クロルプロマジン中毒

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • クロルプロマジン中毒に関する実験病理学的研究-3・4-

関連リンク

強力な精神安定剤 一般名:塩酸クロルプロマジン(フェノチアジン類) 塩酸クロルプロマジン 商品名:[ウインタミン][塩酸クロルプロマジン][コントミン][ベゲタミン] 作用機序 中枢神経と自律神経を抑制することで鎮静作用と制吐 ...
クロルプロマジン中毒に関する実験病理学的研究-1・2-梅木 義一 この論文をさがす NDL-OPAC CiNii Books 収録刊行物 内科宝函 内科宝函 6(2), ????, 1959-02 内科宝函刊行会 Tweet 各種コード NII論文ID(NAID) : 40018177325 NII書誌 ...

関連画像

拡大画像を見る


★リンクテーブル★
関連記事クロルプロマジン」「中毒」「」「プロ」「プロマジン

クロルプロマジン」

  [★]

chlorpromazine, CPZ
塩酸クロルプロマジン
コントミンウインタミン、Thorazine、ベゲタミン-A配合
精神神経用剤

特徴

  • 抗ヒスタミン薬の開発の過程で見いだされた
  • 統合失調症患者に強い鎮静、睡眠作用を必要とする場合に使う

構造

作用機序

錐体外路症状は少ない。末梢性抗コリン作用による副作用が生じやすい
→鎮静、催眠作用:強。興奮や不眠を示す患者によい。

薬理作用 (SPC.193)

  • 鎮静作用(ノルアドレナリンが関与)
  • 抗幻覚・抗妄想作用(ドーパミンが関与)
  • 感情の安定化
  • 賦活作用(セロトニンが関与)

動態

適応

注意

禁忌

副作用 (SPC.193)

  • 抗コリン作用(口渇、かすみ目、便秘、尿閉、発汗減少)
  • α-ブロック作用(頻脈、起立性低血圧、射精障害)
  • 内分泌作用
  • 体温調節以上
  • けいれん誘発
  • 錐体外路症状

末梢

  • 抗ヒスタミン作用
  • 抗セロトニン作用
  • 局所麻酔作用

相互作用

中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン


プロ」

  [★]

pro

プロマジン」

  [★]

promazine
ブロマジン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡