ケイ酸アルミニウム

出典: meddic

aluminum silicate
天然ケイ酸アルミニウム natural aluminum silicate合成ケイ酸アルミニウム synthetic aluminum silicate

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 特殊電解還元水を用いて調製したケイ酸アルミニウムマグネシウムゲルの物理化学的特性(1)レオロジー特性
  • 瀧川 朋哲,岡島 眞裕,下川 健一 [他]
  • 材料技術 26(1), 50-54, 2008-01
  • NAID 40016299783
  • ケイ酸アルミニウムへのカリウム吸着特性およびオオムギによるケイ酸アルミニウムに吸着したカリウムの吸収
  • 青野 求,浅岡 聡,川合 恵
  • 名城大学農学部学術報告 (43), 1-9, 2007-03
  • NAID 40015506156

関連リンク

合成ケイ酸アルミニウムとは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:薬事典版)

関連画像

合成ケイ酸アルミニウム合成ケイ酸アルミニウム(小堺 ケイ酸アルミニウム 合成ケイ酸アルミニウム(山善 紅柱石 ケイ 線 石 藍晶石 が 剤形>

添付文書

薬効分類名

  • Kアスパルテート製剤

販売名

アスパラカリウム錠300mg

組成

成分・含量

  • L-アスパラギン酸カリウム 1錠中 300mg(K:1.8mEq)

添加物

  • エチルセルロース、ケイ酸アルミニウム、カルメロースカルシウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒドロキシプロピルセルロース、マクロゴール6000

禁忌

  • 重篤な腎機能障害(前日の尿量が500mL以下あるいは投与直前の排尿が1時間当たり20mL以下)のある患者〔カリウムの排泄低下により、高カリウム血症を呈するおそれがある。〕
  • 副腎機能障害(アジソン病)のある患者〔アジソン病ではアルドステロン分泌低下により、カリウム排泄障害を来しているので、高カリウム血症を呈するおそれがある。〕
  • 高カリウム血症の患者
  • 消化管通過障害のある患者〔カリウムイオンの局所的な粘膜刺激作用により潰瘍、狭窄、穿孔をきたすことがある。〕
  • 食道狭窄のある患者(心肥大、食道癌、胸部大動脈瘤、逆流性食道炎、心臓手術等による食道圧迫)
  • 消化管狭窄又は消化管運動機能不全のある患者
  • 高カリウム血性周期性四肢麻痺の患者〔発作を誘発するおそれがある。〕
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • エプレレノンを投与中の患者〔「相互作用」の項参照〕

効能または効果

  • 下記疾患又は状態におけるカリウム補給
  • ・降圧利尿剤、副腎皮質ホルモン、強心配糖体、インスリン、ある種の抗生物質などの連用時
  • ・低カリウム血症型周期性四肢麻痺
  • ・心疾患時の低カリウム状態
  • ・重症嘔吐、下痢、カリウム摂取不足及び手術後
  • L-アスパラギン酸カリウムとして、通常成人1日0.9〜2.7g(錠:3〜9錠、散:1.8〜5.4g)を3回に分割経口投与する。

なお、症状により1回3g(錠:10錠、散:6g)まで増量できる。

慎重投与

  • 腎機能低下あるいは腎機能障害のある患者〔カリウムの排泄低下により、高カリウム血症を呈するおそれがある。〕
  • 急性脱水症、広範囲の組織損傷(熱傷、外傷等)のある患者〔細胞外へカリウムが移行する状態であり、高カリウム血症を呈するおそれがある。〕
  • 高カリウム血症があらわれやすい疾患(低レニン性低アルドステロン症等)を有する患者
  • 抗コリン作動薬を投与中の患者〔「相互作用」の項参照〕

重大な副作用

  • 一時に大量を投与すると心臓伝導障害があらわれることがある。高カリウム血症の治療にはカルシウム剤、重炭酸ナトリウム、高張食塩液、ブドウ糖・インスリン、陽イオン交換樹脂、透析が緊急度に応じて選択される。

薬効薬理

  • カリウムは細胞内の主要電解質で、細胞膜電位の形成、酸−塩基平衡の調節、浸透圧の維持等に関与し、神経の興奮や各組織の細胞内代謝に重要な役割をもつ。

L-アスパラギン酸カリウムは組織移行性及び体内利用性のよいカリウム塩であることが認められている。1,2)

有効成分に関する理化学的知見

○分子式

  • C4H6KNO4

○分子量

  • 171.19

○性状

  • ・白色の粉末で、においはなく、特異な味がある。
  • ・水に極めて溶けやすく、エタノール(95)に極めて溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。
  • ・極めて吸湿性である。


★リンクテーブル★
先読みnatural aluminum silicate」「synthetic aluminum silicate
リンク元合成ケイ酸アルミ」「アルミワイス
拡張検索合成ケイ酸アルミニウム」「天然ケイ酸アルミニウム
関連記事アルミニウム」「」「ケイ酸

natural aluminum silicate」

  [★]

aluminum silicatesynthetic aluminum silicate


synthetic aluminum silicate」

  [★] 合成ケイ酸アルミニウム


合成ケイ酸アルミ」

  [★] ケイ酸アルミニウム

制酸剤


アルミワイス」

  [★] ケイ酸アルミニウム


合成ケイ酸アルミニウム」

  [★]

synthetic aluminum silicate
aluminii silicas syntheticus
アルミワイス合成ケイ酸アルミニウムノルモザン
ケイ酸アルミニウム



天然ケイ酸アルミニウム」

  [★]

natural aluminum silicate
アドソルビン
ケイ酸アルミニウム


アルミニウム」

  [★]

aluminumaluminiumAl
水酸化塩化アルミニウム

臨床関連


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

ケイ酸」

  [★]

silicic acidsilicate
珪酸ケイ酸塩




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡