言う トレポネーマ梅毒トレポネーマ(c)Biophoto ウサギのトレポネーマ症梅毒トレポネーマ(c)Jim Dowdalls


★リンクテーブル★
先読みトレポネーマ属」「Treponema属」「Treponema
リンク元マクロライド系抗菌薬
拡張検索梅毒トレポネーマ」「梅毒トレポネーマ感作赤血球凝集試験」「熱帯菌種トレポネーマ」「非トレポネーマ抗原検査

トレポネーマ属」

  [★]

Treponema
細菌


  • トレポネマ属


Treponema属」

  [★]

Treponema
トレ・ネーマ、トレ・ネーマ属

Treponema」

  [★]

トレポネーマ属


マクロライド系抗菌薬」

  [★]

macrolide antibiotic macrolide antibiotics, macrolides, MLs
マクロライド系抗生物質 ←厳密には違うが、多くの人が間違って使っている
抗菌薬

特徴

  • 抗菌スペクトルが広い
  • 静菌的に作用
  • 大きな環状構造を有する。14員環-16員環
  • タンパク質合成阻害薬
  • 抗生物質としての作用の他に、抗炎症作用を有するらしい
炎症の抑制 ex.びまん性汎細気管支炎

構造

  • http://www.sigmaaldrich.com/life-science/life-science-catalog/product-catalog.html?TablePage=14572877
  • Macrolide antibiotics contain a many-membered lactone ring (14-membered rings for erythromycin and clarithromycin and a 15-membered ring for azithromycin) to which are attached one or more deoxy sugars. Clarithromycin differs from erythromycin only by methylation of the hydroxyl group at the 6 position, and azithromycin differs by the addition of a methyl-substituted nitrogen atom into the lactone ring. These structural modifications improve acid stability and tissue penetration and broaden the spectrum of activity.(GOO. chapter 46)

作用機序

  • inhibit bacterial protein synthesis by reacting with the 50s ribosomal subunit and preventing the release of the uncharged tRNA.

薬理作用

動態

  • 経口で吸収される

抗菌スペクトル

  • ペニシリンより広い抗菌スペクトル
  • グラム陽性球菌、グラム陰性球菌、グラム陰性桿菌、スピロヘータ、一部のリケッチア、ウイルス

適応

  • マイコプラズマ肺炎、クラミジア感染症、カンピロバクター腸炎、レジオネラ症
  • びまん性汎細気管支炎:14員環マクロライドのみ
  • URIs, pneumonias, STD

注意

禁忌

副作用

悪心、嘔吐、消化器の蠕動を促進
  • 薬物相互作用
テオフィリン
喘息の治療薬。CYP3A4で代謝される。中毒域と治療域がちかいので注意する

マクロライド系抗菌薬

14員環

15員環

16員環

14員環 (ケトライド系抗菌薬)

有効性 (SMB.147)

○:殺菌的、△静菌的




梅毒トレポネーマ」

  [★]

Treponema pallidum
トレポネーマ・パリダムスピロヘータ・パリダ Spirochaeta pallida
梅毒 Syphilis、先天性梅毒トレポネーマ
  • first aid step1 2006 p.133,144,145,150,163


-Treponema pallidum


梅毒トレポネーマ感作赤血球凝集試験」

  [★]

Treponema pallidum hemagglutination test Treponema pallidum hemagglutination assay
TPHATPHA試験 TPHAテスト TPHA test
Treponema pallidum


熱帯菌種トレポネーマ」

  [★]

Treponema pallidum subspecies pertenue
フランベジア


非トレポネーマ抗原検査」

  [★]

nontreponemal antigen test




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡