ジメチルイソプロピルアズレン

出典: meddic

dimethyl isopropylazulene
グアイアズレン guaiazulene
アズノールハスレン


関連リンク

当サイトでは、アレルギーの種類や薬、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎、蕁麻疹などの基本的なことが理解できる豆知識をご紹介しています。最近では何らかのアレルギー症状で悩んでいる ...
成分 ジメチルイソプロピルアズレン 適応症 湿疹、熱傷・その他の疾患によるびらん及び潰瘍 用法 1日数回 注意 この製品に過敏症の方には使用不可 眼科用として使用しない 基剤が天然物由来のため、色調や稠度に多少の違いがある。
アズノールの成分であるジメチルイソプロピルアズレンは天然物由来であり、抗炎症作用、ヒスタミン遊離抑制作用、創傷治癒促進作用、 抗アレルギー作用を持ちます。ハチアズレ、アズノールなどのうがい薬でもよく使われます ...

関連画像

ジメチルイソプロピルアズレン サニーナ 薬用おしりふきジメチルイソプロピルアズレン私は、ガーゼを止める ジクロフェナクナトリウムテー

添付文書

薬効分類名

  • 炎症性皮膚疾患治療剤

販売名

アズノール軟膏0.033%

組成

組成

  • 本剤は300g中、ジメチルイソプロピルアズレン0.1gを含有する。

添加物

  • 精製ラノリン、白色ワセリンを含有する。

禁忌

  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者


効能または効果

  • 湿疹
    熱傷・その他の疾患によるびらん及び潰瘍


  • 通常、症状により適量を1日数回塗布する。


薬効薬理

抗炎症作用

  • ジメチルイソプロピルアズレンは皮下及び腹腔内投与により、デキストラン浮腫、ヒアルロニダーゼ浮腫、ホルマリン浮腫(ラット1),2))を、また塗布により、紫外線紅斑(ウサギ3))、クロトン油皮膚炎(ウサギ3))、テレビン油皮膚炎(マウス3))、熱性炎症(マウス4))を抑制する。

ヒスタミン遊離抑制作用

  • 各種ヒスタミン遊離物質によるラット組織のヒスタミン遊離を抑制する。その作用機序は、下垂体−副腎系を介するものでなく、組織細胞に対する直接的な局所作用であると考えられている1)

創傷治癒促進作用

  • 塗布により、機械的皮膚剥離、火傷等の実験的創傷に対し治癒促進作用を示す(ウサギ3))。

抗アレルギー作用

  • 腹腔内投与及び塗布により受動性皮膚過敏反応を軽減する(ラット1))。


有効成分に関する理化学的知見

性状

  • 本品は暗青色の結晶又は液体で、わずかに特異なにおいがある。
    本品は、エタノール(95)、ジエチルエーテル又はクロロホルムに溶けやすく、石油ベンジンにやや溶けにくく、水にほとんど溶けない。
    本品は光により徐々に分解する。


★リンクテーブル★
リンク元アズレン合剤」「guaiazulene」「グアイアズレン」「アズノール」「dimethylisopropylazulene
関連記事アズレン」「ピル」「プロ」「イソプロ

アズレン合剤」

  [★]

azulene-containing combination
マーズレンSハチアズレ
ジメチルイソプロピルアズレン


guaiazulene」

  [★] ジメチルイソプロピルアズレングアイアズレン


グアイアズレン」

  [★]

guaiazulen
ジメチルイソプロピルアズレン


アズノール」

  [★] アズレンジメチルイソプロピルアズレン


dimethylisopropylazulene」

  [★]

ジメチルイソプロピルアズレン

アズレン」

  [★]

azulene
アズレンスルホン酸ナトリウム azulene sulfonate sodium
AZアズガグルアズクレニンSアズノールアズノールSTアズラビンアズレイアズレミックアズレミンアズレワンアズレン・グルタミンアズレンスルホン酸ナトリウム・L-グルタミンアゾテシンアテネレンアボダースウルクゾールエマーゲングリマックグロリアミンセダガストントーワズレンノズレンバウロハスレンフォルテガードポドニンSマーズレンマーズレンSマズレニンマナミンGAメサドリンSヨウズレンSルフレン水溶性アズレン
ジメチルイソプロピルアズレン、(合剤)マーズレン
含嗽剤


ピル」

  [★]

pill
丸剤経口避妊薬丸薬


プロ」

  [★]

pro

イソプロ」

  [★] イソプロパノール




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡