テトラガストリン

出典: meddic

tetragastrinCCK-4
コレシストキニン-4



和文文献

  • Ranitidine 低用量投与時の胃内pHの変動 : テトラガストリン刺激に対して
  • 内田 英二,内田 直樹,保田 国伸,嶋田 顕,濱田 健司,加藤 博則,森岡 大地,深澤 一郎,南雲 晃彦,小口 勝司,安原 一
  • 臨床薬理 = JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS 27(2), 453-464, 1996-06-30
  • NAID 10013850034
  • 実測値に基づいたヒト胃液のpHと滴定酸度の関係
  • 瀬川 昂生,有沢 富康,丹羽 康正,加藤 忠,塚本 純久,後藤 秀実,早川 哲夫,中澤 三郎
  • 日本消化器病学会雑誌 91(4), 849-853, 1994
  • … 入院および外来の患者,延べ387名より胃管にて空腹時に有管法にて分画採取した基礎およびテトラガストリン刺激後のpH0.95からpH6.9までの標本,3206検体を用いて胃液のpHと滴定酸度(mEq/l)との関係について検討した.一定のpHに対応する滴定酸度は一定した値ではなく,かつその変動幅はpHが高いほど大であったが,pHが高くなるとともに酸度は全体として低下し,pH(X)と滴定酸度(Y)との関係の近似式(Y=369.19-424.09X+203.66X<SU …
  • NAID 130001070894

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元CCK-4」「コレシストキニン-4
関連記事ガストリン」「リン」「トリ」「ガス

CCK-4」

  [★]

テトラガストリンコレシストキニン-4

cholecystokinin 4tetragastrin


コレシストキニン-4」

  [★]

cholecystokinin 4CCK-4
テトラガストリン


ガストリン」

  [★]

gastrin
消化管ホルモン

概念

  • 胃粘膜に存在し胃酸分泌を刺激する消化管ホルモンの代表で、胃分泌の胃相を司る情報伝達物質。

分類

性状

  • ポリペプチド 17aa

産生組織

標的組織

受容体

作用

  • 食道のLES:収縮 (SP.720)
  • 胃の壁細胞:H+分泌↑
  • 粘液産生細胞:粘液層増強 (First Aid step 1 p.269)
  • 腸クロム親和性細胞からのヒスタミンの放出 (Q book p.103)
  • 主細胞からのペプシノゲン分泌 (Q book p.103)
  • 胃:運動性↑ (First Aid step 1 p.269)。血流↑ (Q book p.103)
  • (胆汁の分泌に関して?)胆嚢を収縮させる。作用は弱い (SP.706)

分泌の調節

YN.A-11

  • 胃の拡張
  • アミノ酸・ペプチド

分子機構

生合成

基準値

  • 血清ガストリン濃度:30-150pg/ml

判別

  • 150-1000:鑑別試験が必要。
  • 1000以上:ガストリノーマが疑わしい

臨床関連




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





トリ」

  [★]

birdavian
鳥類


ガス」

  [★]

gas
気体




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ミタゾラム 効果 16
3pud 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 12
6多毛日本 12
7user/password 10
8cefpodoxime proxetil BCS 8
9user/register 8
10prolapse of uterus 7
11日常生活自立度 7
121,320,568,24 HTTP/1.1 7
13盲斑 6
14ルリッシュ症候群 5
15サイズの原理 筋電図 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17脳卒中リハ 阻害因子 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20Salivary glands 5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛日本 12
2cefpodoxime proxetil BCS 8
3盲斑 6
4user/password 6
5?mesterolon? Britain 4
6メトロイリーゼ 4
7?testosterone decanoate? Britain 4
8?mesterolon? Europe 4
9?mesterolon? Germany 4
10心筋の活動電位 3
11握雪音 3
12?mesterolon? Australia 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 2
14バンコマイシン レッドマン症候群 2
15?mesterolon? America 2
161回拍出量 2
17グラム陽性桿菌 2
18流動モザイクモデル 2
19アズール顆粒 2
20ウレアーゼ・インドフェノール法 2