タンニン酸

出典: meddic

tannic acid
acidum tannicum


  • 止瀉薬の成分
  • 単体では胃粘膜に収斂作用を及ぼし、食欲減退、消化不良を招く (SPC.311)

薬物


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/19 17:43:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • P-82 タンニン酸によるI型コラーゲンの強化と象牙質接着性への影響(接着,一般講演(ポスター発表),第65回日本歯科理工学会学術講演会)
  • Streptococcus gallolyticus subsp. gallolyticusが分離さ れた黒毛和種繁殖牛の壊疽性乳房炎
  • 硫酸アルミニウムカリウム・タンニン酸(ALTA)療法における乙字湯の併用効果

関連リンク

タンニン・タンニン酸の成分情報です。タンニン・タンニン酸とは?タンニン・タンニン酸の働きや効果・効能などタンニン・タンニン酸に関する情報を詳しくご紹介します。わかさの秘密はわかさ生活が提供する成分情報サイトです。
品 名(名 称) 基原・製法・本質 柿タンニン カキ科カキ(Diospyros kaki THUNB.)の実より、搾汁したもの、又は水若しくはエタノールで抽出して得られたものである。主成分はタンニン及びタンニン酸である。 栗皮タンニン

関連画像

規格 500g 缶 1g 中 タンニン 酸 なる アトピー には タンニン タンニン酸(英: tannic acid)は タンニン酸アルブミン原末 包装 容器 500g ポリ袋 丸 缶 タンニン 酸 は 一般 に は 黄色

添付文書

薬効分類名

  • 止瀉剤

販売名

タンニン酸アルブミン

組成

  • 本品1g中 日局タンニン酸アルブミン1g含有。
    本品はタンニン酸とたん白質との化合物である。
    たん白質は乳性カゼインである。

禁忌

出血性大腸炎の患者

  • [腸管出血性大腸菌(O157等)や赤痢菌等の重篤な細菌性下痢患者では、症状の悪化、治療期間の延長をきたすおそれがある。]

牛乳アレルギーのある患者

  • [ショックまたはアナフィラキシー様症状を起こすことがある。]

本剤に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 下痢症
  • タンニン酸アルブミンとして、通常、成人1日3〜4gを3〜4回に分割経口投与する。なお年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 肝障害のある患者[肝障害を悪化させるおそれがある。]

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状

(頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシー様症状を起こすことがあるので、観察を十分に行い、呼吸困難、蕁麻疹、顔面浮腫等の過敏症状あるいは気管支喘息発作等の症状が発現した場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
リンク元ジオン」「タンニン酸製剤」「ロートエキス・タンニン
拡張検索ロートエキス・タンニン酸合剤」「タンニン酸処理赤血球凝集反応」「タンニン酸ベルベリン」「タンニン酸軟膏」「タンニン酸ジフェンヒドラミン
関連記事

ジオン」

  [★]

dione
内痔核
  • 内痔核硬化療法剤

硫酸アルミニウムカリウム水和物、タンニン酸


タンニン酸製剤」

  [★]

tannic acid preparations
タンニン酸


ロートエキス・タンニン」

  [★] タンニン酸ロートエキス

ロートエキス・タンニン酸合剤」

  [★]

scopolia and tannic acid
ロートエキス・タンニン


タンニン酸処理赤血球凝集反応」

  [★]

tanned red cell hemagglutination, TRCH


タンニン酸ベルベリン」

  [★]

berberine tannate
ベルベリン


タンニン酸軟膏」

  [★]

tannic acid ointment


タンニン酸ジフェンヒドラミン」

  [★] ジフェンヒドラミン

酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡