クロラムフェニコールアセチル基転移酵素

出典: meddic

chloramphenicol acetyltransferaseCAT
クロラムフェニコールアセチルトランスフェラーゼ

関連リンク

クロラムフェニコールアセチルトランスフェラーゼは、アセチルCoAのアセチル基をクロ ラムフェニコール(Cm)の水酸基へ転移させる酵素。アセチル化されたCmはリボソーム 50Sサブユニットに結合できなくなる。
クロラムフェニコール耐性はCAT遺伝子により与えられる。この遺伝子は「クロラム フェニコールアセチルトランスフェラーゼ」と呼ばれる酵素をコードする。この酵素は、 アセチル-S-補酵素A由来のアセチル基を1つまたは2つ、クロラムフェニコールの ヒドロキシ基に ...


★リンクテーブル★
先読みクロラムフェニコールアセチルトランスフェラーゼ」「chloramphenicol acetyltransferase
リンク元CAT
関連記事転移」「酵素」「転移酵素」「ラム」「アセチル

クロラムフェニコールアセチルトランスフェラーゼ」

  [★]

chloramphenicol acetyltransferase, CAT
CATアッセイ


chloramphenicol acetyltransferase」

  [★] クロラムフェニコールアセチルトランスフェラーゼ


CAT」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「clear air turbulence晴天乱流」


転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition



酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





転移酵素」

  [★]

transferase
トランスフェラーゼ
酵素


ラム」

  [★]

rhm
照射線量率定数 exposure rate constant


アセチル」

  [★]

acetylAc
アクチニウム




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡