トルイジンブルー

出典: meddic

toluidine blue
塩基性色素染色法

  • 負に帯電している領域(核酸、リボソーム(rRNA)、硝子軟骨)を青く染色する
  • 高濃度の陰イオンが存在する場合にはメタクロマジーに染色する (HIS.2)
ex. 肥満細胞の顆粒はトルイジンブルーにより紫に染まる

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 探究学習としての維管束の観察 : トルイジンブルー染色を利用した教材開発
  • ポリスチレンスルホン酸を滴定剤としたコロイド滴定 : トルイジンブルーのメタクロマジーと電位差コロイド滴定
  • 服部 敏明,内藤 洋子,伊藤 義徳,加藤 亮,平田 幸夫,吉野 明広
  • 分析化学 = Japan analyst 60(5), 419-426, 2011-05-05
  • … ポリビニル硫酸(PVS)とトルイジンブルー(TB)とのメタクロマジーとポリスチレンスルホン酸(PSS)とTBとのメタクロマジーについて,マイクロプレートを用いた目視法と紫外可視分光法で調べた.また,PSS-TBの会合系を軽水1H-NMR法によって調べた.その結果,TBを指示薬とする目視コロイド滴定においてPSSのメタクロマジーが終点で不明瞭である理由は,PSSのスチレン基に,芳香環を持つTBがπ-π相互作用でスタ …
  • NAID 10029140263

関連リンク

核、その他組織成分:青色. トルイジンブルー染色. アルシアンブルーpH 1.0. アル シアンブルーpH 1.0. 酸性ムコ多糖:青色 .... これらがトルイジンブルーな. どの塩基 性タール系色素に対し異調染色(メタクロマジー)を示すことを利用した染色方法です。 ...

関連画像

予定でゎ軟骨が青く、骨が赤く トルイジンブルーで染色した 肥満細胞腫トルイジンブルー染色にて  示す(トルイジンブルー染色 分化 トルイジンブルー染色


★リンクテーブル★
先読み染色法
リンク元肥満細胞」「塩基性色素」「好塩基性」「塩化トロニウム
拡張検索トルイジンブルー染色法
関連記事トル

染色法」

  [★]

種類 染色法 染色結果
塩基性色素 ヘマトキシリン
酸性色素 エオジン
色素 染色部位
電荷 種類 種類 電荷
塩基性色素 ヘマトキシリンアズール 好塩基性 核酸、リボソーム(rRNA)、硝子軟骨
酸性色素 エオジン 好酸性 膠原線維



バクテリア


肥満細胞」

  [★]

mast cell, mastocyte
マスト細胞
ヒスタミン好塩基球

形状

  • 20-30μm (HIS.101)
  • 細胞質に0.3-0.8μmの顆粒を含む

特徴

  • 顆粒は様々な生理活性物質を含む
ヘパリン(or コンドロイチン硫酸)、
ヒスタミン
中性プロテアーゼ(トリプターゼキマーゼカルボキシペプチダーゼ)
アリルスルファターゼ
その他
β-グルクロニダーゼ
キニノゲナーゼ
ペルオキシダーゼ
スーパーオキシドジスムターゼ
好酸球走化因子
好中球走化因子

由来

  • 骨髄の前駆細胞

染色像


臨床関連

  • 炎症(I型アレルギー)の引き金を引く細胞。喘息患者の気道平滑筋層に存在(健常人では存在しない(HIM. 1598)



塩基性色素」

  [★]

染色法
  • 酸性の成分と反応して染まる
  • 色素の液性は塩基性、と思われる

染色部位

  • 核(DNA)
  • 細胞質の酸性領域(密集したリボソームが存在する粗面小胞体(RNA) ex. 漿液腺細胞
  • 軟骨基質

染色法

青(紫)
  • トルイジンブルー


好塩基性」

  [★]

basophilic
[[]]
染色法
  • 塩基性の色素に染まりやすい性質


塩化トロニウム」

  [★]

tolonium chloride
トルイジンブルー

トルイジンブルー染色法」

  [★]

toluidine blue stain


トル」

  [★]

Torr
圧力
  • 圧力の単位。
1 torr ≒ 1 mmHg
(1) 760 mmHg = 101325.0144354 Pa
(2)
  1 torr = 1 atm(1気圧(標準大気圧)) / 760
  1 atm = 101325 Pa = 760 torr
 ∴ (1)と(2)はわずかに異なる。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡