サルモネラ食中毒

出典: meddic

Salmonella food poisoning
Salmonella食中毒サルモネラ菌食中毒
細菌性食中毒食中毒
[show details]

  • サルモネラ属菌による食中毒。
  • 感染経路
  • 病原体:non-typhoidal Salmonellaによるものがほとんど。Salnonella enteritidis, Salmonella typhimurium, Salmonella heidelberg, Salmonella newport, Salmonella agonaなどがあるが(IRE.659)、特にSalmonella typhimuriumSalmonella enteritidis、Salmonella thompsonによるものが多い。
  • 疫学:細菌性食中毒としてはカンピロバクターについで多く、事件数としてはカンピロバクターに次いで、患者数としてはカンピロバクターより多い。
  • 食中毒の機序:感染型
  • 潜伏期:12-36時間
  • 原因食物:卵、肉、乳製品
  • 症状:大腸型の急性胃腸炎(発熱、腹痛、下痢)、軽症例では水様便  (IRE.664)
  • 診断:便からのサルモネラ属菌の検出

参考

uptodate

  • 1. [charged] サルモネラ症の微生物学および疫学 - uptodate [1]
  • 2. [charged] サルモネラ胃腸炎の病因 - uptodate [2]


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 米国で長期間にわたり患者が発生したサルモネラ食中毒アウトブレイク
  • 窪田 邦宏,天沼 宏,森川 馨
  • 食品衛生研究 61(8), 7-15, 2011-08
  • NAID 40018941474
  • サルモネラ食中毒への関与が疑われた一採卵鶏農場における衛生対策
  • 松本 芙美子,中宗 徹,丸山 信明 [他]
  • 大分県家畜保健衛生並びに畜産関係業績発表会集録 59, 33-35, 2010
  • NAID 40018812441

関連リンク

サルモネラ食中毒の主症状は発熱・下痢・嘔吐です。サルモネラ食中毒で激しい下痢で脱水症状にならないように水分補給を行います。サルモネラ菌食中毒の予防は、食品の十分な加熱と生食する食品へのサルモネラ菌の汚染防止です。
病原体は? サルモネラ( Salmonella )の名前の由来は、この細菌を今から100年以上前にアメリカ合衆国の病理学者D.E.Salmon(1850年生まれ)が発見したことによります。 サルモネラ( Salmonella )は、人に下痢症状を起こす細菌 ...
わが国におけるサルモネラの食中毒事例はここ数年間常に、腸炎ビブリオと一、ニを争う代表的食中毒原因菌である(図1)。 サルモネラの食中毒はカンピロバクターと同様大型の事例が多く、学校、福祉施設、病院で多発している。

関連画像

におけるサルモネラの食中毒 図1:原因微生物別食中毒発生 食中毒 / 内田クリニック / 萱島  三重県食品安全課/3 食中毒ページ サルモネラ 食中毒  サルモネラ 食中毒 は 7 9 月 のタグ:『サルモネラ菌食中毒 サルモネラ菌による食中毒を


★リンクテーブル★
先読み細菌性食中毒
国試過去問105I015」「104D005」「100B076
リンク元Salmonella食中毒」「Salmonella food poisoning」「サルモネラ菌食中毒
関連記事食中毒」「中毒」「」「サル

細菌性食中毒」

  [★]

bacterial food poisoning
食中毒食中毒菌



105I015」

  [★]

  • 食中毒について正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I014]←[国試_105]→[105I016

104D005」

  [★]

  • a 我が国ではブドウ球菌食中毒の患者数が最も多い。
  • b サルモネラ食中毒の原因食品は生の魚介類が多い。
  • c 腸炎ビブリオ食中毒の潜伏期間は2-6時間である。
  • d ボツリヌス食中毒の治療には抗菌薬を投与する。
  • e ノロウイルスの消毒には次亜塩素酸ナトリウムが有効である。
[正答]


※国試ナビ4※ 104D004]←[国試_104]→[104D006

100B076」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
  • a. サルモネラ食中毒患者は隔離する必要がある。
  • b. 腸炎ビブリオ食中毒の潜伏期間は2、3時間である。
  • c. ボツリヌス食中毒の予防には食前加熱が有効である。
  • d. ブドウ球菌食中毒の治療には抗菌薬が有効である。
  • e. カンピロバクター食中毒の原因食品は魚貝類が多い。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B075]←[国試_100]→[100B077

Salmonella食中毒」

  [★] サルモネラ食中毒Salmonella food poisoning


Salmonella food poisoning」

  [★] サルモネラ食中毒Salmonella食中毒


サルモネラ菌食中毒」

  [★] サルモネラ食中毒


食中毒」

  [★]

food poisoning, foodborne intoxication
食あたり食品中毒
食品衛生法


定義

  • 食品や水の媒介によって起こる急性胃腸炎および神経障害などの中毒症の総称

原因

毒物

  • 微生物
  • 植物
  • 動物
  • 化学物質

寄生

  • 寄生虫

原因

微生物 細菌 感染型 感染型
生体内毒素型
毒素型  
ウイルス    
真菌    
自然毒 植物性    
動物性    
化学物質 食品添加物、農薬、有害物質    
その他 寄生虫    

細菌性食中毒

食中毒菌

原因物質、原因食品の判明率

  • 原因物質:92.4%
  • 原因食品:78.9%

参考


予防

中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン


サル」

  [★]

monkeysimian
類人猿真猿亜目直鼻猿亜目





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡