デメクロサイクリン

出典: meddic

デメチルクロルテトラサイクリン

和文文献

  • ヒト歯肉由来培養線維芽細胞におけるテトラサイクリン系抗生物質の染色体異常誘導能
  • 六川 彰,筒井 健機
  • 日本歯周病学会会誌 39(3), 338-347, 1997-09-28
  • … テトラサイクリン系抗生物質(TCs)の安全性を遺伝毒性の面から検討する目的で,ヒト歯肉由来培養線維芽細胞(HFG/MS細胞)にテトラサイクリン(TC),クロルテトラサイクリン(CTC),デメクロサイクリン(DMC),ミノサイクリン(MINO)を作用させ,染色体異常誘導能を調べた。 …
  • NAID 110004726208
  • ヒト歯肉由来培養ケラチノサイトへのテトラサイクリン系抗生物質およびピリドンカルボン酸系合成抗菌剤の影響
  • 小嶋 憲,田中 ゆり子,松戸 裕子,筒井 健機
  • 日本歯周病学会会誌 38(4), 465-476, 1996-12-28
  • … 中性赤の取り込みを50%減少させる各テトラサイクリン濃度を比較したところ,デメクロサイクリン,ミノサイクリン,テトラサイクリンの細胞毒性は,クロルテトラサイクリンのそれぞれ37.8倍,23.0倍,12.1倍であった。 …
  • NAID 110004726168

関連リンク

ただし、これまではSIADHに直接的な効果を有する薬剤がなく、抗菌薬のデメクロサイクリン(商品名:レダマイシン)や抗てんかん薬のジフェニルヒダントイン(商品名:フェニトイン)などが用いられてきたが、効果としては ...
厳格な水分制限を患者が受容できないときには,デメクロサイクリン(300〜600mg,12時間毎)が有用となることがあるが,デメクロサイクリンが急性腎不全を引き起こす恐れがある;薬物が中止 ...
TOP> No.4403(2008年9月13日発行)> SIADHへのデメクロサイクリン投与 【 質疑応答 】 掲載:No.4403 2008年9月13日発行 SIADHへのデメクロサイクリン投与 東京医科歯科大学内分泌・糖尿病・代謝内科 三宅敦子 平田結喜緒 【Q ...

関連画像

SIADH (syndrome of inappropriate secretion 組成式 : C21H21ClN2O8. HCl 分子量 図5. オキシテトラサイクリンコラーゲンおよびMMPIを 図4. ドキシサイクリン図3. デメクロサイクリン


★リンクテーブル★
リンク元抗利尿ホルモン不適合分泌症候群」「多尿」「デメチルクロルテトラサイクリン」「demeclocycline
関連記事リン

抗利尿ホルモン不適合分泌症候群」

  [★]

syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone, (国試)SIADH
syndrome of inappropriate secretion of antidiuresis, SIAD
抗利尿ホルモン不適合分泌ADH不適合分泌症候群 inappropriate antidiuretic hormone secretion inappropriate secretion of antidiuretic hormone syndrome inappropriate ADH syndrome IADHS、シュワルツ・バーター症候群 Schwartz-Bartter syndrome。抗利尿ホルモン分泌異常症。不適切ADH分泌症候群
syndrome of inappropriate ADHsyndrome of inappropriate ADH secretionsyndrome of inappropriate antidiuretic hormonesyndrome of inappropriate antidiuretic hormone secretionsyndrome of inappropriate diuresissyndrome of inappropriate secretion of ADHsyndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone
バソプレシン AVP


病因

  • 抗利尿ホルモンの不適切な分泌。
  • 1. 抗利尿ホルモンが分泌される血漿浸透圧の閾値が異常となっている ← セットポイントの異常
  • 2. 何らかの原因によって、恒常的に抗利尿ホルモンが分泌されている

HIM.2222改変

  • 悪性腫瘍
  • 癌腫:肺、十二指腸、膵臓、卵巣、膀胱・尿路系
  • その他:胸腺腫、中皮腫、気管支腺腫、カルチノイド、gangliocytoma、ユーイング肉腫
  • 頭部外傷
  • 感染症
  • 血管障害
  • 神経疾患
  • 先天奇形
  • 代謝異常
  • 薬剤性

病態生理

なぜ、waterのreabsorptionが増えるにもかかわらず、血圧が上昇しないの?
HIM.2222
  • 何らかの原因による不適切な抗利尿ホルモンの分泌 → 水の過剰な保持 →
1. → 細胞外液の増加 → (1)糸球体濾過量の増加と心房性利尿ペプチドの分泌、(2)レニン活性の抑制(supresses plasma renin activity)、(3)尿ナトリウム排泄の増加
細胞外液の増加を相殺しているが、その代償としてナトリウムを喪失し、低ナトリウム血症の増悪に繋がっている。 ← このために血圧は正常で、浮腫も起きないし、体液量も増えないと。
2. → 低ナトリウム血症 → 脳を含めた全身の細胞内液の増加 → 頭蓋内圧が亢進 → 急性水中毒症状
2-3日で脳の組織から水が排除されて症状が寛解する。
上記メカニズムに追加。
3. 1.の通り、循環血漿量の増加を招き、RAA系抑制などが起こる → 近位尿細管でのNa、水吸収低下(近位尿細管でのNa再吸収にはアンジオテンシンIIが関与) → 尿酸の再吸収低下、尿排泄増加(近位尿細管での挙動はNa、水と同じ、らしい) → 低尿酸血症

症状

低ナトリウム血症に基づくもの
尿量は変化がない  ←  水の再吸収が亢進しているため??

検査

診断基準

  • 1.低ナトリウム血症:血清ナトリウム濃度は135mEq/Lを下回る。
  • 2.血漿バゾプレシン値:血清ナトリウムが135mEq/L未満で、血漿バゾプレシソ値が測定感度以上である。
  • 3.低浸透圧血症:血漿浸透圧は280mOsm/kgを下回る。 ← 基準値:275-295 mOsmol/kg serum water(HIM.A)
  • 4.高張尿:尿浸透圧は300mOsm/kgを上回る。 ← 基準値:50-1200 mOsm/l (QB) , 500-800 mOsmol/kg water(HIM.A)
  • 5.ナトリウム利尿の持続:尿中ナトリウム濃度は20mEq/L以上である。
  • 6.腎機能正常:血清クレアチニンは1.2mg/dl以下である。
  • 7.副腎皮質機能正常:早朝空腹時の血清コルチゾールは6μg/dl以上である。

鑑別診断

  • 低ナトリウム血症を呈する疾患・病態を除外する

治療

参考1
  • 1.根治療   : 原疾患の治療を行う。
  • 2.水分摂取制限: 1日の総水分摂取量を体重1 kg当り15~20 mlに制限する。
  • 3.Na摂取   :食塩を経口的または非経口的に1日200 mEq以上投与する。
  • 4. 自由水排泄 :重症低ナトリウム血症(120 mEq/L以下)で中枢神経系症状を伴うなど速やかな治療を必要とする場合はフロセミドを随時10~20 mg静脈内に投与し、尿中ナトリウム排泄量に相当する3%食塩水を投与する。その際、橋中心髄鞘崩壊を防止するために1日の血清ナトリウム濃度上昇は10 mEq/L以下とする。
  • 5.ADH拮抗阻害薬:異所性バゾプレシン産生腫瘍に原因し、既存の治療で効果不十分な場合に限り、成人にはモザバプタン塩酸塩錠(30 mg)を1日1回1錠食後に経口投与する。投与開始3日間で有効性が認められた場合に限り、引き続き7日間まで継続投与することができる。
  • 6.ADH拮抗阻害薬:デメクロサイクリンを1日600~1,200 mg経口投与する。
注意:急速な低Na血症の補正は橋中心髄鞘崩壊 CPMをきたす。
ADH拮抗薬としては抗菌薬のデメクロサイクリン(レダマイシン)や抗てんかん薬ジフェニルヒダントイン(フェニトイン)が使われることがあった

参考

  • 診療と治療の手引き
http://square.umin.ac.jp/endocrine/tebiki/001/001008.pdf

国試



不適切ADH分泌症候群


多尿」

  [★]

polyuria
尿量

定義

  • 3,000 mL/dayを超える場合 ← 文献は?
  • 1日の尿量が2500mlを越える病態 (YN.E-5)
  • 24時間尿量が40ml/kg以上 (参考1)

病因

OLM.17 YN.E-5
  • 等張性利尿:
  • 高張の原尿による:
  • 糸球体の疾患 → 
  • 低張性利尿:
  • 電解質異常
  • 腎尿細管障害
  • その他

標準的な尿量

  • 男性:1500 mL/day
  • 女性:1200 mL/day

参考

  • 1.
夜間多尿、夜間頻尿についての講演内容
[display]http://www.kanazawa-med.ac.jp/~urol/lecture.pdf



デメチルクロルテトラサイクリン」

  [★]

demethylchlortetracycline DMCTC
demethylchlortetracyclinum
塩酸デメチルクロルテトラサイクリン demethylchlortetracycline hydrochloride
デメクロサイクリン demeclocycline
レダマイシンDeclomycin
テトラサイクリン系抗菌薬SIADH
[show details]


特徴

  • ADH antagonist; acts as a diuretic in SIADH

構造


demeclocycline」

  [★] デメクロサイクリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡