グルコース受容ニューロン

出典: meddic

glucose-receptive neuron
グルコース



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脳と栄養調節
  • 小野 武年,田淵 英一
  • 日本外科学会雑誌 96(7), 423-429, 1995-07-01
  • NAID 10007690869

関連リンク

2 視床下部腹内側核の破壊→過食、肥満 シ図4-59 電気刺激→摂食停止⇒⇒「満腹中枢」 視床下部外側野の破壊→拒食、るい痩 電気刺激→摂食行動⇒⇒「摂食中枢」 1. 糖平衡説:Mayer, J.(1953) “視床下部には血中グルコース ...
4 (a) 摂食中枢グルコース感受性ニューロ ンと満腹中枢グルコース受容ニューロンの特 性を示す模式図 (b) 空腹時,満腹時の血中グルコース,インスリンおよび遊離脂肪酸の相対的濃度. 右は,それぞれのニューロン活動
世界大百科事典 第2版 - ブドウ糖受容ニューロンの用語解説 - マイヤーはこのようなブドウ糖を選択的に取り込むブドウ糖受容器をもつニューロンが血糖値の変化を感知し,食欲や満腹感の発生,すなわち摂食調節のための糖定常機構 ...

関連画像

味覚感覚ニューロンの感受性の 味覚感覚ニューロンの感受性の 味覚感覚ニューロンの感受性の 味覚感覚ニューロンの感受性の 空腹中枢と満腹中枢 ( その他 味覚感覚ニューロンの感受性の


★リンクテーブル★
関連記事グルコース」「ニューロン」「受容」「コース」「ニューロ

グルコース」

  [★]

glucose, grape sugar, dextrose
ブドウ糖注、グルノン
GLUT血中グルコース濃度血糖値GLUT
グルコース1-リン酸グルコース6-リン酸

分子量

  • 分子量:180 g/mol
血糖 100 mg/dl -> 1000 mg/l ; 1000 mg/l / 180 g/mol ≒5.6 mmol/l = 5.6 mM

尿細管におけるグルコースの再吸収 SP.801

  • 近位尿細管における刷子縁で行われる。
  • 管腔側に糖/Na+共輸送体 SGLT(SGLT1SGLT2)が存在し、Naとグルコースを共輸送する
  • SGLT2がグルコースの取り込みに貢献している(低親和性、高用量の輸送担体)
  SGLT1 SGLT2
局在 近位尿細管 近位尿細管
 中間部(S2)  起始部(S1)
 終末部(S3)
グルコースの親和性 高親和性 低親和性
  • 側底膜にはGLUT2が存在し、血液循環にグルコースを輸送する。

輸液で用いられるグルコース

  • 末梢静脈:5%グルコース。5g/100g -> 50g/1L -> 50/180 Eq/L -> 277.78 mEq/L

臨床関連




ニューロン」

  [★]

neuron, nerve cell
神経細胞、神経元?、神経単位?

組織学

構造

分類




受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる



コース」

  [★]

course
過程課程経過


ニューロ」

  [★]

neuro
神経




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡