ジューリング疱疹状皮膚炎

出典: meddic

疱疹状皮膚炎

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • A case of specific pemphigus vulgaris in the oral cavity.
  • 大久保 康則,別所 和久,堀 信介,飯塚 忠彦
  • 日本口腔外科学会雑誌 40(8), 920-922, 1994
  • Autoimmune bullous dermatosis is classified into 6 distinct entities based on clinical symptoms and findings obtained from recent advances in immunoelectron microscopic techniques.<BR>The 6 enti …
  • NAID 130001349264
  • 天疱瘡,類天疱瘡,ジュ-リング疱疹状皮膚炎の統計的観察--東北大学皮膚科教室5年間の観察
  • 舛 真一 [他]
  • 臨床皮膚科 36(12), p1165-1172, 1982-12-00
  • NAID 40003793605

関連リンク

原因皮膚においてグルテン及びグルテンへのIgA抗体との免疫複合体が蓄積することが 原因と言われています。 近年では、組織トランスグルタミナーゼへのIgA抗体がジュー リング疱疹状皮膚炎(じゅーりんぐほうしんじょうひふえん)を患っている人の血清中に見 ...
水疱性類天疱瘡. どんな病気か. ① 主として老人に多くみられるところから、ジューリング 疱疹状皮膚炎が老人に発生した場合と考えられる。 ② 原因はよく分かっていない。 症状. ① 尋常性天疱瘡に類似した症状をしめす。すなわち、比較的大きい水疱が多数 ...

関連画像

日本の推奨量とQuality Of Life Labs 皮膚科専門医試験勉強されて HHV-5 サイトメガロウイルス


★リンクテーブル★
リンク元ジアフェニルスルホン
関連記事疱疹状皮膚炎」「リン」「皮膚」「」「皮膚炎

ジアフェニルスルホン」

  [★]

diaphenylsulfone DDS
ジアミノジフェニルスルホン diaminodiphenylsulfoneダプソン dapsone4,4'-diaminodiphenylsulfone
レクチゾールプロトゲン

作用

適応

  • 1. 持久性隆起性紅斑、ジューリング疱疹状皮膚炎、天疱瘡、類天疱瘡、色素性痒疹
  • 2. ハンセン病

添付文書

  • レクチゾール錠25mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2699003F1024_2_02/2699003F1024_2_02?view=body



疱疹状皮膚炎」

  [★]

herpetiformis
dermatitis herpetiformis, DH
ヘルペス状皮膚炎ジューリング疱疹状皮膚炎 Duhring疱疹状皮膚炎デューリング病 Duhring disease
表皮下水疱症


要点

病因

病理

  • 表皮下水疱
  • 真皮上層:浮腫。好酸球浸潤による微小膿瘍(真皮乳頭部好中球微小膿瘍)。

検査

  • 蛍光抗体直接法:真皮乳頭部に顆粒状にIgA の沈着
  • 末梢血:好酸球増多。抗皮膚自己抗体は検出されない
  • HLA-B8と関連

診断

  • 多彩な皮疹、強い掻痒などの臨床症状、表皮下水疱、IgA顆粒状沈着、DDSによる症状の改善
  • 日本人には本疾患はまれ。

治療

  • DDSなどのサルファ剤
  • 無グルテン食、抗ヒスタミン薬

鑑別診断

参考

  • 画像 - Dermatitis Herpetiformis Picture
[display]http://hardinmd.lib.uiowa.edu/dermnet/dermatitisherpetiformis30.html
  • 画像 - MedlinePlus
[display]http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/imagepages/2791.htm


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





皮膚」

  [★]

skin
cutis
皮膚の構造




炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症

皮膚炎」

  [★]

dermatitis
皮膚皮膚炎症湿疹




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡