グルコース酸化酵素

出典: meddic

glucose oxidase
グルコースオキシダーゼ

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/18 00:01:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 有機-無機ハイブリッド系ラングミュア・ブロジェット膜を用いたグルコースセンサの開発 : カチオン性超薄膜へのグルコース酸化酵素の吸着特性
  • 大貫 等,草刈 顕,和泉 充
  • 電気学会研究会資料. DEI, 誘電・絶縁材料研究会 2007(83), 35-39, 2007-11-09
  • NAID 10019975413
  • 有機-無機ハイブリッド系ラングミュア・ブロジェット膜を用いたグルコースセンサの開発 : カチオン性超薄膜へのグルコース酸化酵素の吸着特性(機能性有機薄膜,一般)
  • 大貫 等,草刈 顕,和泉 充
  • 電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス 107(307), 35-39, 2007-11-02
  • 本報告は、正に帯電したラングミュア・ブロジェット(LB)膜中へのグルコースオキシターゼ(GOx)の吸着現象を調べたものである。カチオン性分子であるオクタデシルトリメチルアンモニウム(ODTA)と、無機化合物であるプルシアンブルー(PB)クラスターから構成される有機-無機複合系LB膜中にGOxを吸着させると、アンペロメトリー型のグルコースセンサが構成される。このODTA/PB/GOx LB膜によるグ …
  • NAID 110006533648

関連リンク

作用 β-D-グルコースを酸化してD-グルコノ-δ-ラクトンを生成する酵素である(D-グルコノ-δ-ラクトンは非酵素的にD-グルコン酸に加水分解される)。現在報告されている本酵素は2量体として存在し、補酵素として ...
試料中のグルコース酸化酵素の活性を比色または蛍光法により測定するキットです。グルコース代謝に関する薬理学的研究に有用です。 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元グルコースオキシダーゼ
関連記事グルコース」「酵素」「コース」「酸化

グルコースオキシダーゼ」

  [★]

glucose oxidase
グルコース酸化酵素


グルコース」

  [★]

glucose, grape sugar, dextrose
ブドウ糖注、グルノン
GLUT血中グルコース濃度血糖値GLUT
グルコース1-リン酸グルコース6-リン酸

分子量

  • 分子量:180 g/mol
血糖 100 mg/dl -> 1000 mg/l ; 1000 mg/l / 180 g/mol ≒5.6 mmol/l = 5.6 mM

尿細管におけるグルコースの再吸収 SP.801

  • 近位尿細管における刷子縁で行われる。
  • 管腔側に糖/Na+共輸送体 SGLT(SGLT1SGLT2)が存在し、Naとグルコースを共輸送する
  • SGLT2がグルコースの取り込みに貢献している(低親和性、高用量の輸送担体)
  SGLT1 SGLT2
局在 近位尿細管 近位尿細管
 中間部(S2)  起始部(S1)
 終末部(S3)
グルコースの親和性 高親和性 低親和性
  • 側底膜にはGLUT2が存在し、血液循環にグルコースを輸送する。

輸液で用いられるグルコース

  • 末梢静脈:5%グルコース。5g/100g -> 50g/1L -> 50/180 Eq/L -> 277.78 mEq/L

臨床関連




酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





コース」

  [★]

course
過程課程経過


酸化」

  [★]

oxidation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡