ジアスターゼ

出典: meddic

diastase
ジアスターゼ
FK配合散HM散KM散TM配合散ジアスNIM配合散OM配合散YM散タフマックE配合ビットサン ピーマーゲン配合散リーダイMM配合散重散
アミラーゼ


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/30 10:42:11」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 加工食品中のジベンゾイルチアミンを含む総ビタミンB_1新規定量法
  • 吉田 幹彦,菱山 隆,五十嵐 友二
  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 55(9), 421-427, 2008-09-15
  • ジベンゾイルチアミン(DBT)を含有する加工食品中のビタミンB1 (チアミン塩酸塩)総量を正確に測定する目的で,タカジアスターゼによる酵素分解後,さらにDBTをアルカリ加水分解し,遊離するチアミンをカラムスイッチング法にてプレカラム精製を行い,高速液体クロマトグラフ法にて定量する方法を検討した.(1)DBTをチアミンに完全にアルカリ加水分解させるため,システイン存在下,0.49mol/L水酸化ナト …
  • NAID 10021924166
  • 膵macrocystic serous cystadenomaの1例
  • 二村 直樹,鬼束 惇義,山田 卓也,関野 考史,松尾 浩,宮原 利行,木山 茂
  • 日本消化器外科学会雑誌 39(8), 1403-1407, 2006-08-01
  • 単房性嚢胞の形態をしたmacrocystic serous cystadenoma(以下,MSCA)の1例を経験したので報告する.患者は26歳の女性で腹部腫瘤を主訴に受診し,左季肋下に径約5cm大の腫瘤を触知した.膵炎や腹部外傷の既往はなく,血液検査では異常を認めなかった.腹部超音波検査,CT, MRIでは膵尾部に径約5cm大の単房性嚢胞状腫瘤を認めた.ERPでは主膵管と嚢胞の交通は認めなかった. …
  • NAID 110004762178

関連リンク

ジアスターゼとは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 食べ物の消化を助けるお薬です。 作用 食べ物の消化が悪いと、消化不良を起こします。胃がもたれたり、ゴロゴロしたり、便 ...
【ジアスターゼ(アミラーゼ)】のことを知るには、まず、このページから~ジアスターゼとはデンプンやグリコーゲンの分解を促進して糖にする消化酵素です。ジアスターゼは別名アミラーゼとも言われます。ジアスターゼは胃腸薬 ...

関連画像

2009年10月26日製造分より)販売包装 外観ジアスターゼ「ヒシヤマ」ジアスターゼジアスターゼ「ヒシヤマ」胃腸薬「タカジアスターゼ」は

添付文書

薬効分類名

  • 健胃消化剤

販売名

  • ジアスターゼ「日医工」

組成

  • 1g中 日本薬局方 ジアスターゼ 1gを含有する。
  • (1g当たり440でんぷん糖化力単位以上を含む。)

禁忌

  • 本剤に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 主として炭水化物の消化異常症状の改善
  • ジアスターゼとして,通常成人1回0.3〜0.5gを1日3回食後に経口投与する。なお,年齢,症状により適宜増減する。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ジアスターゼ(Diastase)

性状

  • 主として麦芽から製したもので,でんぷん消化力がある酵素剤である。


★リンクテーブル★
先読みリーダイMM配合散」「ビットサン
リンク元アミラーゼ」「健胃消化剤」「TM配合」「YM散」「TM配合散
拡張検索タカジアスターゼ」「麦芽ジアスターゼ
関連記事ジアス

リーダイMM配合散」

  [★] ウイキョウ末ケイヒ末サンショウ末ショウキョウ末センブリ末合成ケイ酸アルミニウム炭酸水素ナトリウム沈降炭酸カルシウム


ビットサン 」

  [★] 炭酸水素ナトリウムゲンチアナ末ジアスターゼ

健胃消化剤


アミラーゼ」

  [★]

amylase, AMY, Amy
ジアスターゼ diastase
唾液アミラーゼ


  • 図:LAB.599(血清アミラーゼ異常をきたす疾患)

基準値

  • 4–400 U/L (HIM.Appendix)

判別

検査の本

基準上限以上(高値)(高アミラーゼ血症)

基準下限以下(減少)(低アミラーゼ血症)

  • [可能性]膵全摘後、慢性膵炎や膵癌による膵実質の荒廃、唾液腺摘出後

異常値を示すメカニズム

OLM.265

高アミラーゼ血症

  • 原因:
  • 膵臓
  • 膵実質の破壊病変:膵炎(原発性・続発性(穿通性十二指腸潰瘍、腹膜炎))、慢性膵炎(頻度低い)、膵癌(頻度低い)
  • 膵液分泌経路の閉塞:膵管・総胆管・Vater乳頭部の閉塞によりAMYが血流に逆流する。
  • 腸管からの吸収増加:小腸上位に腸閉塞が起こると、十二指腸の拡張によりVater乳頭部を圧迫し、閉塞性増加を来し、また十二指腸の壊死がおこると分泌されたアミラーゼが再吸収されてしまう。
  • 腹腔からの吸収:消化管穿孔においてはアミラーゼを含む消化液が腹腔に漏出し、これが腹膜より吸収されるため。(QB.A-353)
  • 唾液腺
  • 唾液腺の病変:ムンプス、耳下腺腫瘍、唾石
  • その他
  • 肝障害:肝炎、アルコール肝障害。この場合S型AMYが上昇
  • 肺癌による異所性AMY:肺癌や卵巣癌でS型AMYが産生される。
  • 子宮外妊娠破裂:S型AMy上昇
  • 腎不全:血清AMYの約1/3は腎糸球体を通して尿中に排泄されるが、腎機能低下例では増加する
  • マクロアミラーゼ血症:血清中のAMYの一部が免疫グロブリンや多糖体吐血尾久して大きな分子集団を作ることがある。
  • 心因性拒食症、胸痛、手術後:S型AMY上昇

低アミラーゼ血症

  • 膵や唾液腺の摘出後、慢性膵炎や膵癌による膵実質の荒廃

血清アミラーゼとアイソザイムの異常

LAB.599
膵型アミラーゼ活性の異常 活性増加 急性膵炎
慢性膵炎増悪
膵癌、膵嚢腫、膵仮性嚢胞などでの随伴性膵炎
胆道系の炎症性疾患
ERCP後、PS試験後
ステロイドホルモン投与後
唾液腺型アミラーゼ活性低下による相対的な膵型優位
活性低下 慢性膵炎
膵癌(末期)
膵切除後
唾液腺型アミラーゼ活性の異常 活性増加 流行性耳下腺炎
術後、外傷後、ショック後、熱傷後
糖尿病ケトアシドーシス
人工心肺使用後
アミラーゼ産生腫瘍(肺癌、卵巣癌など)
肺炎、肺結核
腎疾患
唾液腺造影後
膵型アミラーゼ活性低下による相対的な唾液腺型優位
活性低下 放射線治療後(下顎部、頚部など)
シェーグレン症候群
膵型・唾液腺型共に活性増加 腎不全
肝硬変、慢性肝炎の一部
膵型・唾液腺型に分類不能の活性増加 マクロアミラーゼ血症
アミラーゼ産生腫瘍の一部


健胃消化剤」

  [★]

商品


TM配合」

  [★] ウイキョウ末ウルソデオキシコール酸カンゾウ末ケイヒ末ケイ酸マグネシウムゲンチアナ末サンショウ末ジアスターゼショウキョウ末チョウジ末リパーゼ炭酸水素ナトリウム沈降炭酸カルシウム

健胃消化剤


YM散」

  [★]

健胃消化剤


TM配合散」

  [★] ウイキョウ末ウルソデオキシコール酸カンゾウ末ケイヒ末ケイ酸マグネシウムゲンチアナ末サンショウ末ジアスターゼショウキョウ末チョウジ末リパーゼ炭酸水素ナトリウム沈降炭酸カルシウム


タカジアスターゼ」

  [★]

Taka-Diastase, Takadiastase


麦芽ジアスターゼ」

  [★]

malt diastase


ジアス」

  [★] ジアスターゼ

健胃消化剤




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡