ジヒドロキシフェニル酢酸

出典: meddic

3,4-dihydroxyphenylacetic acidDOPAC
3,4-ジヒドロキシフェニル酢酸

和文文献

  • 3,4-ジヒドロキシフェニル酢酸(DOPAC) (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・4)その数値をどう読むか) -- (内分泌学的検査 副腎髄質・交感神経系)
  • 谷田部 緑,眞田 寛啓
  • 日本臨床 68(-) (982), 412-415, 2010-07
  • NAID 40017200774
  • カリックス[6]アレーン単分子膜修飾電極におけるカテコールアミン類の電極反応とドーパミンセンサーへの応用(<特集>生体関連機能と分析化学)
  • 中野 幸二,田中 幸子,高木 誠,新海 征治
  • 分析化学 51(6), 409-413, 2002-06-05
  • … 的には電極反応を阻害するものの基質の化学構造が大きく反映されることを見いだした.具体的には,ドーパミン,及び3,4-ジヒドロキシフェニル-DL-アラニンでは軽微な阻害効果に止まるのに対し,3,4-ジヒドロキシフェニル酢酸についてはほぼ完全に電極反応を抑制した.カリックスアレン単分子膜は L-アスコルビン酸についても電極反応の抑制効果を示したことから,本修飾電極系はドーパミンセンサーとして重要と考えら …
  • NAID 110002905082
  • Quinone Tanning in the Eggshell of the False Melon Beetle , Atrachya Menetriesi Faldermann (国際会議ICWES11論文特集「環境保全のための科学と技術」)
  • 矢後 素子,佐藤 仁
  • 日本女性科学者の会学術年報 1(1), 22-26, 2000
  • NAID 40005393985

関連リンク

ChemicalBook あなたのために3,4-ジヒドロキシフェニル酢酸(102-32-9)の化学的性質を提供して、融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質、毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更に ...
3,4-ジヒドロキシフェニル酢酸 3,4-Dihydroxyphenylacetic Acid 販売元 和光純薬工業(株) 販売元コード 045-26233,049-26231 製造元 製造元コード CAS.NO 102-32-9 分子式 (OH)2C6H3CH2COOH 分子量 168.15 保存条件 室温 等級 ...

関連画像

測定例] マウス脳組織中のモノ Chemical structure of 2,5-Dihydroxy-1,4 式中、X


★リンクテーブル★
先読みDOPAC
リンク元カテコールアミン」「3,4-dihydroxyphenylacetic acid
拡張検索3,4-ジヒドロキシフェニル酢酸
関連記事酢酸」「」「ジヒドロ」「ヒドロキシ」「フェニル

DOPAC」

  [★]

ヒドロキシフェニル酢酸

3,4-dihydroxyphenylacetic acid


カテコールアミン」

  [★]

catecholamine catecholamines CA
カテコラミン
副腎髄質ホルモン
  • カテコールでかつアミンを持つ構造

Wikipedia

生合成

チロシン tyrosine
 (フェニル基の3位にOHを導入) :律速酵素
 -チロシン 3-モノオキシゲナーゼ tyrosine 3-monooxygenase, チロシン水酸化酵素 tyrosine hydroxylase
 ←{H4biopterin}
 →{H2biopterin}
L-ドーパ L-dopa
 (アミノ酸から脱炭酸)
 -芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ dopa decarboxylase + {ピリドキサル5-リン酸(VB6)}
 →CO2
ドパミン dopamine
 (β位の炭素にOHを導入)
 -ドーパミン β-モノオキシゲナーゼ dopamine β-monoxygenase, dopamine β-odidase
 ←O2 + ビタミンC(アスコルビン酸)
 →H2O + デヒドロアスコルビン酸
ノルアドレナリン norepinephrine
 (アミノ基にメチル基を転移)
 -フェニルエタノールアミン N-メチルトランスフェラーゼ phenylethanolamine N-methyl transferase
 ←S-アデノシルメチオニン S-adenosylmethionineS-アデノシルホモシステイン S-adenosylhemocysteine
アドレナリン epinephrine

分解

分解産物

ドパミン
dopamine
---→ ジヒドロキシフェニル酢酸
3,4-dihydroxyphenylacetic acid
DOPAC
---→ ホモバニリン酸
homovanillic acid
HVA

MAO
COMT
     


       
ノルエピネフリン
norepinephrine
---→ バニリルマンデリン酸
vanillylmandelic acid
VMA
       ・
メトキシヒドロキシフェニルグリコール
methoxyhydroxyphenylglycol
MHPG
   


MAO
COMT
   
エピネフリン
epinephrine
---→    
  MAO
COMT
   

薬理作用

昇圧作用






3,4-dihydroxyphenylacetic acid」

  [★]

DOPAC


3,4-ジヒドロキシフェニル酢酸」

  [★]

3,4-dihydroxyphenylacetic acid
ジヒドロキシフェニル酢酸


酢酸」

  [★]

acetic acid acetate
acidum aceticum
カルボン酸
  • CH3COOH



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

ジヒドロ」

  [★]

dihydro


ヒドロキシ」

  [★]

hydroxy
水酸化ハイドロキシ


フェニル」

  [★]

phenylPh
フェニール




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡