セリンプロテアーゼ

出典: meddic

[[]]
serine protease
[[]]



serine protease

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/15 17:02:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Industrial Info. 腎・高血圧疾患治療におけるセリンプロテアーゼ阻害薬の可能性
  • 森永 潤,實吉 拓,酒井 芳紀 [他]
  • 細胞 44(5), 231-237, 2012-05
  • NAID 40019336368
  • アトピー性皮膚炎の新しい病因論--バリア機能異常の意義付け (特集 アトピー性皮膚炎の病態と治療 アップデート)
  • 波多野 豊
  • アレルギ-・免疫 18(10), 1448-1457, 2011-10
  • NAID 40018996752

関連リンク

セリンプロテアーゼ (Serine Protease) とは触媒残基として求核攻撃を行うセリン残基を もつプロテアーゼ(タンパク質分解酵素)のこと。EC[3.4.21.-]。多くは触媒残基として セリン (Serine, Ser)、ヒスチジン (Histidine, His)、アスパラギン酸 (Aspartic acid, Asp) ...
私たちの研究室では環境や情報刺激に対する細胞応答の中でセリンプロテアーゼが 重要な役割をしていることを証明しようと研究を続けてきました。 なぜプロテアーゼを 選ぶのかという理由については後でご説明します。私たちの研究は基礎研究ですので、 ここ ...

関連画像

図4-23 中性子を用いて観測 セリンプロテアーゼ阻害剤添加http://www.pssj.jp/archives/Art_Lec/Serpin http://image.astamuse.com/image/JP/2010 http://astamuse.com/drawing/JP/2013/508 http://www.naro.affrc.go.jp/brain/kisoken


★リンクテーブル★
リンク元前立腺特異抗原」「アンチトロンビンIII」「α1アンチトリプシン」「キモトリプシン」「プロトロンビン
拡張検索マンノース結合タンパク質関連セリンプロテアーゼ」「MBP関連セリンプロテアーゼ」「セリンプロテアーゼ阻害剤」「セリンプロテアーゼインヒビター」「MBL結合セリンプロテアーゼ
関連記事リン」「セリン」「プロ

前立腺特異抗原」

  [★]

prostate specific antigen, prostate-specific antigen, PSA, PA
前立腺前立腺液前立腺癌PAP


概念

LAB.639 OLM.377
  • 前立腺上皮細胞から分泌されるキニン-カリクレインファミリーに属する分子量33~34kDaの糖蛋白で、セリンプロテアーゼの一種である。
  • 精液中に含まれ、精子運動性の亢進および精漿の液状化に関与するといわれている。
  • 一部血中に逸脱するため、血清PSAとして測定することができる。
  • 血液中では10-20%がfree PSAとして存在するが、多くはα1-アンチキモトリプシン(ACT)と結合している。
  • 前立腺癌では総PSAに対するACT-PSA複合体の割合が増加するため、前立腺肥大症との鑑別に有用かもしれない。
  • 前立腺癌の診断や治療経過をみる腫瘍マーカーとして用いられているが、生理的、あるいは他の疾患でも上昇することがある。
  • Tandem-Rキットでの基準値が臨床では良く用いられている、らしい。(ガイドラインにも記載があった気がした)

判定

  • 正常:4ng/ml以下(IRMA法) (参考1)
  • グレーゾーン:4-10 ng/ml
  • 高値:10ng/ml
LAB.640
  • 加齢により増加するため、年齢階層別基準値が定められている。

高値

LAB.639 OLM.377
  • 前立腺癌:腫瘍量とPSAとは正の相関関係にある。
  • 前立腺肥大症:PSA軽度上昇を示す。確定診断には前立腺生検が必要  ←  そこまでする???
  • 尿路・前立腺の炎症:急性前立腺炎
  • 機械的刺激:長時間のサイクリング、前立腺マッサージ、前立腺生検、尿道カテーテル留置、膀胱鏡検査、前立腺手術
  • その他:急性尿閉、射精後

臨床的意義

注意

参考

  • 1. 体外診断用放射性医薬品/タンデム-R free PSA
[display]http://www.yamasa.com/shindan/seihin/freePSA/freepsa.htm%23rinsyou



アンチトロンビンIII」

  [★]

antithrombin III, ATIII
アンチトロンビン antithrombin AT
アンスロビンノイアートノンスロン
トロンビン抗凝固療法血液凝固因子


概念

  • アンチトロンビンと同じ。
  • 抗凝固薬であるヘパリンによって活性化される
  • 肝臓で産生される。
  • 約65kDaの糖タンパク質  (c.f. アルブミン 69kDa) ゆえに、ネフローゼ症候群の際には腎から排泄されてしまう。

生理作用

*ヘパリンと結合して活性化され、セリンプロテアーゼ活性のある蛋白質と結合しセリンプロテアーゼ活性を不可逆的に消失させる。

  • 第Xa因子、第IXa因子の中和 (SP.509)
  • トロンビンの不活化。
  • 薬剤としてのヘパリンによって活性化される。普段は血管内皮上に存在するヘパリン(heparine-like molecule)によって活性化される (BPT.88)
  • セリンプロテアーゼを阻害する。

検査

低値

  • DIC、血栓症
  • 肝硬変、肝癌
  • ネフローゼ症候群
  • 敗血症


-アンチトロンビン
-AT III


α1アンチトリプシン」

  [★]

alpha 1-antitrypsin, α1-antitrypsin, α1-AT AAT


  • 基準値
  • 94-150 mg/dl (CRM470を基準とした免疫測定。TIA、ネフェロメトリー。臨床検査法提要第32版 p.486)
  • α1アンチトリプシンの変異と肺気腫や肝疾患と関連が注目されている

臨床関連


キモトリプシン」

  [★]

chyme 糜粥 → これに対するトリプシンという意味で命名されたのだろうか。
chymotrypsin
  • セリンプロテアーゼの一種。
  • ヒトでは膵臓からキモトリプシノーゲンが分泌され、トリプシンやキモトリプシンにより分解され活性のあるキモトリプシンとなる。
  • 六員環を持つアミノ酸を分解する、らしい
  • Tyr, Phe, TrpのC末端側のペプチド結合を特異的に加水分解するセリンエンドペプチダーゼ.Leu,Met, Ala, Asp, Gluは低い率で切断される.感受性の高いアミノ酸のアミドとエステルにも作用し,ペプチド合成に使用される(http://www.bio-concierge.com/detail.php?id=5763)



プロトロンビン」

  [★]

prothrombin
第II因子 factor II
血液凝固因子

概念

  • 凝固系の共通経路に位置する
  • 肝臓でビタミンK依存的に産生される
  • Xa、Ca2+、V の作用によりプロトロンビントロンビンとなり、セリンプロテアーゼとして機能する。
  • 分子量:72kDa
  • 半減期:60-100hr

検査

  • 基準値:(血漿)100-150 ug/ml

プロトロンビンが関与する検査値



マンノース結合タンパク質関連セリンプロテアーゼ」

  [★]

mannose-binding protein-associated serine proteaseMBP-associated serine proteaseMASP
MBP関連セリンプロテアーゼ

MBP関連セリンプロテアーゼ」

  [★]

MBP-associated serine protease
マンノース結合タンパク質関連セリンプロテアーゼ

セリンプロテアーゼ阻害剤」

  [★]

serine protease inhibitorserine proteinase inhibitor
セリンプロテアーゼ阻害薬

セリンプロテアーゼインヒビター」

  [★]

serine protease inhibitor
セリンプロテアーゼ



MBL結合セリンプロテアーゼ」

  [★]

MBL-associated serine protease, MASP

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





セリン」

  [★]

serine, Ser, S
2-アミノ-3-ヒドロキシプロピオン酸 2-amino-3-hydroxypropionic acid
アミノ酸


  • 極性。無電荷。
  • ヒドロキシル基(hydroxyl group)を有する。
  • アラニンの側鎖にヒドロキシル基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-OH
  • Kinaseの標的となり、リン酸イオンが結合する。
-CH2-O-H2PO3



プロ」

  [★]

pro



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡