クレアチン酵素法

出典: meddic

creatine enzymatic analysis
クレアチン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

測定法 † 従来はヤッフェ法がよく使われていたが、酵素法が主流になってきた。 絶対基準法 IDMS法 HPLC 法 日本の旧実用基準法 TCA陰蛋白質の上清を、強酸性陽イオン交換樹脂を用いてクレアチニンを分離し、 紫外部で検出する。
【酵素法とヤッフェ法(jaffe)によるクレアチニン測定】 検査ぶっく では酵素法とヤッフェ法(jaffe)によるクレアチニン測定について入門者向きに解説しております。

関連画像

クレアチンキナーゼ塩酸過熱処理によりクレアチン クレアチニンの分子内活性 操作上の注意測定原理**操作上の注意


★リンクテーブル★
関連記事酵素」「クレアチン」「

酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





クレアチン」

  [★]

creatine (K)
メチルグリコシアミン methylglycocyamine
クレアチニン尿クレアチン


意義

  • 肝臓で産生され、脳や筋肉内でATPのリザーバーとして機能する。組織中で再利用されており、不要となったものはクレアチニンに変換され末梢血に出現する。従ってクレアチンの尿中への排出はほとんどないが、筋疾患など存在する場合には、崩壊した筋からの(大量の?)クレアチンが尿中に排出される。よって、尿クレアチンは筋崩壊の指標となる、と思う。

検査

  • 性差あり。女性>男性

検体



法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡