グリセロールリン酸シャトル

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/14 17:43:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

グリセロリン酸シャトル グリセロリン酸シャトル(glycerol phosphate shuttle)は、ミトコンドリア内膜の膜間スペース側(膜間部側)に存在し、以下に述べるような3ステップの反応(仕組み)で 、NADH 2 + を、ミトコンドリア内 ...
ミトコンドリア> かなりの代謝物はミトコンドリア膜(内膜)を通過できない。 細胞質⇔ミトコンドリア間輸送 1.NADH ・・・ グリセロールリン酸シャトル 細胞質NADH→ミトコンドリアFADH2として輸送 ...

関連画像

380px-Glycerin-3-phosphat-Shuttle.svg.pngその2:反芻動物での乳酸や ミトコンドリアの構造と


★リンクテーブル★
リンク元グリセロール-3-リン酸脱水素酵素
関連記事リン」「トル」「」「シャトル

グリセロール-3-リン酸脱水素酵素」

  [★]

glycerol-3-phosphate dehydrogenase
グリセロール-3-リン酸デヒドロゲナーゼ
グリセロール3リン酸脱水素酵素グリセロール3リン酸デヒドロゲナーゼグリセロリン酸脱水素酵素グリセロールリン酸デヒドロゲナーゼ
グリセロールリン酸シャトル


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





トル」

  [★]

Torr
圧力
  • 圧力の単位。
1 torr ≒ 1 mmHg
(1) 760 mmHg = 101325.0144354 Pa
(2)
  1 torr = 1 atm(1気圧(標準大気圧)) / 760
  1 atm = 101325 Pa = 760 torr
 ∴ (1)と(2)はわずかに異なる。

酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

シャトル」

  [★]

[[]]
shuttle
[[]]
shuttle




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡