テント髄膜腫

出典: meddic


tentorial meningioma

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 Clear cell meningioma 再発を繰り返すテント髄膜腫
  • 宇野 淳二,魏 秀復,西尾 俊嗣
  • 臨床放射線 48(10), 1213-1217, 2003-10
  • NAID 40005989319
  • テント髄膜腫に合併した脊髄空洞症の1例

関連リンク

... とはちがって遅いということと、転移しないという意味です。まれに急速に大きくなる ものも存在し、これらは悪性髄膜腫といわれ、転移することもあります。 ... 4)テント髄膜 腫. 大脳と小脳や脳幹を隔てるようにしてテントという膜がありこれにできる髄膜腫です。
テント髄膜腫. 大脳、小脳を隔てている髄膜(テント)に生じたものです。小. 脳は平衡 感覚や運動の調整にかかわっているため、平衡感覚の. 障害などが起こることが あります。 小脳橋角部髄膜腫. 小脳と脳幹の間に生じ、聴力障害、顔のしびれ、顔面の 麻痺、目 ...

関連画像

小脳テント髄膜腫脳腫瘍(テント髄膜腫 造影像 脳腫瘍(テント髄膜腫 造影像 蝶形骨平面髄膜腫 planum テント下(後頭蓋窩)髄膜腫大脳鎌テント接合部髄膜腫


★リンクテーブル★
リンク元tentorial meningioma
関連記事髄膜腫」「髄膜」「

tentorial meningioma」

  [★]

テント髄膜腫


髄膜腫」

  [★]

meningioma
メニンジオーマ
脳腫瘍

概念

  • クモ膜細胞に由来し、ゆっくり増殖する良性脳腫瘍。

疫学

  • 40-60歳
  • 男:女=3:1

分類

部位

悪性度

病理

  • 腫瘍細胞のシート状、渦巻き状に配列。壊死巣や核分裂像はほとんど見られない。(SCN.230)
  • 22番染色体長腕の腫瘍抑制遺伝子の欠損・変異によって生じる。
  • 血管に富んでおり、造影CT,MRIで均一、強く造影される。

検査

  • 頭部単純X線写真:頭蓋骨内板の骨肥厚・骨破壊、頭蓋骨の硬膜血管溝拡大、腫瘍の一部石灰化が少なからず見られる(SCN.179)
  • CT:境界明瞭な高度吸収域。(造影CT)均一かつ著明に増強
  • MRI:(T1)やや低信号、(T2)高信号、(造影)均一にに増強。腫瘍付着部硬膜に線状の増強効果(dural tail sign)。
[show details] [show details]

治療

  • 外科手術:腫瘍は骨・硬膜に浸潤していることが多いが全摘を目指すが、重要な組織に付着した腫瘍は残す。
  • 術中の出血量を減らすために外頚動脈系の栄養動脈 feeding arteryを塞栓することがある。
  • 放射線・ガンマナイフ:残存例、悪性度の高い髄膜腫
  • × 化学療法、放射線療法は感受性が低くほぼ無効。

参考

  • 1.
[display]http://www.ebm.jp/disease/brain/07noshuyo2/guide.html
  • 2. 治療法 - フローチャート
[display]http://www.gsic.jp/cancer/cc_19/hc/cc_19_021.html

国試




髄膜」

  [★]

meninx, meninges (M)
脳脊髄膜



腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡