ジスチグミン臭化物

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ジスチグミン臭化物錠適正使用プロトコール導入効果 : 薬学的介入に対する薬剤師と患者の意識調査
  • 医薬品情報学 = Japanese journal of drug informatics 18(2), 95-105, 2016-08
  • NAID 40020944393
  • 症例報告 意識障害の原因診断に難渋したコリン作動性クリーゼの1例

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 緑内障治療剤
  • 調節性内斜視治療剤
  • 重症筋無力症(眼筋型)治療剤

販売名

ウブレチド点眼液 1%

組成

成分・含量

  • 1mL中 (日局)ジスチグミン臭化物 10mg

添加物

  • 塩化ナトリウム
    ベンザルコニウム塩化物液
    クエン酸水和物
    クエン酸ナトリウム水和物

禁忌

  • 前駆期緑内障の患者〔眼圧上昇を来すおそれがある。〕
  • 脱分極性筋弛緩剤(スキサメトニウム)を投与中の患者〔「相互作用」の項参照〕

効能または効果

  • 緑内障、調節性内斜視、重症筋無力症(眼筋型)
  • 1回1滴を1日1〜2回点眼する。

慎重投与

  • 閉塞隅角ないし狭隅角緑内障の患者(急性又は慢性うっ血性緑内障)〔眼圧上昇を来すことがあるので観察を十分に行うこと。〕
  • 気管支喘息の患者〔気管支喘息の症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 消化器の機能亢進状態の患者〔消化管機能を更に亢進させ、症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 胃・十二指腸潰瘍の患者〔消化管機能を亢進させ潰瘍の症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 徐脈・心臓障害のある患者〔心拍数低下、心拍出量低下を起こすおそれがある。〕
  • てんかんの患者〔てんかんの症状を悪化させるおそれがある。〕
  • パーキンソン症候群の患者〔パーキンソン症候群の症状を悪化させるおそれがある。〕

薬効薬理

眼圧に対する作用2)

  • 広隅角緑内障患者に本剤の1%液1滴点眼したところ、眼圧は1時間後に下降し始め、12時間後には最低眼圧となり、24時間後までこれが持続され、84時間後でも点眼前の眼圧より低かった。

瞳孔に対する作用

  • ネコに本剤の1%液を点眼したところ、縮瞳は24時間以上持続し、アトロピンによる散瞳に対しても著明に拮抗した。

コリンエステラーゼ阻害作用

  • 本剤100μg/kg及びネオスチグミン100〜400μg/kgをラットに1回腹腔内投与したとき、血中コリンエステラーゼ活性はそれぞれ約80%及び30〜60%阻害された。

アセチルコリン作用の増強

  • ラットの血涙反応では、対照値のアセチルコリンED50値を1/5に減ずるに要する用量は、本剤で8.6μg/kg、ネオスチグミンで16.6μg/kgであった。また、本剤の作用は、投与後2時間で最大となり、少なくとも48時間以上持続した。

有効成分に関する理化学的知見

  • 本品は白色の結晶性の粉末である。本品は水に極めて溶けやすく、メタノール、エタノール(95)又は酢酸(100)に溶けやすく、無水酢酸に溶けにくい。本品の水溶液(1→100)のpHは5.0〜5.5である。本品はやや吸湿性である。本品は光によって徐々に着色する。


★リンクテーブル★
関連記事ジスチグミン」「臭化」「臭化物

ジスチグミン」

  [★]

distigmine
臭化ジスチグミン distigmine bromide
distigmini bromidum
ウブレチドウブテック
抗コリンエステラーゼ薬ネオスチグミン


適応

  • 経口:重症筋無力症、手術後および神経因性膀胱などの低緊張性膀胱による排尿困難
  • 点眼剤:緑内障、や調節性内斜視

禁忌

  • 消化管・尿路の器質的閉塞、迷走神経緊張症、脱分極性筋弛緩薬(スキサメトニウム)を投与中の患者

副作用


-臭化ジスチグミン


臭化」

  [★]

bromidebromo
臭化物ブロミドブロモブロマイド


臭化物」

  [★]

bromide
臭化ブロミドブロマイド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡