スプライシング

出典: meddic

splicing
イントロン



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/08 23:53:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - スプライシングの用語解説 - DNAから写しとった遺伝情報のなかから,不要な部分を取り除く分子的な編集作業をスプライシングという。真核生物では,鎖状になっている DNAの各遺伝子はコドン ...
東邦大学理学部 生物分子科学科の高校生のための科学用語集です。RNA スプライシングとは、転写された RNA 前駆体のイントロンが切断・除去された後、エキソン同士が再結合する反応

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元エクソン」「イントロン」「スプライス」「スプライス部位」「スプライスされた遺伝子
拡張検索逆スプライシング」「セルフスプライシング

エクソン」

  [★]

exonexonic
エキソン
イントロンスプライシング



イントロン」

  [★]

intron
介在配列 intervening sequence
スプライシング


スプライス」

  [★]

splice
スプライシングイントロン


スプライス部位」

  [★]

splice site
スプライシング



スプライスされた遺伝子」

  [★]

spliced gene
スプライシング

逆スプライシング」

  [★]

[[]]
reverse splicing
[[]]
reverse splicing


セルフスプライシング」

  [★]

self-splicing
自己スプライシング




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡