トリパノソーマ症

出典: meddic

trypanosomiasis




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/08 14:59:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 吸血性サシガメ : シャーガス病(アメリカトリパノソーマ症) (特集 人に死を招く動物 : 人・昆虫・寄生虫)
  • 公衆衛生 = The journal of public health practice 81(2), 135-139, 2017-02
  • NAID 40021066779
  • ツェツェバエ : アフリカ睡眠病(アフリカトリパノソーマ症) (特集 人に死を招く動物 : 人・昆虫・寄生虫)
  • 公衆衛生 = The journal of public health practice 81(2), 129-134, 2017-02
  • NAID 40021066771
  • 原虫による感染症の検査・診断 : マラリア,アメリカトリパノソーマ症,赤痢アメーバ症,トキソプラズマ症 (今月の特集 見逃してはならない寄生虫疾患)

関連リンク

トリパノソーマ症(トリパノソーマしょう、trypanosomiasis)とは鞭毛虫類キネトプラスト門 トリパノソーマ属原虫の感染を原因とする疾病の総称。クルーズトリパノソーマ( Trypanosoma cruzi)感染を原因とするシャーガス病、ブルーストリパノソーマの1亜種 で ...
当然この地域の羊飼いたちもトリパノソーマ症にかかっていたと想像される。実際に 紀元前1800年頃のカフン・パピルスには現在のナガナ病とよく似た家畜の病気の記述 がある。しかしヒトのアフリカ睡眠病に関する文献はほとんどなく、ようやく12世紀シリア の ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元リンパ節腫脹」「輸入感染症」「全身リンパ節腫脹」「西アフリカトリパノソーマ症」「トリパノソーマ感染症
拡張検索アフリカトリパノソーマ症」「アメリカトリパノソーマ症」「Americanトリパノソーマ症」「東アフリカトリパノソーマ症
関連記事」「トリ」「トリパノソーマ

リンパ節腫脹」

  [★]

lymph node swelling
リンパ節リンパ節症リンパ節炎リンパ節生検
also see IMD. 395

定義

  • リンパ節が腫大した状態
  • 直径1cm以上。肘窩では0.5cm以上、鼡径部では1.5cm以上
  • 3cm以上は悪性腫瘍を疑う
  • 耳介前部リンパ節、上腕内側上顆リンパ節など、通常触知しない場所にある場合は小さくても有意な腫脹とする

分類

  • 全身性リンパ節腫脹
  • 局在性リンパ節腫脹

原因

  • 原因不明:29-64%
  • 感染症:18%
  • 腫瘍:0.8-1.1%(40歳以上:4%)

腫脹の分布

  • 局所性:75%
  • 頭頚部:55%
  • 鼡径:14%
  • 腋窩:5%
  • 鎖骨上:1%
  • 全身性:25%

体表から触知できるリンパ節

see 診察手技みえ p.62,125 BAT.238,392,475,483 N.68(頭頚部)
  • 頭頚部
  • 鎖骨上窩
  • 腋窩
  • 肘部(上腕骨内側上窩)
  • 鼡径部・大腿部
  • 膝窩

頭頚部 N.68,69

  • 頚静脈二腹筋リンパ節(下顎角直下のリンパ節)(N.69):化膿性扁桃炎
  • 耳介前リンパ節:流行性角結膜炎
  • 顎下リンパ節:口腔内・歯肉の炎症、舌癌
  • 後頚三角のリンパ節:甲状腺癌、咽頭癌などの転移、伝染性単核球症、悪性リンパ腫
  • 鎖骨上窩リンパ節:消化器癌の転移

全身リンパ節腫脹の原因

IRE.376改変

  • 感染性
  • 1.ウイルス性
  • 2.細菌性
  • 3.真菌性
  • 4.原虫・寄生虫性
  • [[]]
  • 非感染性
  • 1.腫瘍性
  • 2.アレルギー,自己免疫,その他


全身のリンパ節腫脹について

参考2
強皮症とクリプトコッカスは国試的にも全身リンパ節腫脹はしない!らしい。
  • 全身のリンパ節腫脹をきたす疾患を2つ選べ
解答形式 正答b,c
a 強皮症 
b 伝染性単核球症 
c トキソプラズマ症 
d クリプトコッカス症 
e 糖尿病 

参考

  • 1. [charged] Evaluation of peripheral lymphadenopathy in adults - uptodate [1]
  • 2. 血液内科 - 順天堂大学
[display]http://www.juntendo-hematology.org/stu6_01.html



輸入感染症」

  [★]

afferent infection disease, imported infectious disease
旅行者感染症?、輸入伝染病 imported communicable disease


定義

  • 日本に存在しない伝染病が旅行者や輸入食品などによって国内に持ち込まれたもの

↓拡張

  • 過去に日本で存在したが激減した急性伝染病、性感染症を含む。

疫学

  • 旅行者下痢症(30-80%)、マラリア、急性呼吸感染症、消化器感染症、性感染症

輸入感染症

テーブルが載っている
症状 潜伏期間 主な疾患
下痢(±発熱) 短い(1週間以内) 細菌性赤痢コレラ旅行者下痢症
比較的長い・長い(1~2週間またはそれ以上) アメーバ赤痢ランブル鞭毛虫症ジアルジア症)、クリプトスポリジウム症回虫症鉤虫症糞線虫症条虫症住血吸虫症
発熱(±発疹) 短い(1週間以内) デング熱黄熱紅斑熱ペストサルモネラ症
比較的長い(1~2週間) ウイルス性出血熱ラッサ熱エボラ出血熱マールブルグ病など)日本脳炎急性灰白髄炎ポリオ)、ツツガ虫病腸チフスパラチフスブルセラ症マラリアトリパノソーマ症アフリカ睡眠病シャーガス病
長い(2週間以上) 各種肝炎(A,B,C,E型)、マラリア熱帯熱マラリア以外)、アメーバ性肝膿瘍カラアザール内臓リーシュマニア症
発疹(+発熱) 短い(1週間以内) デング熱紅斑熱
比較的短い(1~2週間) ウイルス性出血熱ツツガ虫病腸チフスパラチフス
皮膚炎/移動性皮膚腫瘤 皮膚リーシュマニア症オンコセルカ症鉤虫症顎口虫症旋毛虫


全身リンパ節腫脹」

  [★]

リンパ節腫脹

全身リンパ節腫脹

IRE.376改変
全身のリンパ節で免疫反応が起こるために生じる。
細胞内寄生する病原体で多い傾向。スピロヘータ感染症も全身の免疫反応が起こる。
  • 感染性
  • 非感染性


西アフリカトリパノソーマ症」

  [★]

West African trypanosomiasis
トリパノソーマ症


トリパノソーマ感染症」

  [★]

trypanosomiasis
トリパノソーマ症


アフリカトリパノソーマ症」

  [★]

African trypanosomiasis
トリパノソーマアメリカトリパノソーマ症



アメリカトリパノソーマ症」

  [★]

American trypanosomiasis
シャーガス病Americanトリパノソーマ症


Americanトリパノソーマ症」

  [★]

American trypanosomiasis
アメリカトリパノソーマ症


東アフリカトリパノソーマ症」

  [★]

East African trypanosomiasis


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


トリ」

  [★]

birdavian
鳥類


トリパノソーマ」

  [★] トリパノソーマ属




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡