グルタチオン還元酵素

出典: meddic

glutathione reductase, GR
グルタチオンレダクターゼ
グルタチオン



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • グルタチオン分画定量法 (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・2)その数値をどう読むか) -- (血球化学検査)
  • Shigyakusan extract attenuates enhanced hepatic neutrophil infiltration and oxidative stress with progression of α-naphthylisothiocyanate-induced liver injury in rats
  • 太田 好次,KONGO-NISHIMURA Mutsumi,HAYASHI Takahiro,KITAGAWA Akira,MATSURA Tatsuya,HASHIMOTO Takashi,YAMADA Kazuo
  • 和漢医薬学雑誌 25(4), 95-102, 2008-09-30
  • … ANIT投与後24時間の肝臓では,過酸化脂質と還元型グルタチオン量およびミエロペルオキシダーゼ活性(組織への好中球浸潤の指標)の増加がスーパーオキサイドジスムターゼとグルタチオン還元酵素活性の減少と共にみられた。 …
  • NAID 110006991269
  • LPS投与は、一過性に血漿中S-ニトロソグルタチオン還元酵素(GSNOR)活性を上昇させる
  • 人見 嘉哲,神林 康弘,日比野 由利,中村 裕之,荻野 景規
  • 日本衞生學雜誌 62(2), 551, 2007-03-01
  • NAID 10018567037

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みGR
拡張検索グルタチオン還元酵素欠損症
関連記事グルタチオン」「酵素」「還元酵素」「還元

GR」

  [★]

glucocorticoid receptor

グルタチオン還元酵素欠損症」

  [★]

glutathione reductase deficiency


グルタチオン」

  [★]

glutathione, GSH
γ-グルタミルシステイニルグリシン γ-glutamylcysteinylglycine5-L-グルタミルL-システイニルグリシン
オペガードネオキットタチオンビーエスエスプラスランデールチオン


概念

  • 細菌からヒトに至るまで広く存在するチオール含有ペプチドである。
  • グルタチオンは細胞内の主要な抗酸化成分であり、また、毒物などを細胞外に排出することで、細胞を内的・外的な環境の変化から守る役割を果たしている。
  • グルタチオンは、細胞内に 0.5-10 mMという比較的高濃度で存在する。一方細胞外の濃度はその1/100から1/1000程度である。グルタチオンには還元型 (GSH) と酸化型 (glutathione disulfide, GSSG)が存在する。酸化型は、二分子の還元型グルタチオンがジスルフィド結合によってつながった分子である。細胞内のグルタチオンは、通常、ほとんど(98%以上)が還元型であり、この状態はグルタチオン還元酵素によって維持されている。

構造

  • グルタチオンは'グルタミン酸、システイン、グリシンが、この順番でペプチド結合したトリペプチドである (L-γ-glutamyl-L-cysteinyl-glycine)。ただし、グルタミン酸とシステインの結合は通常のペプチド結合とは異なり、グルタミン酸側鎖のγ-カルボキシ基とシステイン主鎖のα-アミノ基からなる(γ-グルタミル結合)。このためグルタチオンは、ペプチドでありながら、ほとんどのプロテアーゼに対して耐性であり、分解されない。グルタチオンを直接分解できる酵素はγ-グルタミルトランスペプチターゼや、その近縁のごく限られた酵素のみである。


参考

  • タチオン注射用100mg/*タチオン注射用200mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3922400D1060_1_01/3922400D1060_1_01?view=body



酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





還元酵素」

  [★]

reductasereducing enzyme
レダクターゼリダクターゼ
オキシドレダクターゼ


還元」

  [★]

reduction
酸化





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡