クエン酸ナトリウム

出典: meddic

sodium citrate
sodii citras
チトラールチトラミン
代謝性アルカローシスsodium citrate hydrate

  • 輸血製剤の中に抗凝固剤として含まれており、この分解過程で重炭酸イオンを産生する。このため、大量の輸血により代謝性アルカローシスとなる。(QB.D-353)


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/17 04:57:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ラットに対する強度の異なる運動が血液流動性に及ぼす影響
  • 久保 哲也,石川 慎太郎,藤原 博士,三村 直巳,砂川 正隆,佐藤 孝雄,久光 正
  • 昭和医学会雑誌 71(2), 167-174, 2011
  • … た.また対照群は実験群と同時間,餌と水の摂取を制限した状態で静置した.運動直後,ペントバルビタール麻酔下で開腹し,下大静脈より採血した.血液サンプルは,ヘパリンナトリウム,EDTA-2K,クエン酸ナトリウムで凝固を阻止し,各検査に用いた.血液流動性の検査には,Micro Channel Array Flow Analyzer(MC-FAN)を,血小板のADPに対する反応性の検査には,血小板凝集能測定装置(PA-20)を用いた.また血漿中の血糖 …
  • NAID 130001391019
  • クエン酸ナトリウムの多機能を応用したスルメイカからの新規ねり製品製造技術の開発
  • YVO_4:Bi^<3+>,Eu^<3+>ナノ蛍光体の液相合成(II) : クエン酸ナトリウム添加条件の検討
  • 小形 浩子,竹下 覚,磯部 徹彦,澤山 友博,新倉 誠司
  • 希土類 = Rare earths (54), 56-57, 2009-05-21
  • NAID 10026104046

関連リンク

移動: 案内, 検索. クエン酸トリアニオン. クエン酸ナトリウム(クエンさんナトリウム、 sodium citrate)は、クエン酸のナトリウム塩である。クエン酸は三価のカルボン酸である ため、クエン酸ナトリウムにも一ナトリウム塩、二ナトリウム塩、三ナトリウム塩の3種が ある ...
クエン酸の塩はカルシウムイオンとキレート結合するので、かつては検査用血液 サンプルの抗血液凝固剤などとしても利用された。現在でも成分献血時にクエン酸 ナトリウムとともに抗血液凝固剤として使用される。クエン酸ナトリウム・クエン酸カリウム 合剤(商品 ...

関連画像

骨粗鬆症や丈夫な骨や歯を  の作り方(クエン酸+重曹製品写真1 製品写真2 製品写真3価格¥270 (本体価格¥250) クエン酸ナトリウム)試験管クエン酸第一鉄ナトリウム錠

添付文書

薬効分類名

  • 5%キシリトール配合総合アミノ酸製剤

販売名

プロテアミン12X注射液(200mL)

組成

成分・分量〉 1袋200mL中

  •  L-イソロイシン                  1,194mg
     L-ロイシン                     2,276mg
     L-リジン塩酸塩                  1,960mg
     L-メチオニン                    866mg
     L-フェニルアラニン                1,948mg
     L-トレオニン                    1,008mg
     L-トリプトファン                    374mg
     L-バリン                       1,380mg
    ………………………………………………………………
     L-シスチン                      46mg
     L-チロジン                      114mg
    ………………………………………………………………
     L-アルギニン塩酸塩               2,976mg
     L-塩酸ヒスチジン                 1,412mg
     L-アラニン                     1,642mg
     L-アスパラギン酸                  404mg
     L-グルタミン酸                   204mg
     グリシン                       3,136mg
     L-プロリン                      2,126mg
     L-セリン                       934mg
    ………………………………………………………………
     キシリトール                   10,000mg
    ………………………………………………………………

     (添加物)
     乾燥亜硫酸ナトリウム(安定剤)          80mg
     クエン酸ナトリウム水和物(安定剤)        100mg
     コハク酸二ナトリウム六水和物(pH調節剤)  1,922mg
     水酸化ナトリウム(pH調節剤)           236mg
     乳酸ナトリウム液(pH調節剤)          2,092mg
     (乳酸ナトリウムとして              1,046mg)

     総遊離アミノ酸                  22,724mg
     分岐鎖アミノ酸                    21.3%
     総窒素                       3,630mg
     必須アミノ酸/非必須アミノ酸            0.88

    〈電解質量〉
     Na                         約30mEq
     Cl                          約30mEq

禁忌

  • 肝性昏睡又は肝性昏睡のおそれのある患者

[肝性昏睡が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 重篤な腎障害又は高窒素血症のある患者

[高窒素血症が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • アミノ酸代謝異常のある患者

[アミノ酸インバランスが助長されるおそれがある.]

効能または効果

  • 下記状態時のアミノ酸補給

●手術前後,消化管障害,食事制限など蛋白質の摂取または吸収に障害のある場合
●手術,熱傷などで蛋白質の損失が著しい場合
●各種疾患で低蛋白血症があり,かつ経口摂取の不良な場合
●熱性・消耗性疾患など蛋白質の消耗並びに需要が著しく増大している場合

  • 通常1回量として,本剤200mLを静脈内に点滴注射する.注入速度は本剤200mL当り120分を基準とする.

経中心静脈輸液法に用いる場合は,本剤を糖液などと配合し,中心静脈内に24時間持続点滴注入する.
なお,年齢,症状により適宜増減する.

慎重投与

  • 高度のアシドーシスのある患者

[アシドーシスが悪化するおそれがある.]

  • うっ血性心不全のある患者

[心不全が悪化するおそれがある.]

  • 肝障害,腎障害のある患者

[肝障害,腎障害が悪化するおそれがある.]

薬効薬理

  • プロテアミンは日本人の人乳アミノ酸組成を指標として,特に重要な必須アミノ酸パターンは極めて忠実に,非必須アミノ酸はE/Nを考慮しながら重要度に合わせて増減したアミノ酸輸液であり,血中アミノ酸バランスの維持,並びに利用率もよく,窒素出納の負の傾向を軽減させる.2), 3), 4)


★リンクテーブル★
国試過去問101B086」「104B037
リンク元血液凝固阻止剤」「ウラリット」「ウリンメット」「ウロアシス」「トロノーム
拡張検索クエン酸ナトリウム水和物
関連記事ナトリウム」「トリウム」「クエン酸」「」「トリ

101B086」

  [★]

  • 血液検査項目と抗凝固薬の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B085]←[国試_101]→[101B087

104B037」

  [★]

  • 輸血用赤血球製剤に使われている抗凝固薬はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104B036]←[国試_104]→[104B038

血液凝固阻止剤」

  [★]

商品


ウラリット」

  [★]

Uralyt

クエン酸カリウムクエン酸ナトリウム



ウリンメット」

  [★] クエン酸カリウムクエン酸ナトリウム


ウロアシス」

  [★] クエン酸カリウムクエン酸ナトリウム


トロノーム」

  [★] クエン酸カリウムクエン酸ナトリウム


クエン酸ナトリウム水和物」

  [★]

sodium citrate hydrate
クエン酸ナトリウム

ナトリウム」

  [★]

sodium, natrium, Na
Na+



血液(血清)中のナトリウム (臨床検査法提要第32版)

  • 136-145 mEq/l

尿中のナトリウム

  • <20 mEq/l (正常と判断できる範囲)
  • >40 mEq/l (腎性腎不全を示唆)

Na排泄率

  • ≦1% (臨床検査法提要第32版)

尿Na,Kと血清Naによる血清Naの予測

経口摂取と輸液による自由水の摂取がなければ
尿([Na+]+[K+]) < 血清[Na+] → 血清[Na+]上昇
尿([Na+]+[K+]) = 血清[Na+] → 血清[Na+]普遍
尿([Na+]+[K+]) > 血清[Na+] → 血清[Na+]低下

食品中の食塩量

  • ほとんどの製品ラベルに記載されている、ナトリウム[g]はそのまま食塩量[g]と考えることができないので、指導する債には注意を促す。
  • 分子量から考えるとNa(23), Cl(35.5)なので、ナトリウムx[g]は食塩 x /23 * (23 + 35.5)、つまり2.54 * x [g]となる。
例えば、小生が常食している某社のインスタントラーメンにはナトリウム2[g]との記載があるが、これは5.08gの食塩が含まれているということになる。もちろんスープは全部飲む。1日3袋食べたことがあるのだが、、、

臨床関連


トリウム」

  [★]

thoriumTh
トロトラスト、232Th

概念

参考1
  • 原子番号:90
  • 元素記号:Th
  • アクチノイド元素の一つ
  • 銀白色の金属。
  • 安定同位体は存在しない。
  • 北欧神話の軍神または雷神トールにちなんで名づけられた。

同位体

参考1
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
228Th trace 1.9116 y α 5.52 224Ra
229Th syn 7340 y α 5.168 225Ra
230Th trace 75380 y α 4.77 226Ra
231Th trace 25.5 h β 0.39 231Pa
232Th 100 % 1.405 × 1010 y α 4.083 228Ra
234Th trace 24.1 d β 0.27 234Pa

参考

  • 1. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

クエン酸」

  [★]

citric acid, citrate
[[]]
COOH-CH2-C(COOH)(OH)-CH2-COOH
  • 三価のカルボン酸

尿中のクエン酸

  • 尿中のクエン酸は結石の形成をよぼうする作用がある
  • 遠位型尿細管性アシドーシスでは近位尿細管でのクエン酸再吸収が亢進するため、低クエン酸血症となり結石の形成を促進する。



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡