シクリジン

出典: meddic

cyclizinecyclizine hydrochloridecyclizine lactate
サイクリジン塩酸シクリジン乳酸シクリジン
-cyclizine


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 青年期の豊かな環境はフェンシクリジン連続投与マウスのヒストンアセチル化に関連した行動異常を予防する
  • 古関 竹直,毛利 彰宏,間宮 隆吉,青山 雄紀,鳥海 和也,鈴木 静香,中島 杏紗,山田 卓摩,永井 拓,鍋島 俊隆
  • 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology 32(2), 87-89, 2012-04-25
  • NAID 10030656936
  • 統合失調症の認知機能障害に注目した非臨床からのアプローチ
  • 渡邉 裕美
  • 日本薬理学雑誌 136(3), 133-136, 2010-09-01
  • … de大学と共同で行った<U>Y</U>oshitomi <U>R</U>esearch <U>I</U>nstitute of <U>N</U>euroscience in <U>G</U>lasgow(YRING)というプロジェクトにおいて,非競合的NMDA受容体拮抗薬フェンシクリジン(phencyclidine: PCP)を反復投与したラットの認知機能を,attentional set-shifting taskおよび5-選択反応時間課題を用いて評価した.その結果,PCP処置ラットは統合失調症の認知機能障害の一側面を反映している可 …
  • NAID 10027746880

関連リンク

古典的H1拮抗薬のほとんどに鎮静・催眠の副作用があり、交通機関従事者には重大な 問題となる。一方、プロメタジン,シクリジン、メクリジンなどは抗悪心・嘔吐作用が強く 動揺病の予防に用いられる。古典的H1拮抗薬には抗コリン作用をもつものも多い。
塩酸セチリジン 英国薬局方 / ヨーロッパ薬局方. 塩酸ヒドロキシジン 英国薬局方 / アメリカ薬局方. 塩酸メクリジン 英国薬局方 / アメリカ薬局方. シクリジン基 英国薬局方. 塩酸シクリジン 英国薬局方 / アメリカ薬局方. 塩酸クロロシクリジン 英国薬局方 / ヨーロッパ ...

関連画像

心毒性のない医薬化合物

添付文書

薬効分類名

  • 抗ヒスタミン剤

販売名

  • パルファード錠10mg

組成

  • パルファード錠10mgは、1錠中にホモクロルシクリジン塩酸塩10mgを含有する。
  • 添加物として乳糖水和物、トウモロコシデンプン、結晶セルロース、軽質無水ケイ酸、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースナトリウム及びステアリン酸マグネシウムを含有する。

禁忌

  • 緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧を上昇させるおそれがある。]
  • 前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者[抗コリン作用により排尿困難、尿閉等があらわれるおそれがある。]

効能または効果

  • 皮膚疾患に伴うそう痒 (湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、薬疹、中毒疹、小児ストロフルス)、じん麻疹、アレルギー性鼻炎
  • ホモクロルシクリジン塩酸塩として、通常成人1回10〜20mgを、1日3回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • ホモクロルシクリジン塩酸塩 (Homochlorcyclizine Hydrochloride)

化学名:

  • 1-[(RS )-(4-Chlorophenyl) (phenyl) methyl]-4-methylhexahydro-1H -1, 4-diazepine dihydrochloride

化学構造式:

分子式:

  • C19H23ClN2・2HCl

分子量:

  • 387.77

性状:

  • 本品は白色〜微褐色の結晶又は粉末である。

水に極めて溶けやすく、酢酸(100)に溶けやすく、エタノール(99.5)に溶けにくく、アセトニトリル又は無水酢酸に極めて溶けにくい。
本品は0.1mol/L塩酸試液に溶ける。
本品は吸湿性である。光によってわずかに着色する。
本品の水溶液(1→10)は旋光性を示さない。

融点:

  • 約227℃ (分解)


★リンクテーブル★
先読みcyclizine lactate」「cyclizine hydrochloride
リンク元cyclizine」「塩酸シクリジン」「乳酸シクリジン」「サイクリジン
拡張検索フェンシクリジン」「ホモクロルシクリジン塩酸塩
関連記事リジン

cyclizine lactate」

  [★]

cyclizinecyclizine hydrochloride

cyclizine hydrochloride」

  [★]

cyclizinecyclizine lactate

cyclizine」

  [★]

シクリジンサイクリジン

cyclizine hydrochloridecyclizine lactate
Marezine

塩酸シクリジン」

  [★]

cyclizine hydrochloride
シクリジン


乳酸シクリジン」

  [★]

cyclizine lactate
シクリジン


サイクリジン」

  [★]

cyclizine
シクリジン

フェンシクリジン」

  [★]

phencyclidine PCP
塩酸フェンシクリジン phencyclidine hydrochloride



ホモクロルシクリジン塩酸塩」

  [★] ホモクロルシクリジン


リジン」

  [★]

lysine, Lys, K ≠ ricin
リシン
アミノ酸アルギニンヒスチジン
  • 極性、塩基性
  • 側鎖
 -CH2-CH2-CH2-CH2-NH2
   α  β  γ  ε >εアミノ基を有する。即ち、側鎖には炭素が4つ含まれる。
  • ヒストンにLysが豊富なこと、Lysのεアミノ基がアセチル化を受けると正電荷が失われる。-NH-CO-CH3






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡