グルタミン酸アルギニン

出典: meddic

arginine glutamate


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 北部九州産アサリ(Ruditapes philippinarum)の筋肉部分と内臓部分の遊離アミノ酸の周年変化
  • 住谷 美紗,摩郡 千香子,森 晴子,白石 淳
  • 福岡女子大学人間環境学部紀要 37, 29-36, 2006-03-03
  • 1986年度3月〜翌年の2月に採集したアサリの試料から遊離アミノ酸を抽出し,測定し,その結果を,これまでの結果と比較することによって,アサリの遊離アミノ酸と旬との関係を調べた。含有量が多かったものは,筋肉部分,内臓部分とも,タウリンが最も多く,次いで,ヒスチジン,グリシン,γ-アミノ酪酸,アラニン,グルタミン酸,アルギニンであった。軟体部分も同様の結果がみられた。アサリの旬の時期で,旨味に関係して …
  • NAID 110005000554
  • ハナビラタケの栄養生長におよぼす炭素源および窒素源の効果
  • 吉田 博
  • 日本きのこ学会誌 : mushroom science and biotechnology 13(3), 133-142, 2005-10-25
  • ハナビラタケの栄養生長における栄養要求性を基礎培地を設定して静置培養法により検討した.本菌は広範な炭水化物を炭素源として利用できるが,その資化性は炭水化物の種類によりかなり相違していた.グルコース,ガラクトース,マンノース,フルクトース,可溶性デンプン,グリコーゲン,デキストリンは良好な炭素源であった.培地の至適グルコース濃度は2%であるが,可溶性デンプンの至適濃度は5%であり,13%の濃度におい …
  • NAID 110008675268
  • 福祉支援分析技術を志向したアミノ酸のリテンションスペクトロメトリー検出/フローインジェクション分析システムの試作
  • 加藤 優美,石井 有為,川嶋 昌利,石井 幹太
  • 静岡福祉大学紀要 1, 13-20, 2005-01-31
  • 福祉支援分析技術開発の一環として、リテンションスペクトロメトリー (RS) の分析概念をFIAに組込んだRS/FIA装置を試作し、アミノ酸分析をモデルにその有用性を示した。RS/FIA装置は、RS法の反応カラムに相当する3個のマニフォールドから構成され、各マニフォールドは、内径3mm、外径5mm、長さ2m (保持時間5分)、4m (保持時間10分) および6m (保持時間15分) のタイゴン製細管 …
  • NAID 110004671664

関連リンク

グルタミン酸アルギニン. 〔効〕高アンモニア血症. 〔用〕(注)1回20~200mLを1日1~数 回,1時間以上で点滴静注. 〔慎〕重篤な腎障害. ... グルタミン酸からのグルタミン形成 及びアルギニンからの尿素形成が血中アンモニア濃度を低下させる. 〔体内動態〕 ...

関連画像

化学IIテキスト/糖・アミノ酸 低分子プラセンタエキス 尿素回路 ‐ 通信用語の基礎 アルギニン、グルタミン タンパク質の過飽和度を制御 、グルタミン、グルタミン酸


★リンクテーブル★
リンク元arginine glutamate
関連記事アルギニン」「グルタミン酸」「グルタミン」「

arginine glutamate」

  [★]

グルタミン酸アルギニン


アルギニン」

  [★]

arginine, Arg, L-arginine, R
アミノ酸リジンヒスチジンオルニチン回路オルニチンアミジノ基グルタミン酸アルギニン


  • 極性、塩基性
  • 側鎖:

 -CH2-CH2-CH2-NH-C-(NH2)NH

  • グアニジウム基がついている(グアニジンはNH=C(NH2)2)
  • ヒゲ三本+グアニジウム基と覚える。
  • 生体内ではグルタミン酸からオルニチン(-CH2-CH2-CH2-NH2, リジンより炭素が1つ少ない)から尿酸サイクルを経て合成される。側鎖の根もとからの炭素源期の数は3つ




グルタミン酸」

  [★]

glutamate, glutamic acid, Glu, E
α-アミノグルタル酸 2-アミノグルタル酸 2-アミノペンタン二酸 2-aminopentanedioic acid
アミノ酸D-glutamateL-glutamate

概念

  • 極性。酸性。
  • 生理活性アミン。4-アミノ酪酸、GABAの材料
  • カルボキシル基を有する。
  • アラニンの側鎖に-CH2-がつき、さらにカルボキシル基がついた形をしている。
-CH2-CH2-COOH




グルタミン」

  [★]

glutamine, Gln, Q
2-アミノグルタルアミド酸 2-aminoglutaramicacid
アミノ酸グルタミン酸


  • 極性。無電荷。
  • グルタミン酸の側鎖上のカルボキシル基の代わりにアミド基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-CH2-CO-NH2



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡