デオキシウリジン

出典: meddic

deoxyuridine, dU


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/25 11:06:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 保存細胞に与えるディメチルスルフォキサイド (DMSO)の細胞保護剤としての安全性および安定性
  • 5-FU との併用療法を目指すヒトデオキシウリジントリホスファターゼ阻害剤の開発
  • 岐阜薬科大学紀要  = The annual proceedings of Gifu Pharmaceutical University 62, 48-56, 2013-06-30
  • NAID 120005564598
  • 発蛍光試薬によるDNA酸化損傷 5-ホルミルー2'-デオキシウリジン 選択的検出法の開発

関連リンク

デオキシウリジン ( 英:Deoxyuridine)は、 化合物 であり、 ヌクレオシド である。デオキシウリジンは、化学構造がウリジンに似ているが2’-ヒドロキシ基はない。 イドクスウリジンやトリフルリジンは、 抗ウイルス剤 として利用 ...
ChemicalBook あなたのために2'-デオキシウリジン(951-78-0)の化学的性質を提供して、融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質、毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更に2 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元deoxyuridine
拡張検索5-フルオロデオキシウリジン」「ブロモデオキシウリジン」「5-ブロモ-2'-デオキシウリジン
関連記事リジン」「ウリジン

deoxyuridine」

  [★]

デオキシウリジン


5-フルオロデオキシウリジン」

  [★]

5-fluorodeoxyuridine, FUdR
フロクスウリジン floxuridine, 5-フルオロデオキシウリジン 5-fluoro-2′-deoxyuridine 5-FUdR


  • 抗悪性腫瘍薬



ブロモデオキシウリジン」

  [★]

bromodeoxyuridineBrdU
ブロクスウリジン
  • DNA前駆物質


5-ブロモ-2'-デオキシウリジン」

  [★] ブロクスウリジン


リジン」

  [★]

lysine, Lys, K ≠ ricin
リシン
アミノ酸アルギニンヒスチジン
  • 極性、塩基性
  • 側鎖
 -CH2-CH2-CH2-CH2-NH2
   α  β  γ  ε >εアミノ基を有する。即ち、側鎖には炭素が4つ含まれる。
  • ヒストンにLysが豊富なこと、Lysのεアミノ基がアセチル化を受けると正電荷が失われる。-NH-CO-CH3




ウリジン」

  [★]

uridine Urd
ウラシル






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡