グルタミン酸脱炭酸酵素

出典: meddic

glutamate decarboxylase
グルタミン酸デカルボキシラーゼ
抗グルタミン酸脱炭酸酵素抗体 anti-glutamic acid decarboxylase antibody





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/03/17 20:51:33」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • もち麦を用いたγアミノ酪酸の高生産技術(その2)
  • 渡部 保夫
  • ニューフードインダストリー 54(7), 38-44, 2012-07
  • NAID 40019371120
  • 六条大麦ヌカを用いたγ-アミノ酪酸の高生産の要因
  • 渡部 保夫,鳥居 枝里子,渡辺 誠也,前田 耕作
  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 59(6), 291-294, 2012-06-15
  • … 各種麦類のヌカを用いて(PLP無添加で)GABA生産能を測定したところ,裸麦やもち麦を含む六条大麦に由来するヌカに高いGABA生産性を確認した.理由として,それらのヌカに含まれるGABA生産酵素(グルタミン酸脱炭酸酵素)のホロ酵素の割合が小麦や二条大麦に比べて高いことにあると推察された.これらはGABAの機能性を付与した食品を製造開発するために,利用可能な成果である. …
  • NAID 10030655625
  • もち麦を用いたγアミノ酪酸の高生産技術(その1)
  • 渡部 保夫
  • ニューフードインダストリー 54(6), 27-34, 2012-06
  • NAID 40019338606

関連リンク

グルタミン酸デカルボキシラーゼ、グルタミン酸脱炭酸酵素(Glutamate decarboxylase, glutamic acid decarboxylase: GAD)は、グルタミン酸を脱炭酸する酵素の一種。 分子量の違う、GAD67(GAD1)とGAD65(GAD2)の2種類が存在する。 この酵素の働き ...
8.脳とグルタミン酸 グルタミン酸は、脳内の情報伝達に関与している。グルタミン酸は、 興奮性神経伝達物質として機能する。 脳神経細胞内では、グルタミン酸から、 グルタミン酸脱炭酸酵素(glutamic acid decarboxylase:GAD)により、抑制性の神経 伝達物質 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みanti-glutamic acid decarboxylase antibody
リンク元glutamate decarboxylase」「グルタミン酸デカルボキシラーゼ」「GAD」「glutamic acid decarboxylase
関連記事酵素」「グルタミン」「脱炭酸酵素」「脱炭酸

anti-glutamic acid decarboxylase antibody」

  [★] 抗グルタミン酸脱炭酸酵素抗体

glutamate decarboxylase」

  [★]

GADglutamic acid decarboxylase


グルタミン酸デカルボキシラーゼ」

  [★]

glutamic acid decarboxylaseglutamate decarboxylase
グルタミン酸脱炭酸酵素


GAD」

  [★]


glutamic acid decarboxylase」

  [★] グルタミン酸脱炭酸酵素 GAD


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





グルタミン」

  [★]

glutamine, Gln, Q
2-アミノグルタルアミド酸 2-aminoglutaramicacid
アミノ酸グルタミン酸


  • 極性。無電荷。
  • グルタミン酸の側鎖上のカルボキシル基の代わりにアミド基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-CH2-CO-NH2



脱炭酸酵素」

  [★]

decarboxylase
カルボキシラーゼ脱炭酸酵素


脱炭酸」

  [★]

decarboxylation
炭酸




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡