デブリドマン

出典: meddic

debridement
壊死組織除去創傷郭清


debridement

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/21 06:33:53」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 壊死性筋膜炎 (特集 知っておきたい,見落としやすい,危険な感染症)
  • Fournier症候群 (特集 知っておきたい,見落としやすい,危険な感染症)

関連リンク

略して「デブリ」、あるいはデブリドマン、デブリードメントとも呼ばれる。感染、壊死組織は 正常な肉芽組織の成長の妨げとなるため、デブリードマンは創傷外科治癒の原則である 。ただし、主要な神経、血管、腱に対するデブリードマンは一般に禁忌となる。 ...

関連画像

治療 開始 前 腰痛 麻酔 スライド6第1土曜特集 創傷治療の最前線 in 1998 an otherwise healthy twenty three デブリードマン,hydrosurgery ②8 週間 後


★リンクテーブル★
国試過去問108F029」「108B056」「099F021」「101G057」「103D036」「100D024」「100G069」「101C042」「102G038
リンク元デブリードマン」「開放創」「創傷郭清」「病巣清掃術」「壊死組織切除
拡張検索関節デブリドマン
関連記事デブリ

108F029」

  [★]

  • 次の文を読み、 28、 29の問いに答えよ。
  • 44歳の男性。右下腿の腫脹を主訴に来院した。
  • 現病歴: 3か月前に右踵部に、ささくれたような傷ができたことに気付いた。市販の軟膏を塗っていたが創は次第に大きくなってきた。 1か月前に自宅近くの医療機関を受診し、外用薬を処方され塗布していた。その後 2週に一度、創部処置のため通院していたが、 7日前から創部の臭気が強くなり軽度の発熱を認めた。 2日前から右下腿が腫脹し疼痛を伴い、全身倦怠感が強くなったため受診した。
  • 既往歴: 24歳から高血糖を指摘され、 30歳から投薬を受けていた。 40歳から通院しなくなっていた。
  • 生活歴:喫煙は 40歳まで 10本/日を 20年間。 4年前から禁煙している。
  • 家族歴:父親が糖尿病。
  • 現症:意識は清明。身長 165 cm、体重 55 kg。体温 38.5℃。呼吸数 22/分。脈拍 72/分、整。眼瞼結膜は軽度貧血様だが、眼球結膜に黄染は認めない。口唇と舌は乾燥している。心雑音は聴取しない。右肋骨弓下に肝を 2 cm触知する。右鼠径部に圧痛を伴う径 1 cmのリンパ節を複数個触れる。膝蓋骨上端より 10 cm近位の大腿周径は右 38 cm、左 37.5 cm。膝蓋骨下端より 10 cm遠位の下腿周径は右 36 cm、左33 cm。右膝窩動脈は触知するが、右足背動脈、右後脛骨動脈は触知しない。右下腿に紅斑と腫脹があり、熱感を伴う。両側足底の感覚鈍麻を認める。両下腿の写真 (別冊 No.2A)を別に示す。
  • 検査所見:尿所見:蛋白 1+、糖 2+、ケトン体 (-)。血液所見:赤血球 428万、Hb 10.9 g/dl、Ht 35%、白血球 12,200(桿状核好中球 18%、分葉核好中球 64%、単球 4%、リンパ球 12% )、血小板 29万、 PT 77% (基準 80~120)。血液生化学所見: CK 175 IU/l(基準 30~140)、尿素窒素 7 mg/dl、クレアチニン 0.5 mg/dl、血糖 323 mg/dl、HbA1c(NGSP) 8.8% (基準 4.6~6.2)。 CRP 13 mg/dl。下腿造影 CT(別冊 No.2B)を別に示す
  • 対応として最も適切なのはどれか。
  • a 縫合
  • b デブリドマン
  • c ワセリン塗布
  • d 免疫グロブリン製剤静注
  • e 長時間作用型インスリン皮下注



[正答]


※国試ナビ4※ 108F028]←[国試_108]→[108F030

108B056」

  [★]

  • 次の文を読み、 56~ 58の問いに答えよ。
  • 60歳の男性。オートバイで転倒したため搬入された。
  • 現病歴: 2時間前、オートバイで走行中に転倒し大腿部を挟まれた。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識レベルは JCSI-3。身長 160 cm、体重 60 kg。体温 35.5℃。脈拍 120/分、整。血圧 80/50 mmHg。呼吸数 24/分。 SpO2 98% (リザーバー付マスク 10 l/分酸素投与下 )。表情は苦悶様で左大腿部の痛みを訴えている。顔面は蒼白で、皮膚は冷たく湿潤している。心音と呼吸音とに異常を認めない。左大腿部に挫滅創と活動性外出血とを認め、骨が露出している。濃い尿を少量認める。
  • 検査所見:尿所見:比重 1.030、蛋白 (-)、糖 (-)。血液所見:赤血球 250万、Hb 7.0 g/dl、Ht 21%、白血球 13,000(桿状核好中球 6%、分葉核好中球 70%、単球 4%、リンパ球 20% )、血小板 4.5万、 PT 20秒 (基準 10~14)、 APTT 50秒 (基準対照 32.2)。血液生化学所見:総蛋白 5.0 g/dl、アルブミン 3.0 g/dl、尿素窒素20 mg/dl、クレアチニン 0.9 mg/dl、血糖 120 mg/dl、Na 145 mEq/l、K 5.0 mEq/l、Cl 109 mEq/l。下肢エックス線写真で左大腿骨骨折と左脛骨骨折とを認める。胸部エックス線写真と全身 CTで下肢を除いて異常を認めない。左大腿骨開放骨折に対し、赤血球濃厚液新鮮凍結血漿および濃厚血小板を準備し、止血、デブリドマン及び骨整復固定術が予定された。急速輸液を行った。
  • 輸液の組成として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108B055]←[国試_108]→[108B057

099F021」

  [★]

  • 76歳の男性。高熱を主訴に来院した。
  • Parkinson病で日常生活動作(ADL)が低下していたが、3日前から黄色の喀痰が増加し、前日からは高熱が出てほとんど動かなくなった。肺炎のため当日入院した。ペニシリン系抗菌薬による治療を開始して、肺炎の症状は改善した。入院時に発赤がみられた仙骨部の皮膚が、入院5日目の清拭時に径3cm大で黒褐色に変色し、周辺部に腫脹と熱感とを伴うようになってきた。
  • この病変部の治療として最も重要なのはどれか。
  • a. 洗浄
  • b. 消毒
  • c. デブリドマン
  • d. 外用抗菌薬塗布
  • e. 経口抗菌薬の変更
[正答]


※国試ナビ4※ 099F020]←[国試_099]→[099F022

101G057」

  [★]

  • 45歳の男性。開口障害を主訴に来院した。10日前に農道をバイクで走行中、転倒した。右下腿に5cm程度の圧挫創を認め救急病院で縫合処置を受けた。抗菌薬を処方され、その後は自宅で加療していた。一昨日から舌がもつれ、開口障害と嚥下障害とが出現した。意識は清明。顔貌はやや苦悶様。右下腿の創汚染がみられる。
  • 処置として適切でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101G056]←[国試_101]→[101G058

103D036」

  [★]

  • 74歳の男性。腰部の皮疹のため搬入された。2か月前から脳梗塞のため他院に入院していた。1か月前に右大転子部に紅斑が生じたが放置していた。2週前から急速に潰瘍化し黒色に変色してきた。右大転子部の写真を以下に示す。
  • まず行うのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103D035]←[国試_103]→[103D037

100D024」

  [★]

  • 44歳の男性。右足の潰瘍の悪化を主訴に来院した。7年前に糖尿病を指摘されている。3年前に靴ずれのあとが潰瘍化し、滲出液が出るようになった。来院3日前から潰瘍が急速に拡大し、痂皮が付着し悪臭を放っている。右足の写真を以下に示す。
  • まず行う処置はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100D023]←[国試_100]→[100D025

100G069」

  [★]

  • a. 死腔(dead space)は創傷治癒遷延の原因となる。
  • b. 壊死組織デブリドマンは創傷治癒を遅らせる。
  • c. 開放創の洗浄に生理食塩液は用いない。
  • d. 創の感染には組織の血行は関係がない。
  • e. 感染創は縫合して一次治癒とする。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G068]←[国試_100]→[100G070

101C042」

  [★]

  • 褥瘡への対応で正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101C041]←[国試_101]→[101C043

102G038」

  [★]

  • 広範な軟部組織の挫滅を伴う開放骨折の治療で適切なのはどれか。2つ選べ。
[正答]
※国試ナビ4※ 102G037]←[国試_102]→[102G039

デブリードマン」

  [★]

debridement
壊死組織切除病巣清掃術デブリドマン創傷郭清創傷清拭
[show details]



開放創」

  [★]

open wound
  • 受傷から創処理までの時間が6-8時間
  • 創を一次閉鎖してよい
  • 創面が不整な場合はデブリドマンを行う。



創傷郭清」

  [★]

debridement
壊死組織切除、病巣清・術、デブリードマンデブリドマン


病巣清掃術」

  [★]

debridement
壊死組織切除デブリードマンデブリドマン創傷郭清


壊死組織切除」

  [★]

debridement
病巣清・術、デブリードマンデブリドマン創傷郭清


関節デブリドマン」

  [★]

joint debridement


デブリ」

  [★]

debris
壊死組織片細片残骸
-debris




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミトコンドリア脳筋症 199
2グラム陽性桿菌 81
3ホーマンズ徴候 72
4日常生活自立度 69
5ジギタリス中毒 62
628歳の男性。昏睡状態で救急車にて来院した。糖尿病のためインスリンの自己注射を行っていたが、感冒をきっかけに食欲が低下し、2日前よりインスリン注射を中止していた。 62
7多毛 55
8デキサート 39
9高アンモニア血症 34
10抗jo-1抗体とは 30
11content 28
12先天性骨形成不全症 28
13連合弛緩 25
14日本母亲多毛 23
15ベックの三徴 22
16ミトコンドリア心筋症 21
17毛細血管再充満時間 20
18ニコルスキー現象 19
19筋区画 18
20メトクロプラミド試験 18

昨日の人気記事
 タイトル表示
1先天性骨形成不全症 28
27ヶ月 胎児 心拍数 17
3ロキシスロマイシン 酒 16
4ڃwjA ʐ^ 15
5オレイン酸 副作用 14
6デキサート 10
7meddic 内耳炎 9
828歳の男性。昏睡状態で救急車にて来院した。糖尿病のためインスリンの自己注射を行っていたが、感冒をきっかけに食欲が低下し、2日前よりインスリン注射を中止していた。 9
9ホーマンズ徴候 9
10日常生活自立度 9
11アミロイドアンギオパチー 診断基準 8
12グラム陽性桿菌 8
13シゲラ属 8
14ニューロキニンB ダイノルフィン 8
15硝子体液 7
16acth負荷試験 基準値 7
17シャント手術 化膿性髄膜炎 7
18湿性壊疽 7
19脳動脈瘤 好発部位 6
20生殖器 6