セリンキナーゼ

出典: meddic

serine kinase
セリンスレオニンキナーゼスレオニンキナーゼタンパク質セリンスレオニンキナーゼセリントレオニンキナーゼセリン・スレオニンプロテインキナーゼ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2B09-2 超好熱好酸性古細菌Sulfolobus tokodaii strain 7由来ホモセリンキナーゼの大腸菌での発現と性質検討(酵素学・酵素工学・タンパク質工学,一般講演)
  • 柳谷 昌彦,工藤 大蔵,倉光 成紀,田村 隆,稲垣 賢二
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 平成19年度, 61, 2007-08-02
  • NAID 110007322575
  • セリンキナーゼとユビキチンリガーゼの共役(D・生化学, 衛生化学)
  • PHAP IとPHAP IIの標的タンパク質の探索
  • 立野 慶,萩原 民雄,田中 隆佳,本橋 克利,竹田 二美代,竹田 稔
  • 昭和医学会雑誌 59(2), 195-201, 1999
  • われわれは中枢神経系の発生・分化に関わる蛋白質/遺伝子を単離同定する過程で, ヒトリンパ芽球性B細胞株で見いだされた主要組織適合性抗原HLA-DRの細胞内ドメインに結合すると予想される蛋白質PHAP IおよびPHAP IIのホモローグが, ラット胎児脳サイトゾール画分に多量に発現し, 神経系の発達とともに減少していることを報告してきた.本実験では, 神経系におけるPHAP IおよびPHAP IIの …
  • NAID 130001823724

関連リンク

チロシンキナーゼ型受容体について解説しています ... SH2ドメインをもつタンパク質は、それ自身が転写因子として作用することはなく、別のタンパク質を活性化する アダプタータンパク質 として作用します。
プロテインキナーゼ 【概要】 | プロテインキナーゼは、ATPやGTPのγ位のリン酸基を基質タンパク質のセリン/スレオニンやチロシンのヒドロキシル基へ転移させる酵素です。これらキナーゼはホスファターゼと共役して働くことで ...

関連画像

薬剤の一覧を下表にまとめる 本コラムに関する質問・感想 ゲルダナマイシンおよび誘導体


★リンクテーブル★
リンク元タンパク質セリンスレオニンキナーゼ」「セリン・スレオニンプロテインキナーゼ」「スレオニンキナーゼ」「セリンスレオニンキナーゼ」「セリントレオニンキナーゼ
関連記事リン」「セリン」「キナーゼ

タンパク質セリンスレオニンキナーゼ」

  [★]

protein-serine-threonine kinase
セリンスレオニンキナーゼスレオニンキナーゼセリンキナーゼセリントレオニンキナーゼタンパク質セリントレオニンキナーゼセリン・スレオニンプロテインキナーゼ

セリン・スレオニンプロテインキナーゼ」

  [★]

serine-threonine protein kinase
セリンスレオニンキナーゼスレオニンキナーゼタンパク質セリンスレオニンキナーゼセリンキナーゼセリントレオニンキナーゼセリン・スレオニンリン酸化酵素


スレオニンキナーゼ」

  [★]

threonine kinase
セリンスレオニンキナーゼタンパク質セリンスレオニンキナーゼセリンキナーゼセリントレオニンキナーゼセリン・スレオニンプロテインキナーゼトレオニンキナーゼ

セリンスレオニンキナーゼ」

  [★]

serine-threonine kinaseSer-Thr kinase
スレオニンキナーゼタンパク質セリンスレオニンキナーゼセリンキナーゼセリントレオニンキナーゼセリン・スレオニンプロテインキナーゼ


セリントレオニンキナーゼ」

  [★]

serine-threonine kinaseSer-Thr kinase
セリンスレオニンキナーゼスレオニンキナーゼタンパク質セリンスレオニンキナーゼセリンキナーゼセリン・スレオニンプロテインキナーゼ


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






セリン」

  [★]

serine, Ser, S
2-アミノ-3-ヒドロキシプロピオン酸 2-amino-3-hydroxypropionic acid
アミノ酸


  • 極性。無電荷。
  • ヒドロキシル基(hydroxyl group)を有する。
  • アラニンの側鎖にヒドロキシル基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-OH
  • Kinaseの標的となり、リン酸イオンが結合する。
-CH2-O-H2PO3



キナーゼ」

  [★]

kinase
カイネースリン酸化酵素 phosphoenzyme phosphotransferase





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡