グリセロリン脂質

出典: meddic

glycerophospholipid
リン脂質



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/03/24 07:21:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • スフィンゴミエリナーゼ活性を有する細菌毒素の作用機構に関する研究
  • 小田 真隆
  • 日本細菌学雑誌 66(2), 159-167, 2011-10-31
  • … Cp-SMaseは,細胞膜中でグリセロリン脂質の代謝亢進を惹起することによってラットの血管平滑筋の収縮やウサギ赤血球の溶血を引き起こすことが明らかにされてきたが,Bc-SMaseの作用機構に関しては不明であった。 …
  • NAID 10030278596
  • 脂質メディエーターとして機能するN-アシルエタノールアミンの分解酵素とその阻害薬
  • 坪井 一人,上田 夏生
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 138(1), 8-12, 2011-07-01
  • … -オレオイルエタノールアミンは,それぞれ抗炎症・鎮痛作用,食欲抑制作用を持つ.これらの化合物はグリセロリン脂質を出発材料として生合成された後,脂肪酸とエタノールアミンに加水分解されることで生物活性を失う.分解酵素については膜に存在する脂肪酸アミド加水分解酵素(fatty acid amide hydrolase: FAAH)が古くから知られているが,著者らが見出したリソソーム酵素である<I>N</I> …
  • NAID 10029417830
  • 哺乳動物細胞におけるグリセロリン脂質の生合成とその制御
  • 河野 望,井上 貴雄,新井 洋由
  • 生化學 83(6), 462-474, 2011-06-25
  • NAID 10029068614

関連リンク

一般的なリン脂質は、 グリセリンやスフィンゴシンを中心骨格として脂肪酸とリン酸が 結合し、さらにリン酸にアルコールがエステル結合した構造をもつ。アルコールには通常 何らかの形で窒素が含まれる。脂肪酸やアルコールには様々な種類があるため、 ...

関連画像

貯蔵、膜脂質.jpgグリセロリン脂質.jpgグリセロリン脂質を構成するグリセロリン脂質 図2.脂質分子の構造File:グリセロリン脂質の構造.png


★リンクテーブル★
先読みリン脂質
リンク元ホスファチジルコリン」「ホスファチジン酸」「プラスマロゲン」「ホスホグリセリド」「glycerophospholipid
関連記事リン」「セロリ」「

リン脂質」

  [★]

phospholipid PL
ホスファチド phosphatide



ホスファチジルコリン」

  [★]

phosphatidylcholine PC PtdCho
レシチン lecithin, 1,2-ジアシルグリセロホスホコリン sn-1,2-diacylglycerophosphocholine
コリングリセロリン脂質L/S比
  • 図:FB.154
  • グリセロリン脂質の一種で、リン酸を介してコリンが結合している

構造

胎児の肺サーファクタント



ホスファチジン酸」

  [★]

phosphatidic acid
ジアシル-L-3-グリセロホスファート diacyl-L-3-glycerol phosphate、1,2-ジアシルグリセロール3-リン酸 1,2-diacylglycerol 3-phosphate
グリセロリン脂質



プラスマロゲン」

  [★]

plasmalogen
プラスマローゲンアセタールホスホリピド acetal phospholipid、アルケニルエーテルホスホリピド alkenylether phospholipid
グリセロリン脂質



ホスホグリセリド」

  [★]

phosphoglyceride
グリセロリン脂質

glycerophospholipid」

  [★]

  • グリセロリン脂質
phosphoglyceride

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





セロリ」

  [★]

celeryApium graveolens

質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡